神様って不公平!3位は長谷川潤「女性が憧れるハーフ顔」TOP10

487722468-20170615153716-e1497508659359-b1aadce12046978724302f0d24d73ceb62ad1706

テレビや雑誌で活躍するハーフやクォーターの女性芸能人。日本人にはない凹凸のある顔は、同性から見てもため息ものです。「朝起きてあんな顔になれてたら~」と妄想が止まりませんよね……。

そこで今回『美レンジャー』では、20~40代の女性369名を対象に「憧れの顔のハーフ・クォーター女性芸能人を一人選んでください」というアンケートを実施。気になるランキング結果と合わせて、上位2名の“アイメイクポイント”をご紹介します。

女性が憧れるハーフ・クォーター芸能人TOP10

まずは3位まで紹介します。

同率10位・・・マギー・森星(14名)

同率8位・・・梨花・春香クリスティーン(15名)

7位・・・ダレノガレ明美(21名)

同率5位・・・中条あやみ・トリンドル玲奈(25名)

4位・・・木村カエラ(27名)

3位・・・長谷川潤(29名)

『美レンジャー』の過去記事「2位ダレノガレ!男が選ぶ“彼女にしたら疲れそうな女性芸能人”TOP10」で2位にランクインするなど、男性からはあまりウケがよくない印象のダレノガレ明美ですが、女性はあのハッキリした顔に憧れるようで7位にランクイン。「炎上キャラが目立っているけど、やっぱり顔は可愛い」、「リアルバービー人形フェイス!」などのコメントがありました。

また、マギーや長谷川潤などの“THEハーフ顔”に並び人気が高かったのは、4位の木村カエラ。日本人に近い顔立ちながらも、どこを切りとっても整ったパーツ! やはり憧れますよね。

それでは続いて、上位2名のランキング結果と、それぞれの顔に少しでも近づくアイメイクのポイントを見ていきましょう。

2位・・・ローラ(47名)

2位は、抜群のスタイルにこれ以上ないデカ目の持ち主、ローラがランクイン。さすがにナチュラルメイクであのデカ目を手に入れるのは難しいですが……。ケバくなり過ぎないローラ風アイメイクポイントはこちら!

(1)パール入りの淡いブラウンを上下のまぶた全体にのせる(下まぶたは涙袋の範囲が目安)

(2)締め色となる濃いブラウンをアイラインを引くように目のキワ全体に細く入れる

(3)ブラックのペンシルアイライナーやジェルアイライナーを使い、目頭の始まりギリギリから“切開ライン”を2mmほど引く(下画像参照)

(4)アイラインは切開ラインの続きから、まつ毛のすき間を埋めるように目尻まで引く(まぶたを引っ張り、ペンシルを往復するように細かく動かすと引きやすいですよ)

(5)黒目の外側からはリキッドアイライナーを使って、目尻に向かって段々と太くするように引く(上の画像のように2mmほどはみ出してキャットアイのようにハネ上げると、キリッとしたデカ目に仕上がります)

(6)仕上げに、アイブロウパウダーを下画像のような細いブラシにとり、二重線の続きから数mm描き足し“偽二重”をつくる(二重の線を長くすることで、目の横幅が広がり、デカ目に見せることができます)

ビューラーでまつ毛をしっかり上げ、上下にたっぷりとマスカラをつければ完成です!

1位・・・沢尻エリカ(53名)

見事1位に選ばれたのは、いわずと知れた完璧フェイスの持ち主、沢尻エリカでした。先日放送終了した『母になる』(日本テレビ系)では母親役を演じ、ナチュラルなメイクがとても可愛いかったですよね。そんな沢尻エリカメイクの、一番のポイントは眉毛です。長さは短め、眉頭が太く、眉尻はシュッと細い“オタマジャクシ眉”を描いていきましょう。

(1)目と眉の距離を離すように、眉下を整える(シェーバーを使いたくない方は、コンシーラーで眉下を消し、目との距離を離しましょう)

(2)眉間が狭い方は、少し離すように整える。形を変えたくない方は、目頭のアイブロウを極力薄くする

(3)沢尻エリカの眉は短め。目とほぼ同じ長さに揃える。上のアウトラインはまっすぐ描き、下のラインは黒目の真ん中~眉尻にかけてグッと細くする

(4)ナチュラルに仕上げるために品のいいパール入りの淡いブラウンシャドウでグラデーションをつくったら、アイラインを極細に引いていく

(5)目尻はハネ上げず、目の延長線上に沿って伸ばす。下まぶたの目尻から1/3まで、濃いブラウンシャドウをぼかし入れる

(6)角度をつけすぎないように丁寧にまつ毛を上げ、上まつ毛はブラック。下まつ毛はナチュラルさが出るブラウンのマスカラをつければ完成

ベースメイクは、ピンクの下地にリキッドファンデがおすすめ。沢尻エリカのような陶器肌に近づきますよ。

“憧れの顔”のハーフ・クォーター芸能人ランキングと、メイクで近づくためのアイメイク方法をご紹介しました。眉の距離やコスメの使い方で新しい自分の顔が発見できるかも? ぜひマネしてみてくださいね。

【画像】

※ getty images

【おすすめ記事(PR)】

妊活女性必見! 管理栄養士が教える「葉酸サプリの選び方」

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

キレイの基本は食事から!体の内側から美しくなる「菜食健美」とは?

Related post

Pickup post

  1. Fotolia_108854650_Subscription_Monthly_M-20161228055244-620x413-7f2c3a4261ba2d1df4364c807ac347fd0c549e1e
    冷たい物や熱…
  2. shutterstock_168181001-92d0b3b4e13318461671650cdf37533675eadee0
    2017年春夏は、ӗ…
  3. BA46115869_l-500x333-0fe4bf6d20990305191f106e581c6ad4faa3656a
    早いもので、…
Return Top