おっ…柴咲コウが5位!? 男が好きな「猫顔芸能人」TOP10&猫目メイク術

523362538-20170623104118-e1498182123776-5714a3e486bb5708f6733c12b3751322e861348c

“大人っぽい可愛さ”が魅力の猫顔フェイス。大きくキュンと上がった目元が特徴的で、“THE・美人”といった顔のタイプです。

そこで今回は、『美レンジャー』が20~40代男性500人を対象に「あなたが“猫顔で可愛いな”と思う女性芸能人を一人選んでください」というアンケートを実施。

アンケート結果と合わせて“簡単猫顔アイメイク”をご紹介します。

猫顔に惚れる!かわいいなと思う女性芸能人ランキング

それでは早速、アンケート結果TOP10を見ていきましょう。

10位・・・小島瑠璃子(26人)

9位・・・黒木メイサ(27人)

8位・・・北川景子(28人)

7位・・・中川翔子(29人)

同率5位・・・柴咲コウ・本田翼(31人)

4位・・・きゃりーぱみゅぱみゅ(35人)

3位・・・佐々木希(39人)

2位・・・広瀬すず(43人)

1位・・・桐谷美玲(52人)

某CMで猫と共演しているイメージも強い桐谷美玲が1位という結果に。「猫顔といえば桐谷美玲! キリッとしたつり目が可愛い」といったコメントが見られました。

また、元祖猫顔といっても過言ではない柴咲コウはまさかの5位。

柴咲コウを抜き、上位に選ばれたのが佐々木希やきゃりーぱみゅぱみゅでした。二人は、“キリッとした”というよりどちらかというとまぁるい目元が特徴ですよね。8位に北川景子、9位に黒木メイサ、そして菜々緒はランク外ということを考えると、男性はキリッとした美人顔より、可愛らしさのある猫顔がタイプなのかもしれません。

それでは次に、猫顔フェイスが簡単に手に入るキャットアイメイクのプロセスをご紹介します。

目尻が主役!かわいい猫顔アイメイク

猫顔メイクは目尻をハネ上げるアイメイクが特徴。目の横幅を確保したい方にもおすすめです。

(1)キャットアイの基本のキ

猫メイクといえばキャットアイ! 目尻からキュッと上がったアイラインが特徴的です。ただアイラインを長めに引くだけでもよいのですが、三角形をイメージするとさらに可愛く仕上がります。まずは、その描き方をご紹介します。

目頭ギリギリから目尻まで目のキワにアイラインを引きます(ペンシルでもOK)。目尻まできたら、下画像Aのように斜め上に向かって線を描きましょう(リキッドで)。

続いてAの線からまぶたのキワに戻るようにBの線を描き、三角形にします。中を塗りつぶせば完成。目の形に合わせて三角形の角度を調整してみてくださいね。Bの線は、カーブを描くように丸みをつけても可愛いですよ。

(2)女子力満載!キツくなりすぎない猫メイク

キャットアイメイクはつり目に見えるため、少しキツく見えやすいのが難点。そこでおすすめなのが、女性らしさを残した以下のキャットアイメイクです。アイライナーを黒にせず茶色にすることと、アイシャドウにピンクやパープルを使用することで、柔らかな女性らしさをプラスします。

【用意するもの】

・パール入りのベージュやホワイトベース

・淡いブラウンアイシャドウ

・パール入りのピンクアイシャドウor淡いパープル

・ブラウンアイライナー

【メイクのHow to】

(1)まずは、ベージュやホワイトのベースをまぶた広めに塗る

(2)続いて、色の濃すぎない淡いブラウンを二重幅より少し広く塗る。そのまま、下まぶたも目尻から1/3までシャドウをのせる

(3)淡いブラウンの上から目尻のみ、ピンクor淡いパープルをのせる(指でトントンと広げる感じでOK)

(4)ブラウンのアイラインを使い、目頭から目尻まで線を描く

(5)最後に、目を開けてバランスを見ながら、上記(1)キャットアイの基本でご紹介した三角を描く

(6)好みによって下まぶたの涙袋部分にもピンクを入れれば完成!

キャットアイメイクは、コスメの色やハネ上げ方によって雰囲気が変わります。服装やイベントの場に合わせて調整してみてくださいね。

【画像】

※ getty images

【おすすめ記事(PR)】

妊活女性必見! 管理栄養士が教える「葉酸サプリの選び方」

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

「メディパラソル」が口コミで話題沸騰中!飲む紫外線予防って?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

キレイの基本は食事から!体の内側から美しくなる「菜食健美」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る