パッと垢抜け!1パーツに「キラキラ」投入で…たちまち旬顔完成

Fotolia_86986931_Subscription_Monthly_M-20170412004015-e1491925226856_0-20170427190028-21c1cf446c0e9ff0f2800d6c42aaf4275d13a7fa

ヘアメイクサロン『Je suis heureuse Tokyo』に所属するメイクアップアーティストのAyane Kuritaさん。彼女が今イチオシなのが、キラキラした質感のメイクだそう。

普段のメイクにワンポイントどこか輝きを加えるだけで、女性らしさをアップしてくれるそう。そんな“キラキラメイク”の取り入れ方をパーツごとに伺いました。

アイシャドウはクリームタイプがオススメ

相手と会話をするときに、まず飛び込んでくるのが目元。Ayaneさんによると、アイシャドウにキラキラを取り入れると、相手をドキッとさせられる魅力的な瞳を演出できるそう。

「今季は潤いのあるツヤっぽい質感のアイシャドウがオススメ。ジェルタイプやクリームタイプを選ぶと、粉っぽさがなく濡れたような目元になれますよ。

グリッターの粒の大きさで、光り具合も変わります。TPOに合わせて粒感をチョイスするといいでしょう」(Ayane Kuritaさん、以下「」内同)

写真のメイクで使ったのは、エチュードハウス『ディア マイエナメル アイトーク BE102』(800円<税抜き>)。エナメルの濡れたようなツヤと、絶妙にキラめくグリッターが潤んだような眼差しをつくってくれるそうです。

まばたきでキラめくアイライナー

Ayaneさんは今、キラキラのアイライナーにも注目しているそう。

「今回のメイクで使用したのはエチュードハウス『ティアーアイライナー GR701』(787円<税抜き>)。クリスタルやオパールのような輝きのパールが肌に密着して、うるんとした仕上がりになります。

「上まぶたに引くと、まばたきしたときキラッと反射してきれいです。また、目の下に引けば、ぷっくりとした涙袋がつくれます。

同シリーズは、ホワイトやピンクもあります。お洋服に合わせて楽しんでみてください。

個人的にオススメしたいのはホワイト。キラキラが目立ちやすく、発色がいいですよ」

リップはアイシャドウをポンと乗せて!

リップをキラキラさせると、ボリューミーになりグラマラスな印象になります。「それだとちょっと普段メイクには派手かも……」と感じる方は、“マットな質感の上にキラキラをのせる方法”がオススメだそう。

「マットタイプの口紅を塗ったあとに、最初に目元に使ったアイシャドウのような、パール感のあるアイシャドウを指でポンポンとのせましょう。ナチュラルなのに華やかさが出ます。普段のメイクに今っぽさを出したいときに試してみてください」

メイク初心者にはリップが一番挑戦しやすいパーツとのこと。次いでアイシャドウ、そしてアイラインの順にハードルが上がっていくそうです。

普段のメイクに1パーツだけキラキラメイクを取り入れると、トレンド感のある雰囲気に仕上ります。ぜひ試してみてくださいね。(※ 価格は全て編集部調べです)

【取材協力】

Ayane Kurita・・・ヘアメイクサロン『Je suis heureuse Tokyo』(Twitter)に所属するメイクアップアーティスト。大手化粧品メーカーでの経験を生かした、技術と提案力は大人な女性のビューティーパートナーとしても定評がある。現在サロンワークと並行して様々なヘアメイクの現場でも活動して いる。

【おすすめ記事(PR)】

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

うっかり焼けも余裕!今年の夏は「飲む日焼けで止め」をプラスして白肌キープ!

「ゲっ…シミ!」の前に超速ケア!美肌女子がこっそりしてる簡単ケアが判明

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る