マンネリ顔が劇的変化!1つ投入するだけで旬顔になるアイテムとは

Fotolia_122385495_Subscription_Monthly_M-20170621210607-e1498046781484-6113fbe238e48623517a8f3b542e5e6548d36f55

ファッションと同じように、メイクも季節によって変えたいですよね。

しかし、なかなか印象が変わるようなメイクにたどり着けず、いつも通りになってしまう……そんな人のために、今回は美容ライターの筆者が、インスタグラムからトレンドのアイメイクを紹介。そのメイク方法についてお伝えします。

「色味」と「質感」で雰囲気をチェンジ!

印象がガラッと変わる様々なアイメイクをさっそく見ていきましょう。

華やかで可愛らしい雰囲気をつくってくれるピンク系

春から人気継続中なのが、華やかで可愛らしい雰囲気をつくってくれるピンク系カラー。2017年春夏のトレンドカラーなので、一つは持っているという人も多いのではないでしょうか。

濃いピンクだとキュートに、薄いピンクだとふんわりとした印象になりますね。

グッとセクシーになれる濡れまぶた

大人っぽくクールに仕上がるのが、輝きやツヤのあるアイシャドウを使ったアイメイク。グリッターが多く含まれたメタリックなものや、グロスのようなツヤ感のあるアイシャドウが、セクシーな印象の目元をつくってくれます。

夏の強い日差しの元ではキラキラと映え、夜でも存在感のある眼差しをキープできます。

気分まで明るくなるカラフルアイ

「夏はカラーメイクに挑戦したくなる!」という人は、今年は複数色組み合わせるのがおすすめ。パステルカラーなどの明るい色の組み合わせが旬です。アイシャドウだけでなく、マスカラにもカラーを取り入れてもOK。

イベントやパーティーなどのときにメイクをカラフルにしたら、より一層楽しくなりそうですよね。

昼も夜も視線くぎ付け!簡単で旬な濡れまぶたのつくり方

「仕事の日はあまり派手なメイクはムリ……」という人も、お休みの日にはキラキラと輝く大胆なアイメイクに挑戦してみてはいかがでしょうか。特に夏は、楽しいイベントがたくさんある季節。昼夜問わず魅力的に見える目元になるので、「一日中外出になりそう!」なんていう日にもピッタリです。

最も重要なのは……「アイシャドウ」選び

濡れまぶたをつくるのに必須なのが、発色が良くツヤ感やラメ感が強いアイシャドウ。新しく購入するときには、必ずテスターを手の甲に伸ばし試してみましょう。

今回は、ピンクとゴールドの2色を使っていきます。

(1)ゴールドシャドウを指でアイホールにのせる

まぶたにアイシャドウをぴったりとフィットさせるよう、指を使ってゴールドシャドウを少しずつ伸ばしていきます。このとき、二重幅にはあまり色をのせすぎないようにすると、目をあけた際に抜け感ができますよ。

(2)眉下にハイライトカラーをのせる

眉下からアイホール(画像の白線)うえの部分に、手持ちのハイライトカラーをのせていきます。ナチュラルに仕上げたい場合には、アイホールに入れたゴールドシャドウとの境目をぼかすように入れていきましょう。

(3)ピンクシャドウを下まぶたのせる

ブラシを使って下まぶたの目尻から目頭までピンクシャドウを入れていきます。ゴールドシャドウ同様、少しずつのせながら色味を確認しながら入れていくと、やりすぎ感がでてしまう失敗を防げます。目尻は少し幅を広めに入れましょう。

(4)全体の色味や仕上がりをチェック

最後に上下の色味のバランスや輝き具合をチェックしましょう。もの足りないと思ったら、再度少しずつアイシャドウを重ねて調節してくださいね。

いつものマンネリメイクから脱出! 今から夏に向けて、ぜひ様々なアイメイクに挑戦してみてくださいね。

【おすすめ記事(PR)】

妊活女性必見! 管理栄養士が教える「葉酸サプリの選び方」

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

これからの季節、要警戒!虫さされのかゆみ「気持ちよ~く抑える」方法とは?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

キレイの基本は食事から!体の内側から美しくなる「菜食健美」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る