新しい靴も怖くない!100均で買える「靴ずれ」防止アイテム3つ

Fotolia_133041537_Subscription_Monthly_M-20170427151656-e1493274265544-e7fab65f6178157654ef414c74764e9616c3b2f2

春は足元も軽やかなサンダルやパンプスで、コーディネートを盛り上げたいですよね。

でも、ショップで念入りに試して決めた一足でも、初めて履いた日に“靴擦れ”してしまい、痛い思いをしたことはありませんか?

そこで今回は、美容ライターである筆者が、“靴擦れを予防するためのアイテム”についてご紹介します。どれも100円ショップで買えるものばかりなので、新品の靴を履いてお出かけする前に仕込んで、悲惨な靴擦れを防ぎましょう!

足裏の指の付け根の痛みには…「つま先ズレ」予防を

ヒールが高くて、オープントゥのサンダルなどは、歩いているうちに前に滑って足の裏の指の付け根あたりが痛くなってしまいがち。

そんなときに役立つのが、100円ショップなどでも売っている“ジェル状のつま先ズレ対策シート”です。貼るだけで前滑りの対策になりますよ。

また、厚みのあるタイプの方がクッション性に優れているので、ヒールで長時間歩くときでも、つま先が痛くなりにくいですよ。

「かかと」の痛みには…2タイプのジェルクッション

かかと部分の靴擦れは、履きなれなくて硬い革がかかとに強く当たって擦れる場合や、サイズが大きい靴を履いていることで歩くたびにパカパカと脱げて摩擦が起きること、かかとと靴の高さが合わずに靴で圧迫されることなどが原因です。

そこで、かかとの高さが合っていない靴の場合には、かかと部分にジェル状のシートを貼りましょう。かかとが上がって、革が当たる位置をズラすことができますよ。

また長時間歩くと、つま先同様、足の裏にも負荷がかかるので、それを和らげる効果もあります。かかとから勢いよく着地しがちな方も、足の裏が痛くなるのを防止するためにジェルクッションをつけておくといいですよ。

上の写真では、靴のかかと幅が狭かったので、通常の貼り方と反対方向にセットしました。透明のシートだと目立ちにくいので自由にセットしやすいのも嬉しいポイントです。

高さ調節しても擦れるかかとには当たる部分にパッドを

上記の方法でかかとの高さを上げても、まだ靴擦れを起こしてしまう場合には、写真のようなパッドをかかと部分に貼りましょう。

まだ履き慣れていない新品の靴は硬くて当たるとダメージを受けやすいもの。かかとの当たる部分に直接保護シールを貼ることで、刺激を和らげてくれます。

少し分厚めのパッドを選べば、靴のサイズが大きすぎてパカパカする場合の余計な隙間も埋めてくれますよ。

靴擦れ防止グッズは100円ショップのほか、ドラッグストア、バラエティショップ、靴修理屋さんなどでも購入できます。靴擦れを防いで、春のオシャレを思いっきり楽しんでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る