ダメ姿でも男は意外とOK!? 3位「上から見た白髪」より安心な1位は…

Fotolia_116565190_Subscription_Monthly_M-20160818155243-620x413-7ace08060ac9fbf044c7d4f58e2cbde234bb8477

男性に「見ちゃいけないものを見ちゃった……」と思わせてしまったら、彼のラブな気持ちまで萎えそうでコワイですよね。なので、モテを制する女性ほど、ボディの細部にまで余念なくケアをしているのではないでしょうか。

でも、女子的には「コレ見られたらヤバそう」って思う“事件”でも、男子的には意外と気にしないでいてくれるダメ姿もあるご様子!

今回は、『美レンジャー』が500名の男性に行った独自リサーチ結果をもとに、ウッカリしても男性には許される!? 意外なパーツトップ3をご紹介します。

■意外な3位:背が高いゆえに見つけちゃった白髪

ちょっとヤバめなパーツの状態を10個挙げ「“見てはいけないものを見てしまった”と気持ちが萎えてしまう女性のパーツを選んでください」と複数回答で聞いてみると、10.4%の男性しか選ばずに下位から3番目だったのが「女性の頭を上から見たときの白髪」です。

正面から鏡を見て確認できる白髪であれば、専用スティックで隠したり本当は控えたい方法だけれど思い切って抜いちゃったりと、対策を講じるチャンスもあるもの。でも、上から見ないと見えない白髪は、ケアが行き届かないこともありますよね。

とはいえ、白髪を発見したからって即萎えちゃう男性は少数派なようなので、少し安心できそうです。

■意外な2位:笑ったときに見えた歯茎

続いて、同質問に10.2%しか選ばず下位から2番目になっていたのが「笑ったときに見える歯茎」です。

思わず、大きな口を開けて笑っちゃうほど面白いシーンでは、「やばっ、歯茎出てたかも……!?」って焦りますよね。でも、不覚にも目撃されちゃったシーンでは、意外にも許してくれちゃう男性のほうが多そうで安心です。

とはいえ、『美レンジャー』の過去記事「3位アヒル口も人気なかった!男が“生理的にダメなモテ仕草”1位は」ではワースト1位になっているのが「歯茎を出して笑う」でしたから、一部の男性は萎えるどころか生理的にダメ!がホンネでもあるようです。やっぱり、笑顔は“おしとやか”に限りそう。

■意外な1位:ハゲてボロボロのネイル

そして、同質問に9.8%しか選択せずに最下位だったのが「ハゲてボロボロのネイル」でした。指先って意外と目立つパーツなだけに、ハゲネイルを男性に見られたら「ヤバっ!」と赤面モノな女子も少なくないですよね?

でも、ハゲてボロボロの爪先を見ちゃったからといって、萎えちゃう男子は少数派。

もちろん、見せないに越したことはありませんが、万が一ウッカリしちゃても、許されるケースが多そうですよ。

男性にダメな部分を見せちゃうと幻滅されそうでドキドキするものですけれど、いかがですか?

もちろん、全方位でパーツケアしておくのがベストですが、ウッカリしちゃっているときにバッチリ見られてもOKなんてイイ意味で拍子抜けですね。“万が一”なシーンの参考にしてくださいね。

【関連記事】

※ 石田ゆり子が2位!ズルいほど美しい「奇跡の40代芸能人」1位は…

※ 困るorラッキー?女性のくっきり「パンティライン」を見た男の本音

※ 耳がイタイ!「美女でも男は許せない」デート中のNG…恐怖の1位は

※ 「サンダル素足」に対する男の本音!ガサガサよりガッカリなのは…

【おすすめ記事(PR)】

Over30必見!朝晩塗るだけ…幹細胞に着目した「美容界の神コスメ」とは

肌老化をストップ…30才以上の女性必見!新発想スキンケア「隠れ炎症鎮め」とは

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ 同性から見ると普通だけど…男が「興醒めする女」の意外なNG行為3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る