忙しくても帰りが遅くても、キレイをキープするコツ3つ

51686401_m-500x334-740c567a15839aeef0337752151d1df220f9135c

仕事が忙しく、帰宅するともう夜中。スキンケアする気力がないくらい疲労がたまっていて、時にはメイクを落とさずに眠ってしまう……
日々忙しく過ごす女性の中には、そういった方もいらっしゃると思います。

でも忙しい日々を送っていても、キレイでいたいのが女心。そこで今回はそんな忙しい人でも実践できる美をキープするコツをご紹介します。

(1)どんなに疲れていてもメイクは絶対に落とす

クレンジングをする女性

帰宅時間が遅くなると、ついそのままベッドにダイブして、起きたら朝……なんてことはありませんか?

メイクをしたまま寝てしまうと、1日中お肌につけっぱなしのメイク汚れや外気の汚れがどんどん酸化し、肌乾燥やくすみ、ニキビ、黒ずみなどの原因となります。

どんなに疲れていても、必ずメイクは落としてから寝ましょう。洗面所まで行くのもツラい……なんて人はメイク落としシートを枕元に置いておくと便利です。

(2)ミスト化粧水を使って時短美容!

スキンケアをする女性

顔も洗ってシャワーも浴びたし、いち早く寝たい! でもそのまま寝たら、翌朝の肌状態が悲惨なことになる恐れも。

そんな一刻も早く寝たい時のお風呂後のスキンケアは「ミスト化粧水」を活用してみて。

ミスト化粧水を日中の乾燥対策として使っている方も多いですが、お風呂上がりですぐに寝たい時の緊急保湿対策の化粧水としても便利です。

ポイントは「10プッシュ」は使うこと。手に取って、お肌にしっかりとなじませる工程を省くので、5プッシュ程度だと水分量が足りません。

お顔全体にまんべんなくスプレーを吹き付けましょう。

(3)シートマスクをデイリー使いする

マスクをする女性

ミスト化粧水を使用した後は、プチプラのものでもいいので、シートマスクを使用しましょう。

乾燥が気になる時は、「潤い」や「保湿」タイプのものを、黒ずみやニキビが気になる場合は、「ビタミン系」や「美白」タイプのものを、シワやたるみが気になる場合は、「エイジング」タイプのものを選び、2日に1度のペースで使用するのがオススメです。

長時間貼ると逆にお肌が乾燥してしまうので、メーカーの推奨時間をすぎないように注意しましょう。

ながらストレッチで体を動かす

ストレッチをする女性

わざわざストレッチやエクササイズの時間を設けるのは難しいので、ながらストレッチやエクササイズを意識的に取り入れましょう。

歯磨きをしながら、つま先立ちになってふくらはぎの筋肉を伸ばすよう意識したり、壁に片手をつけて片足ずつ後ろに持ち上げてみたりしてみましょう。脚痩せ効果やヒップアップ効果が期待できますよ。

また、高い場所の掃除をしながら腕を伸ばすのも高いストレッチ効果が得られます。入浴中に脚をまっすぐ伸ばして少し高い位置に持ち上げて、V字バランスの体勢を作ったりするのもオススメです。

特別に時間を取らずとも、ながらエクササイズでシェイプアップを叶えて。

毎日忙しく過ごしていて、美容よりも休息や睡眠を優先している人も多いかと思います。もちろんどちらもとても大切なことではありますが、上記の時短美容法を習慣化させるだけでも、美意識がグンと高まるので、きっと美をキープすることができるはずです。

仕事に追われて美容の時間が確保できないとお悩みの人は、ぜひ試してみてくださいね。

ライタープロフィール

エステサロン プライベートサロン Laule’a 代表・寒川あゆみ

某エステティックサロンにて勤務を経て、現在、大阪 谷町九丁目 private salon Laule’aを運営。フェイシャルエステやボディマッサージ、ブライダルエステ、スキンケア講座なども開催。美容家、美容ライターとしても、数々の記事執筆など幅広く活動中。

【あわせて読みたい】
【#美金 vol.52】時間がなくてもキレイと可愛いを叶える時短コスメ4つ
時短とキレイを両立!「スキンケア × 化粧下地」コスメ3選
忙しい朝にマスト!手抜きに見えない3分でできる超時短メイク
ヘアメイクが実践!忙しい人のための「ながら&時短」美容術

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る