あの形は男ウケ最悪!? あの形で顔デカ強調…「サングラス選び」の注意点

Fotolia_163995214_Subscription_Monthly_M-20170719175742-e1500454700676-1df4afbfb37e21e7e7ca5a1cd04fb57656e8f528

降り注ぐ太陽が痛いくらいにまぶしい季節。お洒落のためだけでなく、大切な眼を紫外線から守るためにも、外にいるときはサングラスをかけることをおすすめします。

でも、いざサングラスを選ぶとなると、どんな形が自分に似合うのか、何が流行っているのかなど、色々と悩んでしまいますよね。

そこで今回は、『美レンジャー』の過去記事から、“サングラスの選び方”をまとめてご紹介します。

丸顔には…どれ?顔型別おすすめサングラス

過去記事「顔が膨張して見える…勘違いだらけの“似合うサングラス”の選び方」では、顔型別におすすめのサングラスをご紹介しています。

1:丸顔の人

フレームが四角の形になっているスクエアタイプは角がある分、顔の丸い輪郭をごまかしてくれます。フレームは、太めのほうが横顔もほっそりした印象になります。

顔面を覆う面積が大きいバタフライ型は、やや注意が必要です。小顔効果が高いといわれますが、丸顔の方や特に頬あたりが丸い印象のある方は、サングラスをかけたときに顔の下半分も目立ってしまうので、避けたほうがよいでしょう。

2:面長の人とあごが細い人

このタイプは、バタフライ型がいちばんおすすめ。またティアドロップ型は、セクシーな雰囲気にもなりやすく、特に面長の方に似合います。

小顔ならフレームは細めで、華奢なデザインを選ぶと際立つのでおすすめです。

3:卵型と四角顔の人

楕円形や角が丸くなっているサングラスをかけると、やわらかい印象になります。

顔の面積が大きいなら、フレームは太めのものを選ぶと、横から見たときフレームでカバーされる部分が大きくなり、顔がすっきりと見えます。

また、レンズのカラーで日本人の肌になじみやすいのが、ブラウンとグレー系。フレームには、茶色やベージュなどの肌なじみのよい色を使うと、やさしく上品なイメージになるそうです。

屋外は何色がいいの?レンズ選びで注意すべきこと

過去記事「実は“色の濃いレンズ”はNG!意外と知らないサングラス知識」では、サングラスを選ぶ際に気をつけるべきことをご紹介しています。

色の濃いサングラスはNG!

日焼けは眼から入ってきた紫外線の情報が脳に伝わり、メラニンを作らせる指令が送られることから、まずは眼をガードすることが紫外線対策としては第一。

しかし、UVカット効果がないサングラスの場合は、色の濃いものは逆効果なんです! 色の濃いサングラスをかけると、眼は周りが暗くなったものと認識。つまり、夜に暗闇にいるような誤解をして瞳孔が大きく開くので、UVカット加工を施していないサングラスだと、逆にレンズを通して紫外線を多く吸収してしまうのです。

紫外線対策としてサングラスをかける場合は、UVカット加工がなければ無意味なのです。

シーン別サングラスの選び方

サングラスはかけるシーンによって、レンズの色を使い分けると眼への負担も軽くなります。使用する際の背景などの色味に近いものを選ぶのがおすすめです。

(1)屋内・・・無色

(2)屋外・・・UVカット加工ありのレンズ

(3)ゴルフ・・・茶色のレンズ

(4)マリンスポーツ・・・グレーのレンズ

サングラスのレンズカラーは単なるオシャレだけではなかったのですね!

「男性が引いてしまう」サングラスにも要注意!

過去記事「芸能人気取りかよ!? 男性が内心“ドン引きな女性のサングラス”TOP5」では、20〜40代の男性500人に聞いた「正直引いてしまう女性のサングラスは?」というアンケートの結果を紹介。

男性がドン引きしてしまう女性のサングラス、TOP5には次のようなサングラスが選ばれました。

5位・・・レンズがミラータイプのサングラス

4位・・・ブランドのロゴが目立つサングラス

3位・・・色が奇抜なサングラス

2位・・・芸能人のような大きいサングラス

1位・・・形が奇抜なサングラス

男性とお出かけするときにはランキング上位のものは気をつけてみてください!

また、今年は、ラウンドキャットアイ型、シャープなウェリントン型、ラウンド型が昨年に引き続き人気のようですよ。

上記のことを参考に、購入する際はしっかりと試着したり、機能について店員さんに確認するなどして、自分にとってベストなサングラスを見つけてくださいね。

【おすすめ記事(PR)】

年齢を重ねることを楽しもう!…女性に勇気を与える話題の動画とは

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

「さらばムダ毛」で心もスッキリ…塗って置くだけの除毛アイテムって?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

ムダ毛を処理する時代は終わり!勝負素肌を手に入れる「ご褒美シェービング」に注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る