冬のテカりは乾燥が原因!? テカり防止のスキンケア術

34788193_m-500x355-6e44508ccf8a857a709088f60cb5178f48ca8350

寒い時期になっても、夕方になるとTゾーンやあご周りなどがテカる…とお悩みの方もいると思います。実はそのテカリ、「乾燥」が原因かもしれません。

そこで今回は、お肌のテカりを防止するスキンケアをエステティシャンである筆者がお教えします。

お肌がテカるのは乾燥が原因

「お肌がテカりやすい」「Tゾーンが脂っぽい」と感じる人の大半は「私は脂性肌」と思っている方が多い傾向にあります。

しかし、実はそのテカりの原因は「乾燥」によるもの。
お肌が乾燥して水分不足になると、お肌が自身を守ろうとして皮脂を過剰に分泌し、それがテカりの原因になるのです。

乾燥肌に悩む女性

特にTゾーンやあご周りは皮脂腺がたくさんあるため、テカりが目立ちやすいパーツ。

お肌は水分と油分のバランスを保ちながらコンディションを整えています。

水分量が少ないと水分のバランスを補うように皮脂が過剰に分泌されてしまうので、スキンケアでたっぷりと保湿ケアをおこない、水分と油分のバランスを整えてあげましょう。

クレンジングはジェルかミルクタイプがオススメ

クレンジングは「オイルタイプ」のものを使っているという方も多いのではないでしょうか? 

オイルタイプは濃いメイクや落ちにくいアイライナーやウォータープルーフのマスカラまでもサッと素早く落とせる強みもある反面、メイク汚れだけではなく、必要な皮脂やお肌の水分を取りすぎてしまうことも。

メイク落としをする女性

エステティシャンの筆者がオススメするクレンジングは、「ジェルタイプ」か「ミルクタイプ」。

ジェルタイプは水分で出来ているので、メイク汚れに密着して浮かせることができ、ミルクタイプはメイクに乳化しながら落とすので、過剰に水分や皮脂を奪わずにメイクを落とすことができます。

スキンケアは念入りに

テカりや脂っぽい肌を気にされている方の多くは、スキンケアをサッと終わらせてしまう方が多い傾向があります。

テクスチャーはさっぱりタイプ・しっとりタイプなどお好みの方を選ばれて良いのですが、化粧水をコットンにたっぷりとり、お顔全体になじませ、それを2〜3回は繰り返してたっぷりとなじませることが大事です。

スキンケアをする女性

テカりやすいお鼻回りやあご周りは、コットンパックをして2〜3分置くのも良し。
保湿タイプの美容液やシートマスクをプラスしてもいいですね。

その後は乳液、クリームを手のひらで包み込むようになじませて!

毛穴パックをやりすぎない

「テカりが気になる=毛穴」に直結し、剥がすタイプの毛穴パックをする方も多いのですが、汚れをパックで剥がしても、アフターケアの保湿が足りていないと、かえって毛穴が開いたまま乾燥してテカりが目立つという悪循環も。

毛穴パックをしている女性

鼻のテカりが気になる場合は、毛穴パックの代わりにコットンに化粧水をたっぷりとなじませてテカりの部分に乗せて保湿することをオススメします。

いかがでしたか? お肌がテカる……なんて時は、化粧水の量を増やし、保湿をたっぷり行うことでテカりが改善されることもあります。ぜひ取り入れてみてくださいね。

ライタープロフィール

エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ

某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャルエステやボディマッサージ、ブライダルエステ、スキンケア講座なども開催。美容家、美容ライターとしても、数々の記事執筆など幅広く活動中。

【あわせて読みたい】
冬のツラい乾燥肌に!美容ライター厳選しっかり保湿アイテム3つ
冬でも乾かない女に!エステ講師が実践している乾燥肌対策5つ
食べるオイル美容!乾燥肌対策になるオイル2つと摂り方
乾燥しているのに小鼻はベタベタ!テカりを招くNG行動

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る