綾瀬はるかは圏外!男に聞いた「女に生まれるならこの顔」TOP10

486474230-20170718123945-e1500349211822-d75a483d0c7b898b14d85edf3ed8bbd07a880612

顔のタイプって同性ウケと異性ウケがあるような気がしませんか? 「この子かわいいよね!」と聞いてみても、彼氏や男友達からの反応はイマイチだったなんて経験も多いのでは?

そこで今回は『美レンジャー』が20~40代男性263人に「もし女性に生まれ変わるなら“俺はこの顔になりたい”と思う最強フェイスな女性芸能人を一人選んでください」とアンケートを実施。男性にとって“超絶かわいい顔”とは誰なのでしょうか。

気になるアンケート結果と、TOP3にランクインした女性のメイクポイントをご紹介します。

どの顔に生まれ変わりたい?俺の「最強ストライクフェイス」

ランキングTOP10はこちら!

同率9位・・・上戸彩・宮崎あおい(13人)

8位・・・佐々木希(14人)

同率6位・・・長澤まさみ・深田恭子(15人)

5位・・・加藤綾子(18人)

4位・・・北川景子(19人)

3位・・・広瀬すず(20人)

2位・・・石原さとみ(22人)

1位・・・新垣結衣(32人)

男性人気の高い綾瀬はるか、また女性人気の高い沢尻エリカがまさかの圏外という結果に。そんな中、やはり強かったのが1位の新垣結衣!

「いつまでも劣化しない天使の笑顔!」、「ロングヘアのときも今のショートでも、どんな髪型でもかわいいのが最強フェイスの証拠」と絶賛の嵐。

また、10人差で2位に選ばれた石原さとみには「あの顔に生まれ変わったら人生いつでもモテ期でしょ」、「小悪魔でもいい! 男性陣はみんな好きな顔」と、こちらも高評価でした。

みなさんの推しフェイスはランクインしていましたか? 男性が生まれ変わりたい顔=男性ウケのよい顔ともいえますよね。

そこで今回は、少しでも男性ウケのよい顔に近付くために、ランキングTOP3の女性芸能人をヒントにしたメイクのポイントをご紹介します。

男性ウケよし!メイクの一工夫ポイント3つ

(1)新垣結衣からは「眉を盗め」

新垣結衣は、ナチュラルで長めのストレート眉。意志の強さを残しながら、眉山をつくらないことで柔らかさを残しています。

眉が細いor眉のアーチがしっかりしている方は、まず下画像のオレンジ部分を埋め、ストレートラインをつくりましょう。

次に、眉の上下ラインが平行になるようにまっすぐ眉尻まで描き足していきます。最後に眉尻をキュッとくっつけるように、上下をくっつけましょう。

(2)石原さとみからは「アイメイクを盗め」

石原さとみは、タレ目がちのかわいらしい目元が特徴的。ブラウンのグラデーションでベースを整えたら、下写真右のようなピンクのアイシャドウを目尻のみにトントンと指で重ねましょう。目尻のみなので腫れぼったくならず、女性らしい柔らかさが出ます。

また、下まぶた目尻にも色をのせることでタレ目がちの目元になります(上写真のタレ目シャドウを参考)。アイラインではなく、締め色に使う濃いブラウンアイシャドウを入れてください。

(3)広瀬すずからは「ナチュラルリップを盗め」

年齢が若いこともあり、極々ナチュラルメイクな広瀬すずは、リップもほとんど塗っていないように見えます。しかし、唇に色味がないと顔色が冴えなく見えてしまいやすいため、少し工夫をしましょう。

使用するのは、下の写真左のような自然な血色感のある色。真っ赤やピンクより少し色を落ち着かせた肌馴染みのよい色です。

このままでは少し落ち着いたイメージになりすぎてしまうため、透明に近い薄いピンクのグロスを重ねます。

肌馴染みのよいリップでナチュラルに、グロスのツヤで若々しさのある最強な唇になりますよ。

ランキング結果と男ウケのよいメイクの一工夫ポイントでした。いかがでしたか? 女性が思う完璧フェイスと違う部分もあったかもしれません。同性ウケと異性ウケが違うのもまた面白いですよね。TOP10の結果も参考に、顔の系統が近い女性芸能人のものまねメイクも楽しんでみてくださいね。

【画像】

※ getty images

【おすすめ記事(PR)】

年齢を重ねることを楽しもう!…女性に勇気を与える話題の動画とは

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

お疲れ女子は「酵素」が足りない!? 大人のための「心とからだ」回復術

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

ムダ毛を処理する時代は終わり!勝負素肌を手に入れる「ご褒美シェービング」に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る