エステティシャン直伝!乾燥肌のケアメソッド

32696888_xxl-500x337-c163f9d8fc0e7c315f063f5a65c26bb736102eba

気温が下がって空気が冷たくなり、お肌の乾燥が気になる季節になりましたね。「乾燥している」と感じたら、その日のうちにケアすることがポイント! 

今回はエステティシャンである筆者がおこなっている“美肌を作る乾燥肌ケア”をご紹介します。

乾燥肌が気になる…まずはお肌を温めて!

女性に多いお悩みの「冷え性」。身体や手足が冷えることはもちろんですが、お顔も冷えています。

お顔が冷えると血行不良になり、肌のターンオーバーがスムーズにできなくなってしまいます。そうすると乾燥やくすみ、角質のゴワつきといった肌トラブルを招く原因になります。

さらに、それらを長い間放置するとシワの原因にもなりかねないので、お肌を冷やさないようにすることはとっても大切なのです! 

(1)入浴で身体の芯から温まる

入浴する女性

ついつい「面倒だから」「時間がないから」といってシャワーだけで済ませていませんか? 一日の終わりにゆっくりと湯船に浸かって身体の芯から温まることで血流がよくなります。

入浴している間に美容オイルでお顔のマッサージを取り入れると血流アップと角質の保湿ケアもできるので一石二鳥です。

(2)食べ物で内蔵を温めよう

スープを飲む女性

身体を冷やす原因の一つには「内臓の冷え」が関係しています。
食事の最初は温かいスープや飲み物から取り入れるようにして内蔵を温めましょう。また、蒸し野菜や身体を温める食材を積極的に取り入れるようにすると◎。

美容オイルや美容液を取り入れよう

帰宅すると顔がカサカサ、パキパキになっている。メイクノリがいまいち良くない、お肌から粉がふいている。そんな方におすすめの乾燥肌ケアをご紹介します。

(1)入浴中に美容オイルでお肌を優しくマッサージ

オイルでマッサージ

入浴中は身体が温まり血行が良くなるので、美容オイルでお肌を優しくマッサージしてあげましょう。角質が柔らかくなり、スキンケアの浸透力もアップする効果が期待できます。

使用するオイルは「ホホバオイル」や「アルガンオイル」がオススメ。お風呂から上がる時はオイルをサッと流してくださいね。

(2)化粧水&美容液で潤いチャージ

美容液で潤いチャージ

化粧水をたっぷり浸透させた後は、美容液でお肌に足りない潤いをチャージしましょう。「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プラセンタ」「EGF」といった美容成分が含まれる美容液がおすすめです。

美容液を持っていなければ、シートマスクで代用しても◎。その後は乳液、クリームもしっかりなじませましょう。

冬のスキンケアは、とにかく“たっぷり保湿すること”が重要です。寝る前にひどく乾燥する場合は、いつもよりスキンケアの量を増やしてみても良いでしょう。

いかがでしたか? お肌が乾燥する冬の季節は温める&潤わせることが最大のポイントです。しっかりケアして美肌をキープしましょう。ぜひ活用してみてくださいね。

ライタープロフィール

エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ

某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャルエステやボディマッサージ、ブライダルエステ、スキンケア講座なども開催。美容家、美容ライターとしても、数々の記事執筆など幅広く活動中。

【あわせて読みたい】
冬のツラい乾燥肌に!美容ライター厳選しっかり保湿アイテム3つ
冬でも乾かない女に!エステ講師が実践している乾燥肌対策5つ
食べるオイル美容!乾燥肌対策になるオイル2つと摂り方
超・乾燥シーズンにおすすめ◎うるおい肌をキープするアイテム5選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る