塗って剥がせば…美眉が消えない!? 衝撃の「眉ティント」を試してみた

image-20160818175551-65ed62334f20abcf18b474a3cb545003d18895f8

家事に育児に忙しいと、すっぴんのまま一日を過ごし、ついつい家の中では“女”であることを忘れてしまうかもしれません。今回はそんな忙しいママにこそオススメな、いつでも簡単に綺麗な姿でいられる魔法のメイク道具を発見!

そのアイテムとは、塗って剥がすだけという話題のコスメ“眉ティント”です! 子供が生まれたばかりのママ女優である番場彩稀さんに教えて頂いた、一度塗れば洗顔しても一週間ほど落ちないという噂の眉ティントとは?

■塗って剥がすだけの“眉ティント”を使ってみよう

それでは実際に番場さんに眉ティントを使って頂きましょう。

(1)すっぴん眉毛の汗や油分をしっかりふきとってから、好きな眉の形に液を塗る(冒頭の写真参照)

(2)しっかり乾いた状態で、剥がせば完成

このように行程は極めて簡単ですね。番場さんによると「剥がすときに一気に剥がしやすいよう、厚めに塗りました。液ダレはしないけれど、乾きやすいから手早く塗るのがポイント。特に毛がある部分は厚めに塗ったほうが均一に染まる気がします」とのこと。

今回、番場さんは、表記されていた乾燥時間の目安よりも大幅に長い4時間も放置して、しっかり乾かしたそう。

「塗るときは涼しい部屋でやることがオススメです。乾かしてる最中に汗だくになると思うように乾燥できず、汗ですぐに落ちてしまうので気をつけてくださいね。私は汗っかきなので、長い時間をかけて乾燥させました」(番場さん)

このように個人差があるので、試しながらコツを掴むと良さそう。そして乾燥したところで剥がすと……。

「シールのように綺麗に剥がれていくのが気持ち良い!塗り始めは染まりすぎたらどうしようと不安になってドキドキするけれど、剥がしてみたらとってもナチュラルな仕上がりに感動しました」と番場さん。

これはすっぴんが楽チンになり、何より毎朝のメイク時間も凄く時短できるので、ママにはもちろん、働く女性にも嬉しいアイテムですね。

「暑い日は汗で眉メイクが崩れやすいのが悩みという方も、眉ティントがあれば大丈夫。プールなどのレジャーや温泉などにも最適でしょう」と話す番場さん。

■眉ティントをして3日後…

「洗顔のときにメイク落としでゴシゴシしても、油分を含んだクリームで顔の保湿をしたりしても、何も問題なし!今のところしっかり眉毛が残っています。近所の買い物も、すっぴんで外出できるほど眉はバッチリ」と嬉しそうに話す番場さん。

数日経っても眉ティントは残っているようですね。寝起きに鏡を見て、眉毛があるだけでやる気も出るはず。番場さんによれば元から眉毛が薄い人にも良さそうとのことでした。

番場さんのようなママたちにも、働き盛りで朝の時間が貴重な女性にも、オススメしたい“眉ティント”はまさに魔法のアイテムですね。塗って乾かすまでの行程は少しインパクトが強いビジュアルになってしまうので、旦那さんが外出しているときなどにコッソリ作業するとよいかも!?

【関連記事】

※ メイク下手さんは何使うべき?目元印象アップ「アイライナー」の選び方

※ プレストとルースの違い…分かる?今さら聞けない「パウダー」豆知識

※ キノコブラシにスプレーメイク!NYで発見「最新コスメトレンド」4選

※ 一塗りで旬の「濡れまぶた」に!使い心地にハマる3選【プチプラ編】

※ これで失敗ナシ!くるんと理想のまつ毛になる「ビューラー」の使い方

【おすすめ記事(PR)】

Over30必見!朝晩塗るだけ…幹細胞に着目した「美容界の神コスメ」とは

肌老化をストップ…30才以上の女性必見!新発想スキンケア「隠れ炎症鎮め」とは

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ 彼女を選んでよかった!「夫からずーっと愛される」妻の特徴5つ

【取材協力】

番場彩稀・・・子供が生まれたばかりのママ女優。新米ママとして自身のモテテクや子育てテクニックなどを『モデルプレスTV』(ひかりTV)毎週土曜12時〜13時にCUGとしてレギュラー発信中。また愛用中のカメラNikon(d5300)で撮影した写真も随時インスタTwitterで公開中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る