ヒゲ生えてない?おうちでできる「顔のうぶ毛」の処理方法

Bshutterstock_154820963-754d67a06d66aa512bfb68734626b881214d5e8c

そろそろムダ毛の処理が気になる季節。手足のムダ毛は厳しくチェックできているのに、お顔のうぶ毛はうっかり忘れていませんか?

毎日忙しく過ごしていて、気付けば口周りにうっすらヒゲ……なんて、キスしようと近づいた彼の恋心も冷めかねませんよね。顔のうぶ毛を処理すれば、肌のトーンだってあがるし、古い角質の除去にも一役買ってくれます。

そこで今回は、エステ講師の筆者が「顔のうぶ毛の処理方法」をご紹介。ビフォアアフターのケアをしっかりして、トラブルなく美肌に近づきましょう。

■うぶ毛処理の手順

顔のうぶ毛を処理する場合は、こんな手順で行いましょう。

1.丁寧に洗顔をする

2.蒸しタオルで毛穴を開かせる

3.乳液やクリームを塗る

肌を傷つけないように、直剃りは絶対NGです。

4.毛流れに沿って剃る

毛流れに逆らうとキレイに剃れるような気がしますが、健康な皮膚まで削ってしまうこともあり、トラブルの元です。毛流れに剃って、肌を守りながら美しくなりましょう。

5.洗顔をしてスキンケアを丁寧に

剃った後の細かい毛などを洗顔で落として肌を清潔にし、スキンケアは丁寧に行いましょう。目には見えなくても、表面を少し削ってしまっています。保湿をしっかりして肌のキメを整えましょう。

■顔のうぶ毛処理の注意点

良かれと思ったうぶ毛処理がトラブルにならないように、避けたほうが良い注意点があります。

アウトドアの前日

うぶ毛処理をすると日焼けしやすくなり、紫外線の影響で赤みが出たりすることも。アウトドアの前日は避け、2~3日前に済ませておきましょう。

・肌荒れしているときはNG

肌の土台が揺らいでいる時は、少しの刺激もトラブルの元に、肌荒れしている時は様子を見て、お肌が落ち着いてから行いましょう。

・切れないカミソリはNG

肌が傷つかないから一見良さそうに思いますが、切れないカミソリは何度も刃を肌にあてることになり、肌に負担をかけてしまいます。刃は切れなくなったら替え刃をし、切れるカミソリで行いましょう。

・メイクの上からはNG

メイクをしてちょっと気になったからといって、うぶ毛を剃るのはNG。炎症を起こす恐れがあります。うぶ毛処理は清潔な状態で行うように心掛けましょう。

「女性にはヒゲなんてない」って男性は思っていそうですよね。幻滅させないように、うぶ毛処理もしっかりしておきましょう。

(紅華堂主宰・エステ講師・坂本雅代)

【あわせて読みたい】
美容液がぐんぐん入る!プロが愛用する「肌汚れを落とす」アイテム4つ
第3のシャンプーがブームの予感!泡立てない「クリームシャンプー」
うっとりするデコルテに。華奢見えするほぐしポイント
改めて知りたい!「かっさ」の魅力と美顔マッサージ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
心置きなくたっぷり使える!春の保湿に◎なプチプラケア4選
すっきり小顔で印象アップ!たるみフェイスライン改善エクサ
足のむくみとセルライト対策に◎誰でも簡単!麺棒マッサージ
正しい「呼吸」できている?簡単チェックと舌を鍛える顔ヨガ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る