奥二重さんのお悩み解決!ぱっちりデカ目を叶えるアイメイク術

Fotolia_127914237_Subscription_Monthly_M-20170727014848-e1501087738189-6f8933070749397e5b6aaeb206a14c64de56d5c6

どこかミステリアスで、知的な印象を与える奥二重。涼しげな目元がとても魅力的ですが、「メイクが難しい」、「バリエーションがない」など悩みを抱えている人も多いようです。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、奥二重のメイク悩みを解決するアイメイク方法についてお伝えします。

大きさだけじゃない!奥二重の「あるある」とは

奥二重といってもその形は人それぞれ。目が小さく見えるタイプの人は、大きな目に憧れる人もいるでしょう。しかし、メイクで目を大きく見せようと思うと、なかなか思うようにいかないこともあるようです。

中でもネット上で多く見受けられたのが、アイラインとアイシャドウに関する悩み。

アイラインについては、「引くと逆に目が小さく見える」、「液が乾くのを待たないとまぶたについてしまう」、「キツイ顔に見られてしまう」という声が。

アイシャドウについては、「塗り方がわからない」、「塗ってもまぶたに隠れて見えなくなる」、「いつも同じ塗り方になってしまう」、「まぶたが余計はれぼったく見えてしまう」という声がありました。

濃いめはNG!アイラインは最低限に抑える

奥二重さんがアイラインをがっつりと引いてしまうと、二重幅がアイラインで埋まり、目が小さく腫れぼったく見えるうえにキツイ印象になってしまう原因に。また、メイク中や時間が経ったときにアイラインが上まぶたについてしまうという崩れを引き起すことにもつながります。

目尻の二重幅はなるべく見えていたほうが、抜け感が出て、目もパッチリ大きく見えます。基本は、ラインを引かずまつ毛の間を埋めていくだけにするのがオススメです。

目尻を少し太くしたい場合も、なるべく細いラインを少しずつ足していくよう注意しながら引いていきましょう。最後をスッと払うようにすると、目の横幅が強調され、クールな目元になりますよ。

簡単印象チェンジ!アイシャドウはカラーや入れ方を調整

アイラインは濃く太く引くのがNGでも、アイシャドウはいろいろと楽しめるのが奥二重さん。「アイシャドウが映えない」、「塗り方が難しい」と感じる人は、ぜひ次の2つを試してみてくださいね。

1:カラーシャドウを二重幅にON

とても簡単で、かつ奥二重さんだからこそ映えるのがカラーシャドウ。ハッキリした色味でも、視線を外したときにだけチラッとカラーが見えるので、やりすぎ感がなくむしろセクシーな印象になりますよ。

(1)ハイライトカラーをまぶた全体にのせる

(2)カラーシャドウを二重幅にしっかり入れ、下まぶたには同じ色を少しぼかすように入れていく

(3)目頭から涙袋部分にハイライトを入れる

2:縦グラデーションで立体感を出す

二重幅をオーバーしてアイシャドウを塗ると目が重く腫れぼったく見える人は、一色しか見えない横グラデーションよりも、目に奥行きが出る縦グラデーションがオススメです。

(1)ハイライトカラーをまぶた全体にのせる

(2)ミディアムカラーをアイホールと下まぶたにのせる

(3)目尻側から1/3程度まで、アイホールのくぼみに沿ってブラシをあてるようにメインカラーを重ねていく

(4)使用したカラーに馴染みやすいラメやハイライトを黒目上部分にのせる(今回はゴールドを使用)

(5)目頭から涙袋部分にハイライトを入れる

他にもある!奥二重のメイクバリエーション

カラーメイクは夏に映えるけれど、「単色だけでは飽きてしまう」、「もっといろいろ楽しみたい」という人は、『美レンジャー』の過去記事「奥二重が一気に華やぐ!“カラーアイシャドウ”組み合わせ5パターン」をぜひ読んでみてくださいね。奥二重さんに似合うカラーシャドウの使い方をご紹介しています。

メイク次第で、コンプレックスも魅力に変わります。楽しく自分に似合うメイクを見つけましょう。

【おすすめ記事(PR)】

年齢を重ねることを楽しもう!…女性に勇気を与える話題の動画とは

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

「さらばムダ毛」で心もスッキリ…塗って置くだけの除毛アイテムって?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る