奇跡は「ささいなこと」の積み重ね!有名医師が毎日やるルーティンとは

883982b36b7b6a7e889ed424d83d1609-20171102111828-e1509589119715-02ddc19588012185dd5563d7d9982bb8476fd476

温泉ミネラル+炭酸ガスが温浴効果を高めて、日常生活の様々な身体の症状を、その日のうちに緩和する薬用入浴剤『きき湯』(360g/詰替え用480g/オープン価格)。そのリニューアルを記念し、都内にて「きき湯お風呂アカデミー2017!特別プレスセミナー」が開催されました。

セミナーでは、帝京大学医学部外科・医学博士の新見正則先生による特別招聘講演「ささいなことの積み重ねで、奇跡が起こる!」も行われ、新見先生が自分の患者さんに必ず勧め、また自身もルーティンとしている“ささいなこと”を語りました。

私たちも今日から始めたい、ささいな、しかし大きく健康に関わる習慣とは……!?

ささいなことが奇跡を起こす!健康な体をつくる習慣9つ

『主治医が見つかる診療所』(テレビ東京系)や『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)、『世界で一番受けたい授業』(日本テレビ系)など、数々のテレビに引っ張りだこの新見先生。イギリスのオックスフォード大学医学部博士課程を終了し、外科医で漢方医。さらには、“心臓移植をしたマウスに、オペラの『椿姫』を聴かせたら拒絶反応が抑えられ生存期間が延びた”という研究で、イグノーベル賞(人々を笑わせる研究に対して贈られる世界的な賞)を受賞した経歴もあるスーパードクターなのです。

そんな新見先生が、外来で訪れるガン患者さんに伝えているのが“病気に打ち勝つには、ささいなことの積み重ねをが大事”というもの。「一発逆転できるような、素晴らしい治療はなかなかない。けれど、“体によさそう”なことを積み重ねることが重要」と語ります。

その“ささいなこと”の具体的な内容が、以下の5つ。

・食事は高タンパク質に

・適度な運動をする(やり過ぎはよくない)

・体は温める

・漢方を内服する

・希望を持つ

上記は病気の人へのアドバイスですが、先生自身も“病気にならないため”に習慣にしていることがあるそう。それが以下の9つ。

・決まった時間に起きる(日によって1時間程度の違いはOK)

・朝晩の入浴

・炭水化物は控えめに。青魚を食べる

・お酒は飲まない。タバコは吸わない

・エスカレーターは使わない。歩く

・夏でも温かいお茶を飲む

・週に2回以上のまとまった運動

・24地までには寝る。6時間は寝る

・出会いを大切に。すべてに感謝する

新見先生曰く、この9つは「絶対にやらないといけない」ことではなく、「出来たらやる」くらいの気持ちでやっていることだそう。これが、ストレスにならずに続けられるコツなのです。どれもささいなこととはいえ、「うっ、アレもコレもやれてない」とドキッとした人も多いのでは? 新見先生は「小さな積み重ねが、奇跡を起こす」と力説していました。あなたもできることから始めてみては?

「シャワーだけ」は危険!? お風呂でしっかり体を温める

新見先生は患者さんに「体を温めて」と指導しています。体をしっかり温めるには、先生自身が朝晩2回の入浴を実践しているように、お風呂に入ることがとても有効なんだそう。

バスクリンのお風呂博士、石川泰弘氏によると、入浴は体が温まるだけでなく、温熱効果により血行が促進、自律神経に影響してリラックス効果があったり、良質な睡眠をもたすなどの嬉しい効果も。

さらには以下のような冬場の悩みも、すべてお風呂で解決できるそう。シャワーだけではこのような健康効果は感じることができないので、できるだけ毎日お風呂に入るようにしたいですね。

入浴方法で大きな違い! 体がしっかり温まるお風呂の入り方とは

しかしこのお風呂、「ただ入ればOK」と思っていたら、ちょっと待って! お風呂博士、石川氏によると、実は入浴方法によって、血液循環や温まり方に大きな違いがあるんだそう。

下の写真を見てください。

・ちょっとぬるめな39度のお湯に15分

・熱めの42度のお湯に3分

という2つのパターンで入浴したとき、どれくらい体が温まるかを実験したものです。

入浴後すぐは、熱めのお湯にサッと入ったほうが、体がポカポカしています。

しかし、お風呂から上ってから20分後、30分後にどうなっているかを調べると……。

ぬるめのお湯に長く入っているほうが、体がずっとポカポカしていることが判明しました!

しかし、石川氏によるとお湯の温度や“15分”という時間にこだわる必要はないんだとか。大事なのは、時間よりも以下の2つのポイント。

・うっすら額に汗が出るまで入る

・心臓がドキドキしたらすぐに出る

これを自分が「気持ちいい」と感じるお湯の温度に入って実践するといいそう。

また、10分くらい入ると皮脂が取れてしまうため、入浴後は10分以内にスキンケアするのが大切なんだそうですよ。

健康は、毎日のささいな習慣でつくれるんですね。“冷え”は万病のもと、という言葉があるように、お風呂でしっかり体を温めて毎日をイキイキと暮らしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る