アンジェリカに深田恭子…「ブレイクのキッカケ」に学ぶ愛されテク

622398526-20170519154057-e1495176090502-73f71e91298f5c6aed61917897b5ed406cdd3eb7

異性からモテるのも嬉しいけれど、同性からも好かれる女性になりたい……そんな風に思っている人は少なくないでしょう。ですが、最初から女性に好かれる女性だった人ばかりではありません。

そこで今回は、女性から好感度が高い芸能人の“同性に好かれるようになった転機”を紹介。愛され女子になるための秘訣を学んでみましょう。

道端アンジェリカ:勇気ある告白

道端アンジェリカは自身のInstagramで、加工なしのすっぴん写真とともに、「乾癬(かんせん)」という皮膚の病気であることを明かしました。“美しさ”が仕事であるモデルの彼女が、見た目に影響する病を患っていることを告白するのは、勇気が必要だったことでしょう。

そんな彼女の“覚悟”に心打たれた女性ネットユーザーからは、「公開するのにすごく悩んだはず。尊敬する!」、「がんばってほしい」などの応援コメントが寄せられました。

また、同じ病気で悩む人たちからは「悩んでいるのは私だけじゃないんだと助けられました」、「乾癬について広く知ってもらえるといいなあ」という声も。

彼女のInstagram投稿への「いいね!」は普段は数千件ですが、この投稿は3万件を突破。「親近感を覚えた」という意見も見られ、告白を機にファンになった女性も多いようです。

渡辺直美:メイク&ファッションに「自分らしさ」全開

Instagramのフォロワーランキングで2016年の国内1位に輝いた、お笑い芸人の渡辺直美。ファッションブランド『PUNYUS(プニュズ)』もプロデュースしています。

彼女の同性ウケがよくなったのは2015年、ニューヨークへの短期留学を経て、個性を全面に出したファッションやメイクにシフトしてから。

日本人にはカラフルでやりすぎと思われるような、ビビッドな色のアイメイクや真っ赤なリップをつけ、マシュマロのようなボディを活かしたキュートなファッションを着用。他の人には真似できない“渡辺直美ワールド”をつくりあげました。

ネットでは「ともすればコンプレックスになりそうな体型なのに、それを気にせず思いっきりオシャレを楽しんでいるところが素敵」、「誰のマネでもない自分だけの世界を確立してる!」、「メイクがむちゃくちゃうまくてマネしたくなる」といった声が。

Instagramの彼女の投稿には、必ずと言っていいほど「かわいい!」のコメントがついています。

深田恭子:ダイエット

女優・深田恭子は昨年、女性ファンをターゲットにした写真集『This is Me』(集英社)が大ヒット。30歳を超えて同性から注目されるようになったのは、ダイエットでボディを絞ったことも理由のひとつでしょう。

Instagramでも、度々やわらかい雰囲気でありつつ引き締まった脚やボディを披露。ネットでは「女の子の憧れのボディ」、「上手な30代の迎え方している」といった賞賛の声が女性からもたくさん見受けられます。

年齢を重ねているのに、キュートさに磨きがかかり、“大人可愛い”女優としてのポジションを確立しました。

3人の共通点は、自分らしくキレイに見えるよう“努力”していること。同性から好かれるかどうかは、内面にも憧れられるかがカギと言えそうです。

【画像】

※ getty images

【おすすめ記事(PR)】

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

「ゲっ…シミ!」の前に超速ケア!美肌女子がこっそりしてる簡単ケアが判明

うっかり焼けも余裕!今年の夏は「飲む日焼けで止め」をプラスして白肌キープ!

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

2CUPは当たり前!元AKBも大絶賛の豊満バストを叶えるナイトブラ【満足度98.6%】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る