顔デカ強調してない!? 「エラ張りさん」は絶対避けたいNGメイク3つ

FullSizeRender-2-20170607151439-e1496817198343-4f90f673d32bb712fed8e07fc2255ff25494e02e

顔のエラが張っていることに、コンプレックスを抱いている方もいるのではないでしょうか? 実は“エラ”は、メイクの仕方によってはさらに強調されてしまう場合もあるのです。

今回は美容ライターの筆者が、エラ張りさんは避けたいNGメイクを3つご紹介します。

1:ファンデーションを輪郭までしっかり塗っている

エラが張っていると顔の余白が多いように見えてしまい、顔が大きい印象になりがち。なのにファンデーションを輪郭までしっかり塗ると、さらに顔全体が膨張して見えてしまいます。ファンデーションは、真正面から見える部分だけに塗ればOK。

「顔の輪郭まで塗らないと不安」という方は、顔の中心に塗ったあとパフに残ってる少量のファンデーションでのみ、ポンポンッとやさしいタッチで付けていきましょう。

さらに立体感を演出し、小顔効果を出すには、“シェーディング”で影をつくります。理想の輪郭といわれている“卵型”を自分の顔に当てはめたとき、はみ出てしまうこめかみやエラ部分にファンデーションより暗めの色でシェーディングを入れて。

さらに目頭の下・顎先にハイライトを入れることで、ツヤ感が生まれ、より立体感のある顔立ちになります。Tゾーンに入れるのも◎ですが、Tゾーンのテカリが気になる方は入れないほうがよいでしょう。

テカリ・ベタつきが気になるこれからの季節、シェーディングやハイライトは、サラッとした使用感のパウダータイプがオススメです。

2:角度のある眉毛を描いている

エラ張りさんは、骨格がしっかりして見えるぶん、“男らしい顔”という印象を与えがち。“顔の印象は眉毛で8割決まる”と言われることもあるように、重要な眉毛。キリッとしたまっすぐな眉毛や、眉山がカクッとしっかりある眉は男らしいイメージになってしまうので、エラ張りさんは避けたい形。

オススメなのは、“アーチ型”の眉毛。眉山に丸みを出すことによって、顔全体が女性らしい優しい印象になりますよ。

3:チークを横長に入れている

エラが張っていると、顔全体が横長に見えてしまいがち。なのに、チークを横に入れてしまうと、さらに横長が強調されてしまいます。

チークは黒目のフチの外側から、楕円形に斜めに入れて縦幅を強調させましょう。

メイクはコンプレックスを解消してくれる手段になるもの。エラが張っていることに悩んでいる方は、ぜひ今回ご紹介した点に気をつけてみてくださいね。

【おすすめ記事(PR)】

そろそろ赤ちゃん…妊活時に摂りたい自然派サプリと基本テク3つ

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

Related post

Pickup post

  1. Fotolia_108854650_Subscription_Monthly_M-20161228055244-620x413-7f2c3a4261ba2d1df4364c807ac347fd0c549e1e
    冷たい物や熱…
  2. shutterstock_168181001-92d0b3b4e13318461671650cdf37533675eadee0
    2017年春夏は、ӗ…
  3. BA46115869_l-500x333-0fe4bf6d20990305191f106e581c6ad4faa3656a
    早いもので、…
Return Top