2週間でうるおい発光肌を目指す、スキンケアの極意4つ

63467847_m-500x441-eca968cb715aac74f191567ed5362c8d7053971b

クリスマスまでに内側から輝くような肌になりたい……。大切なデートが迫る時期は、お手入れにも力が入りますね。
本来、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)には、20代で28日、30代で40日程度かかるといわれていますが、たとえ短期間でも正しくお手入れをすれば、きっと手応えを感じられるはず。
そこで今回は、2週間でうるおいたっぷりのツヤ肌をつくるスキンケアをご紹介します。

一に保湿、二に保湿!とにかく保湿を重視せよ

クリスマスに向けて美白に励もうとする方もいるかもしれませんが、2週間で手応えを感じるのは難しいでしょう。透明感アップを目指すなら、美白よりもとにかく“保湿”を重視してください。

スキンケアをする女性

水分をたっぷりと含んだ肌は内側から輝くような印象になります。乾燥にお悩みの方は、セラミドやヒアルロン酸など保湿力に優れた成分に注目を。これらの成分がメインで配合された美容液を取り入れてみてはいかがでしょうか。

「サラサラ→とろとろ→こっくり」の順で塗る

スキンケアはテクスチャーの軽いものから重いものの順で塗っていくのが鉄則。重い質感のものには油分が多く含まれているので、最初に使うと肌が水分を弾いて十分に保水できなくなってしまいます。

スキンケアをする女性

質感の目安としては、「サラサラ→とろとろ→こっくり」の順で塗ること。3つのテクスチャーを順に取り入れることによって、水分と油分の両方をきちんと補えるでしょう。
化粧水、美容液、クリームの3つがあると、スキンケアが充実しますよ。

ゴワつき肌には“一度だけ”角質ケアを

肌がゴワついて化粧水が浸透しにくい場合は、2週間スキンケアのはじめに角質ケアをしてみてください。酵素洗顔やピーリングなどは肌表面に残った古い角質を除去し、水分をたっぷり取り込めるようにしてくれます。

洗顔する女性

ただし、角質ケアのやりすぎは肌への負担になるので、できれば最初の一度だけにしておきたいところ。どうしてもゴワつきが気になる場合は、クリスマスの1週間前にもう一度だけしてみてください。トラブルの原因になることもあるので、デート直前は控えたほうが無難です。

パックは不要!?毎日惜しみなく保湿を与えるのが◎

「デート前にパックをすれば十分!」という方もいるかもしれません。ですが、一度きりの豪華なお手入れよりも毎日の入念な保湿ケアのほうがうるおいに差をつけます。
化粧水は手からこぼれるくらい贅沢に使いましょう。高いものをケチケチ使うよりも、お手頃なものを惜しみなく使ったほうが肌は満足します。美容液やクリームは規定量の1.5倍程度を目安にしてみてください。

スキンケアする女性

翌朝の肌状態を毎日チェックすると、自分のベストな量がわかるようになります。朝の肌に乾きを感じる場合は前日より増やしてみる、強いベタつきを感じたりニキビができたりする場合は減らしてみる。そんな工夫を重ねることで、自分のベストコンディションをつかめるようになりますよ。

美肌は1日にしてならず。毎日続けることが理想の肌への近道です。付け焼き刃のお手入れでは、たっぷりとしたツヤをもたらすことは難しいもの。クリスマスの接近戦にも耐えられるように、2週間スキンケアを試してみてくださいね。

ライタープロフィール

美容ライター・古賀令奈

ライター/エディター/コスメコンシェルジュ。美容をはじめヘルスケア、ライフスタイル、ビジネス、医療などの記事を大手企業のオウンドメディアにて多数執筆。コスメへの情熱は人一倍! みなさまにワクワクをお届けします。

【保有資格】

日本化粧品検定1級コスメコンシェルジュ

【あわせて読みたい】
超・乾燥シーズンにおすすめ◎うるおい肌をキープするアイテム5選
クリスマスまで1ヶ月!無理なく痩せるために守るべきこと3つ
韓国の人気アイドルが実践!「ハニーミルクパック」でうるツヤ肌に
ツヤが滲み出る!プロが現場で使う美肌マッサージ3ステップ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る