萎えるぜ!「男がチラ見で勘弁」女の手抜きパーツ2位ワキ毛、1位は

shutterstock_200283032-20160823175921-feff12a65955948366c4dd23ee15b990ebf20249

少しだけ気を抜いた瞬間の姿に、男性の視線が注がれていたとしたら……。せっかく順調だったラブにも、暗雲が立ち込めてしまいそうでコワイですよね。

どんなに日頃の美意識を高めていても、いつも完璧でいられるとは限りません。ダメな姿をカレにさらしてしまうことだってありえるのがリアルな話。男性が「うわっ」と思うダメ姿だけは晒さないようにしておきたいのが乙女ゴコロなのでは?

そこで今回は、『美レンジャー』が500名の男性に行った独自リサーチ結果をもとに、男性が「見てはいけないものを見ちゃったよ……」と感じてしまう、イタすぎるパーツのワースト3をご紹介します。

■ワースト3位:笑ったときの黄ばんだ歯

ちょっとヤバめなパーツの状態を10個挙げ「“見てはいけないものを見てしまった“と気持ちが萎えてしまう女性のパーツを選んでください」と複数回答で聞いてみたところ、14.0%が選びワースト3位になっていたのが「笑ったときに見えた歯の黄ばみ」でした。

メイクも完璧で楚々とした美しい女性だと思っていたのに、ニコッと笑顔を向けられた瞬間に歯の黄ばみに気づいてしまうと、ゲンナリ感を抱く男性は意外と少なくありません。

洗面所が暗いと黄ばみに気づきにくいので、定期的な明るい場所でのチェックを忘れずにいたいですね。

■ワースト2位:チラ見えしちゃったワキ毛

続いて、同ランキングでワースト2位になったのが17.0%が選んだ「半袖やノースリーブから見えたワキ毛」でした。

夏は露出が増えますからムダ毛ケアに余念がなかった女子も多いはずですが、秋になるにつれおろそかになりやすいパーツでもあります。

今年も残暑が厳しそうですし、カーデの下に半袖を着る女性だって多いはず。チラリと見えたムダ毛で幻滅をされないためには、季節を問わずに入念なケアが必要です。

■ワースト1位:本人が気付いていない鼻毛

そして、同ランキングでダントツの27.2%が選びワースト1位になっているのが「本人が気づいていない鼻毛」でした。

朝、鏡を見ながら身支度を整えた時には生えていなかったはず……。それでも、いつの間にかニョロリと出ている鼻毛は、本気で女子泣かせな存在ですよね。

見つけてしまった男としても、指摘するのも気が引けて「うわぁ…見ちゃったよ、俺……」と、やるせない気持ちになっているようです。

こまめな鼻毛カットと、入念な鏡チェックを欠かさないのが何よりの対策ですね。

せっかくの美女から“見てはいけないもの”がお目見えしてしまえば、男性の幻滅は必至ですけれど、いかがですか?

全方位余念のないケアを怠らないよう、本気で気をつけたいですよね。

【関連記事】

※ 1位タバコに肉薄!男がグッと我慢「本当は彼女に言いたい事」2位は…

※ いびきと同率1位が…ヤバイ!男が「お泊まりで冷める行為」ワースト3

※ ヤバッ…私も?滝汗にブラ紐「電車内の残念姿女子」あるある4パターン

※ 強烈臭をぶっ放つ「足のニオイ」を防げ!パーフェクト夜ケア3か条

※ ピンクはあの寒色と!新鮮可愛い「アイシャドウの組み合わせ」3つ

【おすすめ記事(PR)】

Over30必見!朝晩塗るだけ…幹細胞に着目した「美容界の神コスメ」とは

肌老化をストップ…30才以上の女性必見!新発想スキンケア「隠れ炎症鎮め」とは

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ 家事分担に不満…!「夫婦の話し合いでルール化」が失敗する意外な理由

【画像】

※ misfire_asia / Shutterstock

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る