綾瀬はるかは6位…ワンだふるな可愛さ!「犬顔女性芸能人」TOP10

486474226-20170731174755-e1501490909810-7347100182e33dea024e5e870a2e0c0119c296b4

親しみやすく、可愛らしいところが魅力の“犬顔”。童顔に見えることも多く、男性ウケも抜群ですよね!

今回は『美レンジャー』が、20〜40代男性500人に「“犬顔で可愛いな”と思う女性芸能人を一人選んでください」とアンケートを実施。気になるアンケート結果と“愛され犬顔メイク”をご紹介します。

可愛さ満点!犬顔タイプの女性芸能人ランキング

同率9位・・・石田ゆり子・マギー(27人)

8位・・・ベッキー(29人)

7位・・・加藤綾子(30人)

6位・・・綾瀬はるか(31人)

5位・・・宮崎あおい(33人)

同率3位・・・のん・西内まりや(38人)

2位・・・有村架純(56人)

1位・・・石原さとみ(69人)

このような結果となりました。“犬顔”というだけあって、全体的にやわらかい顔立ちの方が多いですよね。

1位に選ばれた石原さとみには「子犬みたいな目がカワイイ!」、「もちろん美人には変わりないけど、どこか親しみやすさがある」などのコメントが集まりました。

また、有村架純、のん、綾瀬はるかに共通して集まったのは「タレ目」、「黒目がちな丸い目」が可愛いという声。そこで今回は、この2つをポイントにおいた“犬顔に近くメイク法”を下記にご紹介します。

1:アイラインに一工夫

つり目気味の大人っぽい猫顔に対して、犬顔は黒目がちのまん丸目を目指すとよいでしょう。

(1)高さをプラス

アイシャドウの前に、アイラインを目のキワに引きます。このとき、二重幅を埋めすぎてしまうと目が小さく見えてしまうため、まつ毛の隙間を埋めるようなイメージで細く細く引いてください。

次に、黒目の真上のみ、黒目の幅に合わせてほんの少し線を描き足しましょう。

(2)タレ目をつくる

上記の(1)が終わったら、目を開けてまっすぐ鏡を見てください。そのまま目尻にペンを当て、目の形に沿って2mmほどアイラインを下ろしましょう。

アイラインの目尻は延長線上にのばすか、ハネあげている方が多いかと思いますが、目のカーブに合わせて下げることで、タレ目がちの可愛らしい印象になります(上写真2)。

(3)やはり効果あり!涙袋をつくる

失敗するとクマのように見えてしまう涙袋メイクは、もうあきらめてやめてしまった方も多いかもしれません。ですが、目の高さを足しながらデカ目に見せてくれるため、犬顔メイクには必須なんです!

まずは、眩しいときのように目を細め、涙袋の筋肉がどこかハッキリさせます。そのまま、そこにハイライトカラーを入れていきましょう。濃すぎると悪目立ちするため、必ずぼかしてください。それからもう一度目を細め、明るい色のアイブロウを使って涙袋の線をなぞってください(こちらもぼかします)。

筋肉をはっきりさせることで、よりナチュラルに。左右も均等に描くことができます。

2:眉毛に一工夫

顔の表情を一変させる眉は、色と形にこだわりましょう。ランクインしている有村架純やのん、綾瀬はるかをはじめ、犬顔認定されている方のほとんどがストレートかタレ眉。少し下がり気味の眉が柔らかく、可愛らしい表情になります。

(1)眉山下の窪みを埋めるように、黒目が始まる部分から眉下を足していきます(下写真1の範囲を参照)。自眉からはみ出してOKです。

(2)ブラシに余ったパウダーで、眉全体の毛の隙間を埋めていきます。

(3)最後に眉頭の上部を足してください(下写真3の範囲を参照)。

仕上げに毛の色よりワントーン明るい眉マスカラを使うと垢抜けやすいですよ。

以上、“犬顔でかわいいと思う女性芸能人ランキング”と“犬顔に近づくメイク法”をお伝えしました。

アイメイクを変えると印象が変わりやすいため、上記のメイク法を参考に、コスメの色でも調整してみてくださいね。

【画像】

※ getty images

【おすすめ記事(PR)】

年齢を重ねることを楽しもう!…女性に勇気を与える話題の動画とは

【美容家が納得】「プラセンタ含有量360mg」アラフォーは知らなきゃ大損!?

湿気で髪がまとまらない!ならば「頭皮クレンジング」を試してみて!

「さらばムダ毛」で心もスッキリ…塗って置くだけの除毛アイテムって?

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

今のブラに満足?「女性のワガママ」を叶えてくれるランジェリーをチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る