むくみやシミ予防、胃腸ケアに◎大根を使った簡単サラダレシピ

39243037_m-500x333-159acfc51b290c4b90776cc7222db607d9dd073e

ひとり暮らしだと、1/2本で買ってもついつい冷蔵庫で余りがちな大根。なかなか使い切れず、気が付くと腐らせてしまった……という経験、ありませんか?

まだ旬のおいしいさを楽しめる大根をせっかく買ったならおいしく、無駄なく食べきりたいですよね。そこで今回は、そんな大根の美容に嬉しい栄養ポイントと、簡単に作れるサラダレシピをインナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

むくみ予防に嬉しい大根の栄養

大根には細胞内の余分なナトリウムを排出するカリウムが豊富です。細胞内の水分量を一定に保とうとするため、むくみや高血圧予防に効果が期待されています。

美肌作りに嬉しい大根の栄養

大根には美肌作りに欠かせないビタミンCも豊富です。ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする他、メラニン色素の沈着を防ぐ働きも期待されています。春先から一気に紫外線は強くなります。シミ・ソバカスのインナーケアにビタミンC豊富な食材は欠かせません。

胃腸の働きにも嬉しい大根の栄養

大根には食物繊維も豊富なため、便秘がちな腸の環境を整えたい時にもおススメです。また大根に含まれるジアスターゼという酵素は消化を助ける働きが。ジアスターゼは熱に弱いので、サラダや大根おろしなど生食で頂くのがおススメです。

アレンジ自在!大根とベビーリーフの簡単サラダ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life &BeautyRepor

<材料> 約2人分

・ベビーリーフ 1袋

・大根 1/8本

・ピンクペッパー(あれば) 少々

-A- ドレッシング

・EXVオリーブオイル 大さじ1

・白ワインビネガー 大さじ1/2

・塩 少々

・ブラックペッパー 少々

<作り方>

1. 大根は皮を剥き約0.5cm幅のマッチ棒状に切る。

2. ベビーリーフはよく洗い水気をよく切る。

3. Aを合わせてよく混ぜドレッシングを作る。

4. 全体をよく和えればできあがり!

あればピンクペッパーをトッピングすると可愛らしい仕上がりに。

<料理のポイント>

(1)ドレッシングは食べる直前に回しかけるのではなく、食べる少し前に全体に和えておくことで、ムラのない味わいに。
和えてから長時間おくとしんなりしすぎてしまうので、食べる10分前くらいに和えるのがおススメ。

(2)葉野菜の水分をしっかりと切っておくことでドレッシングがよく絡みます。

(3)お好みで生ハムやツナ缶などを和えておかずサラダにしても◎

(4)ピンクペッパーをトッピングすれば、おもてなしにもピッタリな華やかな仕上がりに。

いかがでしたか? 少ない材料で作るサラダは、忙しい朝や夜でもささっと完成。シンプルなのでアレンジしやすいのも嬉しいポイント。

生ハムやチーズ、ツナ缶などはもちろん、余りがちなイタリアンパセリやディルなどのハーブ類や、アンチョビなどを加えてもおしゃれでおいしいサラダになりますよ。

クセのないさっぱりとした味わいの大根は、どんな食材とも合わせやすいんです。
ご紹介した基本のサラダレシピをベースに、お好みの食材でアレンジサラダも是非楽しんでみて下さいね。

ライタープロフィール

インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子

「インナービューティー」を軸とした料理教室、コラム執筆・レシピ開発等を通じ、女性のライフステージごとに関わる「食×美」の大切さを幅広く発信中。二児の母。著書「決定版!節約冷凍レシピ」(宝島社・共著)

【保有資格】

ベジフルビューティーアドバイザー/女子栄養大学認定食生活指導士1級

【あわせて読みたい】
▽野菜の美容効果をもっと知りたい方はこちら
冬美容にはコレ!今買うべきおススメ野菜3つ
疲労回復や便秘改善に◎!3つのホワイト野菜おすすめの食べ方
むくみ予防やエイジングケアに!旬のチンゲンサイの美味しい食べ方
むくみ対策やダイエット、美肌作りにも!かぶの魅力まとめ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ダイエットに今日から始めたい!ヤセ菌が増える食べもの5つ
おにぎり&スープは痩せにくい!?ランチ選びの落とし穴3つ
その食習慣NGかも?かくれ肥満になりやすい人の特徴4つ
見直そう!本気で痩せたいときに試したい食事のルール3つ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る