もぅウンザリ…を解決!「ストッキングの伝線」簡単予防テク3つ

Fotolia_57667477_Subscription_Monthly_M-20170512101242-e1494551588586-8cd8283b10a060b358ef92c3eb5d1c6e63b22ab4

せっかく新しいストッキングを買ったのに、穿いた瞬間にビリッと伝線させてしまったり、新品なのに一日でつま先に穴が空いてしまったりするとガッカリしますよね。

そこで今回は、現役モデルとして様々な衣装の早着替えで筆者が培った“ストッキングの伝線対策”についてご紹介します。

ボディークリームを脚に塗る

伝線対策にオススメなのが、脚全体にボディークリームなど油分のあるものを塗ることです。

美脚効果があるような締め付けの強いストッキングだと、穿くのも一苦労。上手に伸ばしながら穿かないと、足首あたりにストッキングがたまってしまい、太ももまで上げる長さが足りなくなった経験はありませんか?

そのままグイグイ引っ張ってしまうと、繊維へ負荷がかかり伝線を引き起こすことに。

脚とストッキングの摩擦を減らして穿きやすくするために、ボディークリームですべりをよくしておきましょう。

手にハンドクリームを塗る

ストッキングを穿くときに伝線してしまうパターンで、「手のささくれが引っかかってしまった」という苦い経験がある方も多いのでは?

こんなケースには、ハンドクリームが役立ちます。脚にボディークリームを塗ったのと同様、摩擦を減らし、引っかかりやすいささくれを滑らかにしてくれるのです。

足の爪を切っておく

伸びた足の爪が、ストッキングのつま先部分をビリッと破いてしまったなんて経験がある方も多いでしょう。

基本中の基本ですが、ストッキングを穿くなら、足の爪は短く切っておきましょう。爪を切り終えた後は、指で爪を触ってみて、尖っていたり引っかかるような部分がないか確かめて。もし尖った部分があれば、やすりで滑らかに整えてあげましょう。

忙しい朝、着替え中にストッキングが破けたら余計に手間がかかりますよね。「クリームを塗るなんて時間ないわ!」なんて思わず、ほんの一手間を加えた方が、実はスムーズにストッキングが穿けて時短になるかもしれませんよ。また、ストッキングも長く使えて一石二鳥ですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る