どんより紫になっていない?唇の色くすみの原因と解消法

14828B57-F253-4FD2-8144-A797CAF9DAC4-500x333-cc4a58a81c3a4b3eacbe7f7a966faa038c88dc31

顔の中心にあって動きが多い唇は、人の印象を大きく左右するパーツの一つです。

健康な状態だとツヤとハリのある薄ピンク色をしている唇ですが、色くすみに悩んでいる方も多いのでは。

どんより紫色の唇だとリップの色ノリも悪く、少し不健康そうに見えてしまいますよね。

そこで今回は、唇のくすみの原因と解消法をご紹介します。いつでも女性らしい口元をキープするために、チェックして!

どんより唇の原因って?

唇くすみをチェックする女性

唇のどんよりくすみの原因は大きく分けて

・体の巡りが悪くなり、血行不良の状態

・余分な角質や、落としきれていないメイクなどの汚れ

といわれています。

唇は皮膚が薄く、血管の色が透けやすい部分。

体の冷えやストレス、喫煙などで血行が悪くなってしまうと、体の隅々まで血液が行き渡らずに唇の色にも反映されてしまいます。

また、ターンオーバーが上手くいかずに余分な角質が溜まってしまったり、メイクなどが落としきれていないと汚れによって黒ずんで見えてしまうことがあります。

唇のくすみ解消方法

湯船に浸かる習慣をつくる

お風呂に入る女性

面倒だから……と、シャワーだけでお風呂を済ませていませんか? 

血流の改善には湯船につかることが効果的。毎日5分でもいいので湯船につかる習慣をつくりましょう。

暴飲暴食を控える

お酒を飲む女性

食べ過ぎや過度の飲酒などで内臓に負担がかかると、唇が荒れやすくなるので唇くすみの原因のひとつになる可能性が。

イベントが多い冬ですが、食事をするときは腹八分めを意識して、お酒もほどほどにしてあげましょう。

冷たい食べ物を控える

アイスを食べる女性

寒いから……といくら厚着をしていても、冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎは「内臓の冷え」につながってしまいます。

カフェなどでは氷入りの冷たいドリンクではなく、ホットドリンクで内臓を温めてあげましょう。

リップクリームでしっかり保湿

リップを塗る女性

唇のターンオーバーを乱す原因の一つが「乾燥」です。

唇は皮脂腺がないため、自ら皮脂をだして潤わすことが難しい箇所。

こまめにリップクリームを塗ることで乾燥を防ぎましょう。

リップメイクはポイントリムーバーで

リップを塗る女性

せっかくきれいにリップメイクをしても、しっかり落としきれていないと黒ずんで見える原因になってしまいます。

着色が強いリップメイクアイテムは、専用のポイントリムーバーでオフをするのが正解です。

ぷるんと潤った唇

ぷるんと潤いがあってピンク色の唇は、あなたの魅力をさらにアップさせる鍵に。

余分な汚れをしっかり落として血行を良くすることで、どんよりくすみ唇とおさらば出来るはず。

今日から出来る簡単なことを、まずは試してみてくださいね。

ライタープロフィール

韓国美容ライター・岡添 渚

元エステティシャン。栄養士・調理師免許を持つ母の元、幼少期から『医食同源』の考えを教わる。韓国美容や東洋医学等に関心を持ち、単身渡韓。現地メディア会社でライターとして就業したのち日本に帰国。

【保有資格】

JCLA 日本化粧品検定協会 日本化粧品検定1級/日本安全食料料理協会 漢方コーディネーター/日本安全食料料理協会 薬膳調整師/大韓天然デザイン協会 ソイフラワーワックス認定講師/大韓天然デザイン協会 ソイPワックス認定講師/JSAアイシングクッキー認定講師

【あわせて読みたい】
角質ケアのやりすぎは逆効果!乾燥肌をまねく4つのNG習慣
乾燥しがちな冬の唇に。ふっくら唇を叶える極上ルージュ2つ #プレミアムコスメ
唇の乾燥対策に!自宅で簡単にできるリップパックケア
唇のカサカサは水分不足が原因!?水分摂取のポイント3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

【参考】
唇のくすみ – オラクル美容皮膚科

薬日本堂 監修(2016)『日本漢方養生学協会認定 改訂版 薬膳・漢方検定公式テキスト』(実業之日本社)

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る