3週間で-8.8kgも!西山茉希が激ヤセした「大根おろしダイエット」とは

20160818kido01-20160818031059-cca88f82e06dee70a2f90d681dd19cb263e3c850

「実は、昔太ってました……!」-24kgのダイエットに成功したダレノガレ明美を始め、芸能人やモデルたちの元おデブカミングアウトに驚かされているのは、筆者だけではないはず。

どうせ厳しい食事制限にエステ通いでしょ?と思いきや……大根おろしで痩せられるというから驚き!

夏の間にダイエットの必要性を感じた人にもオススメ。今回は、西山茉希もかつて激ヤセしたという“大根おろしダイエット”をご紹介します。

■体重60kgから体脂肪率5%に…!どん底からのダイエット

昨年放送されたテレビ番組『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)の「昔太ってました美女」のコーナーに登場したのは、元『CanCam』モデルであり、2児の母となった現在も抜群のプロポーションを誇るモデル・西山茉希。なんと彼女のMAX体重は、168cm47kgのいまより13kg以上も多い、60kgオーバーだったそう。

そこから努力の末ダイエットに成功し、見事モデルデビューを果たしたものの、西山茉希を待ち受けていたのは厳しい現実。体型を気にするあまり、体脂肪率は5%以下に、ガム1粒のカロリーさえも気にしてしまう状況に。

そんな西山茉希が辿り着いたのが、ラクして健康的に痩せること。一体、そのダイエット法とはどのようなものなのでしょうか?

■消化促進&便秘に効果絶大…!“大根おろしダイエット”

西山茉希だけでなく、プロポーション・ドクターの蓮水カノンさんもダイエットに成功したというのが、“大根おろしダイエット”です。

実は、生大根には“アミラーゼ”という消化酵素が多く含まれており、炭水化物の消化を促進し、便秘を解消してくれる効果が! さらに、胃腸の働きを整える食物繊維も豊富。酵素と食物繊維のW効果で、お腹の中からスッキリきれいへと導いてくれるのです。

ポイントは、あくまでも生であること。火を通してしまうと酵素が破壊され、アミラーゼの働きが弱くなってしまいます。

そこで蓮水カノンさんが推奨するのが、“生大根をすって、汁ごと食べる”という方法。1回の食事時に摂取する大根の目安量は、輪切り約1cm分です。

とはいえ、生の大根を汁ごと食べるというのは、苦みや辛さが気になり、なかなか食すのが難しいですよね。そこでおススメなのが、りんご4分の1を皮ごとすりおろし、大根に加えるというもの。苦味が消えて、美味しく食べやすくなります。ただし、りんごは糖分が多いため、入れすぎにはご注意を!

■3週間-8.8kg痩せ!スゴすぎるダイエット結果は…

番組内では、お笑い芸人・まぁこが大根おろしダイエットと、『美レンジャー』でも以前ご紹介した「冬に蓄えた脂肪とおサラバ!あの食品を“温めるだけ”で劇的痩せに」のホットヨーグルトのWダイエットに挑戦。

気になる食事メニューは、朝はコンビニおにぎり2個に大根おろし、昼は天ぷらそばに、おにぎり2個と大根おろし、夜は豚炭火焼丼に大根おろしと、炭水化物のオンパレード。加えて、毎夕食時にホットヨーグルトを食べるという生活を、3週間続けたそう。

その結果、たったの3週間で体重は-8.8kg減、ウエストは-16cmダウンというから驚き! さらに、週1~2回だった便秘が解消され、毎日お通じがスムーズにくるようになったとか!

大根を加えるだけでダイエットになるとは嬉しい限り。早速今日から試してみてくださいね。

【関連記事】

渡辺直美は-5kg!ストンと痩せる「低糖質なお助けおやつ」4つ

※ 大根おろしヨーグルトが話題!ダイエット&便秘解消に驚異の底力

2位炭水化物を減らすより!「効果があったダイエット」驚き1位は…

2週間で-4.7kg!「レンチン梅干し3個で痩せる」過去最強ダイエット

【おすすめ記事(PR)】

Over30必見!朝晩塗るだけ…幹細胞に着目した「美容界の神コスメ」とは

肌老化をストップ…30才以上の女性必見!新発想スキンケア「隠れ炎症鎮め」とは

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ 肩コリも女性らしさも解決!魅力的なオトナが心得る「脱力」テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る