これぞ奇跡のアラフィフ!石田ゆり子に学ぶ「最強若見えテク」3つ

92378881-20170810154321-e1502347603682-aae59ab683b356e19ab1f4882109d6f521f95720

“奇跡のアラフィフ”こと、女優の石田ゆり子(47歳)。以前から美人女優としての位置を確立していた彼女ですが、昨年放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で、再ブレイク!

年齢を感じさせない透明感と、色褪せないキュートな魅力に、「ファンになった……!」という方も多いのでは?

今回はイメージコンサルタントの筆者が、彼女のインスタグラムから“美の秘訣”をご紹介します。

これぞ若見えの極意!「パーソナルカラー」を味方に

現在公開中のダイハツ『ムーヴ』のCM。真似したくなるような、ステキなファッションも注目を集めていますよね。

そこで突然ですが、皆さんのワードローブにある洋服の色で多いのは何色ですか? ベージュ、グレー、ネイビー、ブラック、ホワイト……「ついついオフィスでの着回しを優先して、気づいたらベーシックカラーばかり」という方も少なくないはず。

しかし筆者が、ぜひともオススメしたいのが“パーソナルカラーに合った色味”を身につけること。パーソナルカラーは、肌色や髪質、瞳の色などで4つのタイプに分かれますが、それぞれのタイプごとに似合うカラーが存在します。筆者のようなイメージコンサルタントに依頼するほか、ネットでも簡単にセルフ診断できるので、ぜひトライしてみて。

ちなみに、きめ細やかな肌、細くて柔らかな髪が魅力的な石田ゆり子のパーソナルタイプはサマー。同CMのエメラルドグリーンのスカートをはじめ、インスタグラムではオフホワイトやネイビーブルーなど、サマータイプお得意のカラーが登場しています。

自分の得意な色を身につけると、肌が明るくイキイキと見えたり、肌の影やアラが飛んで若々しい印象を与えられたりと、いいこと尽くめ! パーソナルカラーは一生変わらないので、覚えておいて損はありませんよ。

面倒なスタイリングいらず!動きのある「パーマボブ」

石田ゆり子の魅力をさらに引き立てているのが、動きのある重めボブスタイル。

ですが、「動きが思うように出ない」、「セットをしないと貧相になってしまう……」などと、スタイリングが難しい髪型でもあります。

そんなとき、オススメなのがパーマ。トップにボリュームと毛先に動きを出すことで、簡単にイマドキのヌケ感スタイルが叶いますよ。

これすっぴん…!? コンディション最高の素肌

自宅で飼っている猫ととものアップしたこのナチュラルな姿。「もしかしてす、すっぴん……? キレイ過ぎでしょ」と思わずマジマジと見てしまいます。

メイクやファッションも大切ですが、見た目年齢を大きく左右するのが“素肌のコンディション”。紫外線やクーラー、お手入れ不足で肌がゴワついたり、くすんではいませんか?

古くなった角質をピーリングで定期的に除去する、マッサージでお肌の血行を促進させる、代謝や血行促進効果のある食材を取り入れるなどを意識しましょう。高い抗酸化力のあるビタミンEや肌の健康を維持する働きのあるビタミンAを多く含む食材を積極的に摂ってみてくださいね。緑黄色野菜やアーモンド、うなぎ、アボカドに豊富に含まれています。

石田ゆり子は10月スタートの月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)に篠原涼子、高橋一生らとともに出演します。今後もますます目が離せなくなりそうですね!

【画像】

※ getty images

【おすすめ記事(PR)】

夏疲れ肌のために今からインナーケアをプラス「アスタキサンチン」で賢くのりきる

ムダ毛を処理する時代は終わり!勝負素肌を手に入れる「ご褒美シェービング」に注目

働く女性の新常識!外でのくちもとケア事情

手間ヒマかけずにキレイでいたい!欲張りさんにぴったりの高浸透オールインワン

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

今のブラに満足?「女性のワガママ」を叶えてくれるランジェリーをチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る