のせるだけ…って思ってない?私に似合う「チーク」の選び方&入れ方

Fotolia_122337027_Subscription_Monthly_M-20170706124556-e1499312793939-ee65c9265f5d83ece922abd873c3aea2abc86f5d

血色をよくして顔に華やかさをプラスしてくれるチーク。「ただ頬にのせるだけでしょ?」と思っていたら大間違い!  色選びや入れ方によって、印象が大きく変わるため、意外とテクニックがいるのです。

今回は『美レンジャー』の過去記事から、チークを上手に入れるコツを紹介します。

まずは…やりがち「チークのNG」3つ

過去記事「ギャッ…メイクやり直し!“チークでおブスに仕上がる”典型的ミス3つ」では、チークメイクで失敗する原因を紹介しています。普段やっていないかチェックしてみて!

(1)付属のミニブラシのみを使用している

簡易的な付属のミニブラシは、粉をまんべんなく含むことができず、チークが部分的に濃くなりがち。大きなチークブラシを使って、しっかり粉を含ませてからチークを塗るようにしましょう。

(2)付ける前に粉を落としていない

忘れがちなのが、ブラシについた余分な粉を落とすこと。ブラシにしっかり粉を含ませたら、チークの容器で柄の部分をトントンして粉を落とすか、ティッシュの上で軽くなじませるように粉を落としましょう。

粉を薄く均等にブラシに含ませることが、ムラなくチークを仕上げるための重要なポイントです。

(3)手持ちカラーが1種類だけ

アイシャドウやなりたいイメージに合わせて、チークの色も変えてみましょう。アイシャドウがブルーやパープル系のときにはピンク系のチークが、暖色系のときにはオレンジがよく合います。

また、元気・フレッシュなイメージがよければオレンジ、かわいらしい・上品な印象にはピンク、大人かっこいいを目指すならブラウン系のチークを使ってみましょう。洋服の印象に合わせてカラーをチェンジするのもおすすめです。

「似合うピンク」がわかる!チーク選びのコツ

過去記事「青みor黄系?“私に似合うピンク”が5秒で判明…チーク選びテク」では、自分に合うチークの選び方をご紹介しています。

チークの色味を、流行や“とりあえずピンクで”と適当に選んでしまうと、肌になじまず浮いてしまったり、血色を与えるつもりが逆にくすんで見えてしまったりする原因に。

ピンクでも青系と黄系のどちらが自分に似合うかは、元来自分が持っている血色と合わせることが重要です。

下画像のAとBそれぞれに手の指の腹、3本を置いてください。指がキレイに見える方はどちらですか?

Aの方は、ローズ系の青みがかったピンクをおすすめします。

Bの方は、オレンジ系の黄みがかったピンクをおすすめします。

この方法でどちらかに絞ったら、その色をベースに色を探していきましょう。

まず人差し指、中指、薬指の先を、反対の手で軽く握ります。そうすると指の腹に血が集まり赤くなりますよね。その色が本来自分の持っている赤みです。その色と近い色を探すことで、自分に合ったチークを探しましょう。

輪郭に合った「チークの入れ方」

過去記事「大人の女こそ“Wチーク”!旬な小顔をつくる輪郭別4パターン」では、クリームチークとパウダーチークの2つを重ねづけし、立体的な頬に仕上げる“Wチーク”の入れ方を輪郭別に解説しています。

(1)丸顔さん

横のバランスが強い丸顔さんは、横幅を弱く見せるチークの塗り方がオススメ。頬骨の高いところを中心に、斜め上向きで楕円形にチークを入れます。まずはクリームチークを狭めの幅で指でぽんぽんと薄く広げましょう。その上に大きめのチークブラシでパウダーチークをふわっとのせて。

また、年齢により頬のたるみが気になる方も、このバランスでチークを入れると効果的。顔がリフトアップして見えますよ。

(2)面長さん

面長の方は、短い横のバランスを長く見せるように、横長の楕円形にチークを入れます。クリームチークは、頬骨の下に目と水平になるように横長にのばします。頬骨の下に入れることで目線を下に集め、縦のバランスを短く見せる錯覚を起こします。その上にパウダーをふんわりとのせましょう。

楕円形はやや太めのほうが小顔効果がありますよ。

(3)ベース型さん

エラが張ったベース型の輪郭の方は、エラを目立たせないためにチークを頬骨の高いところから耳まで、斜め上向きの楕円形に大きく入れます。丸顔さんは細く入れましたが、ベース型さんは太く入れてください。

クリームチークを広くのばした後にパウダーをのせたら、シェーディングも忘れずに。特にアップヘアのときは、エラ部分にシェーディングを入れましょう。

(4)逆三角形さん

すっきりとシャープな逆三角形の輪郭の方は、チークを斜めに入れると顔の印象がキツく見えてしまいます。

笑ったら頬が高くなるところより少し上あたりを中心に、大きく丸くクリームチークをつけてパウダーをプラスしましょう。目線をシャープな顎からそらせるために、頬の高いところに入れるのがポイントです。

「たかがチーク」と思うかもしれませんが、チーク一つで顔の印象は大きく変わります。チークの色選びや入れ方をマスターすれば、「イメージと違う!」と嘆くこともなくなります。ぜひ、ご紹介した方法を試してみてくださいね。

【おすすめ記事(PR)】

年齢を重ねることを楽しもう!…女性に勇気を与える話題の動画とは

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

これからの季節、要警戒!虫さされのかゆみ「気持ちよ~く抑える」方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る