え…気候が影響!? 1位は愛媛「ストレスオフ県ランキング」最下位は

Fotolia_159349218_Subscription_Monthly_M-20170619111550-e1497838589461-5a01f09e8e8686afbdc084d98bdec5d6ea1ea45b

あなたは日頃ストレスを感じていますか? その要因はわかっていますか?

ストレスの要因は、仕事、人間関係、健康面の悩みなど色々とありますが、実は、“住んでいる地域”も少なからずストレスに影響を及ぼしているかもしれないのです。

このたび株式会社メディプラス研究所は、全国の20~69歳の女性約70,000人を対象に実施した「ココロの体力測定(ストレス指数チェック)」をもとに、2017年版“ストレスオフ県”ランキングを発表しました。

その内容をご紹介するとともに、ストレスを感じる要因や対策について考えてみましょう。

「ストレスオフ県」ランキング・・・トップ5

日常に“ここちよさ”を感じていて、ストレスに対してココロのバランスが取れている状態が“ストレスオフ”。そんな栄えある“ストレスオフ”県ランキングのトップ5に輝いた県をご紹介します。

<ストレスオフ指数算出方法>

厚生労働省実施の「ストレスチェック制度」身体状態(B項目)をもとに調査。集計したデータから、全国平均を100として、高ストレス(77点以上の合計)と低ストレス(39点以下)それぞれ各県の%表示(ストレスチェック指数)を作成。各県の低ストレス%から高ストレス%を引き、数値が高いほど、ストレスオフ県としています。

5位・・・鳥取県

4位・・・大分県

3位・・・徳島県

2位・・・島根県

1位・・・愛媛県

トップ5は中国、四国地方の県が多く並ぶという結果に。1位の愛媛県は、昨年の4位からのランクアップ! 愛媛県の女性に“愛媛県のストレスオフなところ”について聞いたところ、「温暖な気候」、「穏やかな人が多い」、「子育てしやすい」、「街と自然が近い」などの意見が寄せられました。

「ストレスオフ県」ランキング・・・ワースト5

一方、ストレスオフ県ランキングのワースト5はどこなのでしょう。

5位・・・長野県

4位・・・沖縄県

3位・・・高知県

2位・・・福島県

1位・・・宮城県

ワースト5に選ばれた5県は、昨年の順位でもすべて30位以下と、ストレスが多い県の常連のようです。それぞれ名産や観光地などに恵まれているものの、残念な結果に。

ストレスになる要因は?

では、何がストレスの要因になっているのでしょうか? その原因の一つが、気候。気温が高いほど、心や体を緊張状態にさせる交感神経の機能が抑制されることが明らかになっています。ストレスオフ県ランキングの上位に、比較的温暖な地域の県が並んでいることからも、このことがわかります。

おすすめのストレス対策法

では、ストレスを回避するにはどうしたらよいのでしょうか。

『美レンジャー』の過去記事「40カ国の人々から私が学んだ“ストレスを溜め込まない”4つのヒント」では、日本人は特に、無意識に自分にストレスを与えてしまっている傾向があると分析しています。そして、ストレスを溜め込まないためのヒントとして挙がっているのは次の4つ。

(1)ワーク・ライフ・バランスを考える

(2)定期的に運動をする

(3)周りと自分を比較するのをやめる

(4)自分の気持ちに素直になる

日頃の行動や心の持ち方をちょっと変えるように意識するだけでも、ストレスは軽減されるかもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

住んでいる地域や社会環境などの外的要因、そして自分の性格や考え方などの内的要因、両方のストレス要因があることを理解しながら、自分に合ったストレス対策法を見つけていけるとよいですね。

【おすすめ記事(PR)】

妊活女性必見! 管理栄養士が教える「葉酸サプリの選び方」

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

キレイの基本は食事から!体の内側から美しくなる「菜食健美」とは?

女性の“ストレスオフ県ランキング2017”発表! 日本で一番「ストレスオフ」な県は“愛媛県” – 株式会社メディプラス研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る