垂れバストやメイク崩れ…絶対イヤ!運動中もキレイを保つコツまとめ

Fotolia_164761015_Subscription_Monthly_M-20170915151051-e1505455869698-5b2bb7272cf7c6fc235b42490de0a9db968d7abd

涼風が頬を撫でる今日この頃、随分と過ごしやすい日が増えてきました。いよいよ“スポーツの秋”の到来です!

今回は、普段あまり運動をしない“スポーツ初心者”に向けて、スポーツブラの選び方やメイクなど“キレイに楽しく運動する”ための基本情報を、『美レンジャー』の過去記事からご紹介します。

運動するならスポーツブラはマスト!選び方は…

普通のブラジャーで運動すると、胸が揺れて動きにいだけでなく、バストが垂れる原因にも。スポーツブラは必須アイテムです。持っていないのであれば、即購入しましょう。選び方のポイントを、過去記事「間違うとバストがポロリ…!? ヨガの“スポーツブラ”失敗しない選び方」よりお伝えします。

まずは、サイズ選びについて。ヨガやスポーツ用のブラはS・M・Lで展開されていることがほとんどです。ワイヤーも入っていないため、「だいたいこのサイズで大丈夫だろう」と、試着をせずに購入する人も多いかもしれません。

しかし、海外ブランドの場合、同じMでも日本のMサイズより1~2サイズほど大きく感じることも……。きちんと試着をすることが大事です。

試着後は、腕を前後左右に動かしてみたり、上体を前後に倒してみたりして、フィット感を確かめて。小さすぎると、アンダーのゴム部分が食い込んで苦しくなり、腕を動かしにくくなることも。反対にサイズが大きいと、腕を動かしたときにブラジャーが上がってきてしまいます。

目安として、アンダーバスト部分に指2本が入る程度の余裕があるブラジャーを選びましょう。

汗をかいてもOKなメイクの工夫

運動をするとき普段通りのメイクだと、汗で崩れて悲惨な状態になってしまうかも! スポーツ用のメイクを、過去記事「桐谷美玲も圏内!? 男性が“一緒にスポーツしたい女性芸能人”1位は…」からご紹介します。

ファンデをピタッ!ベースメイク

ベースメイクは、いつも以上にしっかりと保湿し、肌とファンデーションの密着度をあげましょう。下地は汗に強いタイプのものを選び、均等に伸ばして。部分的に厚くなってしまったり、塗りムラがないように注意してください。シミの気になる部分やカバーしきれていないところにはコンシーラーを足しましょう。特に屋外でのスポーツでは、シミ部分に紫外線を当てないことでさらに濃くなることを防ぎます。

ファンデーションを塗る際には“水スポンジ”を使うといいでしょう。スポンジを濡らした後、かたく絞って、ファンデーションを顔の中心から均等に伸ばします。スポンジに水を含ませることで肌への密着度が高まり、メイクくずれがしにくい肌に。当然ながら、“水なし専用”のスポンジは使用できませんので注意してくださいね。

マロを防ぐ!眉毛コートが100円でも手に入る

自眉が薄く、「落ちるとヤバイ!」という人は、アイブロウコートを使ってみては。さまざまなメーカーから発売されていますが、100円ショップのダイソーでも売られています。こすらないよう、トントンとのせるようにコーティング剤をつけると、汗をかいてもかなり落ちづらくなります。コツは、筆を肌につける前に、容器のふちでよくしごくこと。液がたっぷりついたまま眉毛にのせてしまうと、せっかく描いた眉が落ちてしまうので気をつけて。

アイメイク&チークのポイントは?

崩れると一気にみっともなくなるアイメイク。マスカラはウォータープループ、アイライナーはジェルまたはリキッドタイプのウォータープルーフがオススメ。使用する前に、まずまぶたにルースパウダーをはたき、目まわりの油分を押さえておくと崩れにくくなりますよ。

チークは、パウダーよりクリームタイプのほうが密着度が高く、落ちにくいでしょう。

ゴム1本で!崩れにくいヘアアレンジ

髪の毛をヘアピンを使ってまとめると、ズレて崩れてしまったら……という心配がありますよね。ゴムだけでできるアレンジを、過去記事「ゴム1本で完成!進化系くるりんぱも…簡単&時短“まとめ髪”3つ」からお伝えします。

上級くるりんぱのつくり方

(1)太めのゴムでローテールをつくり、しっかりと結ぶ。結び目に間をあけて、その上から髪を入れ込み、くるりんぱをつくる

(2)くるりんぱの毛先を二つに分けて左右にギュッと引っ張り、結び目をきつくする。それから毛先を三つ編みにする

(3)三つ編みを持ち上げ、くるりんぱの中のゴムを1本取る

(4)外側からゴムの中に指を通す。三つ編みの毛先を指で受け取り、ゴムの中に通して挟む。毛先が余ってしまう場合は、もう一度挟む

髪の長さによって短い毛が出てしまう人は、ツインテールのようにくるりんぱを2つに分けてつくっても可愛いですよ。

スポーツをするなら、思いっきり集中して楽しみたいですよね。さらに見た目がかわいかったら言うことなし! ここで紹介した、ブラ&メイク&ヘアのポイントを、ぜひ参考にしてください。

【おすすめ記事(PR)】

浮いたお金で女子力アップを狙っちゃう?スマホのカンタン節約術

髪質で悩む私にサヨナラ!さらさらストレート髪に近づくのはあのシャンプー

「若見え肌」は58歳なのに…見た目30代!500円で始める高級美肌ケアサプリ

1,000円でお試し!話題の「ブースター美養液」の実力とは…

手間ヒマかけずにキレイでいたい!欲張りさんにぴったりの高浸透オールインワン

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが実質無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る