劣化怖い!2位藤原紀香「色んな美容法をやってそうな芸能人」1位は

131090198-20170427104322-e1493257435443-8ea83f80b52ac3e3037fc670edd4561971817fc2

「同じ人間とは思えないくらいキレイ……」、「オーラーが眩しすぎて、発光していた!」など、生で芸能人と遭遇したことのある方は、こんな感想を持つ方も多いですよね。年齢と逆行しながらキラキラと輝き続けるには、それ相応の努力が必要なはず……!

しかし中には、年齢に抗うことに必死すぎて、なんだか引いてしまう方も……。

そこで今回は、『美レンジャー』が女性500名に「劣化したくなくて、必死で色々な美容法をやっていそうな女性芸能人は?」というアンケートを実施。

気になる調査結果を参考に、頑張ってます感バリバリな芸能人(?)を探っていきましょう。

劣化怖い…必死で色んな美容法をやっていそうな女性芸能人TOP10

10位・・・押切もえ(3.0%)

9位・・・益若つばさ(4.6%)

8位・・・シルク(4.8%)

7位・・・デヴィ夫人(6.0%)

同率5位・・・神田うの(7.6%)

同率5位・・・浜崎あゆみ(7.6%)

4位・・・平子理沙(8.2%)

3位・・・松田聖子(10.4%)

2位・・・藤原紀香(12.4%)

1位・・・叶姉妹(14.0%)

1位に輝いたのは、ファビュラスな姉妹こと、叶姉妹。

「金箔に蛇の毒……あらゆる美容アイテムに手を出していそう」、「グッドルッキングガイこそが、最高の若返りエキスなのでは?」などと、ネットユーザーの妄想が炸裂しました。

ここ最近オフィシャルブログ『ABUNAI SISTERS』では、頻繁にコスプレ写真をアップしている叶姉妹。3月には、美香さんが人気漫画『ONE PIECE』(集英社)のセクシーキャラ・カリファのコスプレを披露し、ほぼ全裸のマーベラスなショットにネット上は騒然!

相当な努力をしているはずなのに、そんな姿を微塵も感じさせないあたり、プロフェッショナルな魂を感じずにはいられません。

ド根性ストイック!水素水から神頼みまでお任せあ~れ…「藤原紀香」

続いて2位にランクインしたのは、ノリノリ紀香こと藤原紀香。

「寝起きに水素水で洗顔、お米は水素水で炊き、夏場は水素水かき氷……ありえる」、「めちゃめちゃストイックそうなイメージ。表舞台に立つ前は、ボクシングの井岡(一翔)並みの減量!」、「最新医療はもちろん、風水に神頼みまで、あらゆる手を尽くしてそう」と、こちらも美へのストイックなイメージが世間にはあるよう。

自身のオフィシャルブログ『気愛と喜愛で♪ノリノリノリカ ★NORIKA’s sensation★』では、「女度上げる新種のハーブティー☆」として、アンチエイジング効果に優れた”コンナルス配合ハーブティー”を紹介しています。紀香ボディをキープし続ける藤原紀香。水素水の次の美容法に、ますます注目が集まりそうですね。

美容本の出版求む!不老不死薬でも飲んでるの?…「松田聖子」

3位には、今年55歳を迎えた元祖アイドル・松田聖子がランクイン。

「聖子ちゃん、いつ見ても変わらない!本気で不老不死薬を飲んでいるのかと思ってしまう……」、「肌のハリ感が若いときのまま。同じ年齢を重ねているのになぜ?」、「CDアルバムよりも、美容本を出してほしい!」などと、驚きの声が続出しました。

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社が展開するブランド『FLORALE by Triumph(フローラレ バイ トリンプ)』のイメージキャラクターを務める松田聖子。50代とは思えぬ、美しいバストを公開しています。

出来ることなら永遠の17歳…!筆者オススメ「美容サプリ」

「出来ることなら、永遠の17歳でいたい!」さすがにそれは無理だとしても……せめて実年齢よりは若々しくいたいもの。

アンチエイジングコスメも重要ですが、体へ直接摂り入れるサプリメントにも目を向けてみましょう。筆者のオススメする美容サプリは、“ピクノジェノール”。

フランス南西部に生育する松の樹皮から抽出された天然のハーブエキスであり、40種類以上のフラボノイドを含んだ“最強の抗酸化物質”とも呼ばれています。

ピクノジェノールに含まれる、老化現象や体の錆びつきを抑えてくれる“抗酸化作用”は、ビタミンEの170倍、ビタミンCの340倍とも! 試す価値大ですよ。

叶姉妹に藤原紀香、松田聖子と、アラフィフでも衰えることを知らない美貌……。今日からアンチエイジングに励んでいきたいですね。

【画像】

※ getty images

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る