注目のアイテム『クレンジングクリーム』の効果と選び方

62925184_m-500x333-b4bad44576f1e313ef5bdae373830733d652eeb9

みなさんは、クレンジングにはなにを使っていますか? クレンジングと一言でいっても、オイル・ジェル・バーム・クリーム…と種類はさまざまです。

数あるクレンジングの中でも、最近注目されているのが『クレンジングクリーム』。

聞いたことはあるけど、お肌にとってどんなメリットがあるのかよく知らない……という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クレンジングクリームの特徴や魅力、どういった人にオススメかなど、詳しくご紹介したいと思います。

クレンジングクリームの特徴

クレンジングにはさまざまな種類がありますが、クレンジングクリームは比較的洗浄力やお肌への負担が低いタイプの洗顔料といえます。

洗浄力が高くないとはいえ、かなり濃いメイクでない限りメイクをオフすることは可能です。

お肌への負担が少ないだけでなく、クレンジングクリームの最もうれしい特徴は保湿効果が高いところ。洗顔後につっぱりを感じることがほとんどなく、しっとりした洗いあがりを実感できます。

クレンジングクリームの種類と成分

クレンジングクリームは、拭き取りタイプと洗い流すタイプの2種類があります。

クレンジングクリーム

また、ほとんどのクレンジングクリームには保湿成分が配合されており、ミツロウなど比較的肌に優しい天然由来の保湿成分が配合されているものが多いように思われます。

クレンジングクリームが適している肌タイプ

他のタイプの洗顔料に比べても、幅広い肌質に対して活躍するクリームクレンジング。洗浄力がありながら保湿力が高いため、乾燥肌の方には特にぴったりのアイテムです。

乾燥したお肌は少しの刺激でも反応してしまい、肌トラブルを起こしやすい状態。
なるべくダメージを与えないよう、メイクオフにかける時間を減らしたいですよね。

鏡をみて肌をチェックする女性

とはいえクレンジングをササっと済ませてメイク汚れが残ってしまっても、かえって肌トラブルの原因になってしまいます。

だからこそ、メイクオフに時間がかけずにすむしっかりとした洗浄力があり、その上保湿までしてくれるクリームクレンジングは、乾燥肌に効果的といえるのです。

また、クレンジングクリームは乾燥肌と真逆の油脂性の肌にもおすすめです。

ニキビに悩む女性

皮脂分泌が過剰な脂性肌は、もともとの体質や間違ったスキンケアが原因でお肌の潤いが不足し、過剰な皮脂分泌が起こってしまうことがあります。
きちんと保湿をすることで過剰な皮脂分泌が改善に繋がる場合もあるので、脂性肌でお悩みの方はぜひ一度試されてはいかがでしょうか。

大人特有の肌悩みについて

大人になると、さまざまな肌トラブルが女性を悩ませるもの。

例えば、夕方にふと鏡を覗き込んで気づく目元の小じわや肌のくすみ。大人女性の肌悩みとしてよく挙げられるこちらの肌トラブルも、実は乾燥が大きく影響しています。
小じわやくすみ以外にも、乾燥が原因で肌トラブルが起きてしまうケースは非常に多いのです。

たるみが気になる女性

だからこそ、クレンジングをはじめ日々のスキンケアの中でしっかりと保湿を意識できているかどうかが、肌悩みの予防や改善に繋がる大切なポイントになってきます。

クレンジングクリームの使い方とクレンジング後のスキンケア

クレンジングクリームの使い方について、先ほどご紹介した拭き取りタイプと洗い流すタイプの2種類に分けて解説していきます。

また、美肌に繋がるポイントとなるクレンジング後のスキンケアについてもご紹介します。

拭き取りタイプ

乾いた手にクレンジングクリームを適量とり、少し手のひらで温めてから優しくマッサージするようにお肌になじませます。適量がわかりにくければ、500円玉くらいを目安にしてみてください。

マッサージとはいえ、お肌を擦るほど強いマッサージではなくゆっくりとお肌の上をすべらせるようなイメージで行いましょう。

強くマッサージを行うとお肌に刺激を与えてしまい肌トラブルの原因にもなるため、注意が必要です。

クレンジングクリームがメイク汚れなどとなじんで、オイルのような軽いテクスチャーになったら拭き取りの合図。ホットタオルやコットン、またはティッシュなどを使って拭き取っていきましょう。

クレンジングを拭き取る女性

この中でおすすめしたいのはホットタオル。お肌の表面を温めて柔らかくすることにより、メイク汚れもよりしっかりオフすることができますよ。

また拭き取る際も強く擦らず優しくオフするようにしてくださいね。

洗い流すタイプ

洗い流すタイプについても、乾いた手にクレンジングクリームを適量とり、少し手のひらで温めてから優しくマッサージするようにお肌になじませます。

こちらのタイプも拭き取りタイプ同様、力加減には注意して摩擦などの刺激を与えないよう、優しくお肌のうえを滑らせるようなイメージで行うことがポイントです。

クレンジングクリームがメイク汚れとなじみ、指のすべりが良くなりオイルのようなテクスチャーとなったら洗い流すタイミングの合図。
ぬるま湯でしっかりすすいで洗い流しましょう。

クレンジングを洗い流す女性

注意してほしいことは高温すぎるお湯で洗い流さないこと。

水温が高すぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあるため、お肌の乾燥を引き起こしかねません。

ぬるま湯の温度は、大体人肌より少し低めくらいが最適といえるでしょう。

クレンジング後のスキンケア

メイク汚れなどをクレンジングによってオフした後は、スキンケアアイテムを使用してしっかり保湿を行いましょう。

クレンジングクリームは保湿力が高いとはいえ、お肌の乾燥は時間の経過とともに加速していきます。

コットン派の方、手でつける方、どちらもいると思いますが、筆者は手を使って直接つける方法がおすすめします。

手のひらに化粧水を適量とり、両手になじませお顔全体を覆います。

スキンケアをする女性

手のひらとお顔全体のお肌を密着させる、ハンドプレスという方法でしっかりなじませていきましょう。

化粧水は数回重ね付けすると、より保湿効果をアップさせることに繋がりますよ。

化粧水の後はうるおいを逃がさないよう素早くクリームでフタをしましょう。最近は化粧水、クリームだけのシンプルなスキンケアが見直されており、この2ステップでも保湿は十分。

もちろんお肌の状態に合わせて美容液や乳液、ナイトクリームなどをプラスさせるのも効果的だと思います。

クレンジングクリームの選び方

乾燥がかなり気になる場合や、なるべくお肌への負担を最小限にしたクレンジングをしたいという場合は、拭き取りタイプがおすすめ。

洗い流すタイプのクレンジングクリームには洗い流しやすくするための界面活性剤がプラスされているため、拭き取りタイプの方がお肌に優しい処方となっているからです。

クリームクレンジング

ただ、お肌に優しいからとはいえ、拭き取るときにゴシゴシと強く拭き取らないよう気を付けたり、汚れを残さないよう丁寧に取り除く必要があります。

さらに拭き取ったあとに洗顔をする必要もあるため、手間が少し増えてしまうところがウィークポイントです。

乾燥が気になるけれど洗顔の工程が増えるのが面倒だと感じる場合は、洗い流すタイプがおすすめです。

拭き取りタイプの方がお肌に優しいとはいえ、強く擦ってお肌にダメージを与えてしまうと逆効果。
そこまで乾燥が気にならず、拭き取る工程を面倒に感じたり、丁寧に行う自信がないという方は、洗い流すタイプを選ぶと良いかもしれませんね。

自分の肌にあわせて適切なケアを

今回は、最近注目されつつあるクレンジングクリームについて詳しくご紹介しました。

アイテムの特徴を知り、お肌の状態に合わせた適切なケアができるようになれば、肌トラブルを未然に防いだり、お肌をより美しく保つことに繋がりますよ。

クレンジングクリームについても、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(美容ライター/杉本 由美)

【あわせて読みたい】
角質ケアのやりすぎは逆効果!乾燥肌をまねく4つのNG習慣
役立つクレンジング辞典!全タイプと使用感をご紹介
スキンケアは化粧落としから!美肌クレンジングのポイント
勘違いは“汚肌”のもと!「クレンジング不要」コスメの注意点

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る