初デートで即アウト!男が「ゴチ当然の態度」より引く女の振る舞い1位は

Fotolia_105322151_Subscription_Monthly_M-20160819145925-620x412-e8f0d0057aba34094ed9c7412237e8cc4eb807f3

気になる男性との初デートの日には、いつもよりも気合いを入れて身支度を整える女性も少なくないはず。メイクやファッションを「彼はどれが好きかなー」と考えながら選ぶのってワクワクしますよね。

ですが、どんなに身なりを整えていても初デートのレストランシーンでダメな振る舞いをしてしまったら、ラブは始まることなく終わってしまうもの……。男性は、外見だけでなく言動だってしっかりチェックしているようです。

そこで今回は、オープンテーブルが832名に実施したリサーチ結果をもとに、初デートで「この女性はナイな」と思われちゃうNG振る舞いワースト3をご紹介しましょう。

■ワースト3位:食事中のスマホ

同調査で男性に“過去にデートをした相手に対して残念だという印象を抱いたこと”を調査してみると、ワースト3位には12.0%が選んだ「食事中に携帯電話を利用したこと」がランクイン。

食事のときにスマホを触らないのは最低限なマナーのはず。仕事の連絡が来てやむをえないのであれば、お化粧室でかけ直すなどの配慮が求められます。ましてや、食事の最中にSNSチェックなんてもってのほか!といえそう。

食事中にスマホを使うのは、初デートでワクワクしている男性の期待をぶち壊す行為になってしまうんですね。

■ワースト2位:ゴチってもらって当たり前

続いて、同ランキングでワースト2位になっていたのが13.7%が選んだ「おごってもらって当然という態度をとられたこと」でした。

デートに誘ってきたのが男性の場合、基本的にはおごってくれるケースが多いものの、「当たり前」という顔をしていると幻滅されてしまう傾向も……。

ご馳走してくれることがわかっていても、お財布を出すそぶりをしたり「お金はどうしたらいいですか?」とひと言添えるなどの配慮が必要です。

せっかくイイ雰囲気になっていたのに、最後の最後で幻滅されちゃうなんて、初デートなのにもったいないですよね。

■ワースト1位:食べ方が汚い・悪い

そして、同ランキングでワースト1位になっていたのが15.6%が選んだ「食べ方が汚かった・悪かったこと」です。

イソイソと初デートに臨んだのに、予想外に食べ方の汚い女性を目の当たりにしてしまったら、その時点で淡い恋ゴコロが冷めちゃう男性も少なくないのです……。

音を立てて食べない、正しいお箸の持ち方を徹底する……などなど、食事マナーの徹底がラブ成就の秘訣ですよ。

今回の調査は、“現在のパートナー以外の過去にデートをした相手に対して残念だという印象を抱いたこと”を調べた結果。つまり、過去のデートで「これは、ないでしょ」と男が感じ、交際に至らなかった女性がやってしまっていた行為とも読み取れます。

初デートで幻滅させてしまえば次のデートはない可能性が高いですし、改めてモテ女のマナーを徹底したいですよね。

【関連記事】

※ 言った瞬間…彼が凍る!「男が大嫌いな」女の興ざめフレーズ4連発

※ ヤバッ…私も?滝汗にブラ紐「電車内の残念姿女子」あるある4パターン

※ 彼と待ち合わせ5分前の…彼女の秘密!夏も「涼しい外見」を保つテク

※ 3位タバコ、2位言葉遣いより!男性が即「品がない判定」する1位は…

※ 男って勝手!でも知っておこう「男が見た目可愛い系に抱く」幻想3選

【おすすめ記事(PR)】

Over30必見!朝晩塗るだけ…幹細胞に着目した「美容界の神コスメ」とは

肌老化をストップ…30才以上の女性必見!新発想スキンケア「隠れ炎症鎮め」とは

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【参考】

つきあう前の初めてのレストランデート意識実態調査 – オープンテーブル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る