まだまだ続く春の肌ゆらぎに!すぐに実践できる対策術3つ

92842937_s-500x334-416307935a8ff722745366d46b4fa92c8361e0ec

寒暖差や花粉などの影響をうけ、春の初めから肌ゆらぎがまだ続いている、なんて方もいると思います。

そこで今回は、肌ゆらぎの対策方法を3つご紹介。スキンケア・メイク・食事で、お肌を少しでも良い状態にしていきましょう!

(1)スキンケアを変える

肌がベタベタする、乾燥でカサカサするといった肌ゆらぎを感じる場合は、もしかしたらいつも使用しているスキンケアが合わなくなっているかもしれません。

これを機に、スキンケアを見直してみてはいかがでしょうか?

化粧水

最近では肌の内側に潤いを与え、表面はサラサラとする優秀なスキンケアアイテムも登場しています。色々試してみて、自分のお肌に合うものを探してみましょう。

(2)メイクアイテムを変える

メイクアイテムもスキンケアと同様に、見直してみるのが良いです。

お肌全体の仕上がりを決めるファンデーションだけでなく、アイシャドウやチークなども同様に見直すことをおすすめします。

コスメ

また、お肌が荒れているからと無理にコンシーラーなどで隠すのはNG。肌荒れ部分には、極力メイクをするのを避けましょう。

そして帰宅後は、すぐにメイクを落とすことも忘れてはいけないポイントです。

まだ花粉も少量飛んでいるので、できればシャワーを浴びて、髪の毛や体についた花粉を洗い流してあげるようにすると、さらに良いと思います。

(3)エルダーフラワーのハーブティーを飲む

日本ではあまり知られていませんが、ヨーロッパでは花粉症対策に『春季療法』と呼ばれるものが行われています。

そこで使用されるのが、「エルダーフラワー」と呼ばれるハーブ。

エルダーフラワー

小さな白い花がたくさん集まっているハーブで、お茶にするとほんのりと甘くマスカットのような香りのする、とても飲みやすい味わいが魅力です。

エルダーフラワーには、花粉症のカタル症状を抑えてくれる効果が期待できるといわれています。

まだまだごく少量飛んでいる花粉対策のためにも、ぜひ取り入れてみて。

いかがでしたか? できることを続けて、少しでも笑顔でいられる時間が長くあるように、これらを日々の生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

ライタープロフィール

Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子

10年以上アパレル勤務後、2014年に独立。在勤中にスクールに通い基礎医学やホリスティック医学を学ぶ。美容&ファッションライターや化粧品&サプリメントの商品開発&経営のコンサルタント業を行う。

【保有資格】

日本メディカルハーブ協会認定 ハーバルセラピスト/日本メディカルハーブ協会認定 メディカルハーブコーディネーター/日本メディカルハーブ協会認定 ホリスティックハーバルプラクティショナー修了/日本アロマ環境協会認定 アロマテラピーアドバイザー/日本アロマ環境協会認定 アロマハンドセラピスト/日本アロマ環境協会認定 アロマブレンドデザイナー

【あわせて読みたい】
▽肌ゆらぎの対策方法をもっと見る

プロが伝授!美肌になるためのスキンケア基本
栄養士が教える!肌のゆらぎを感じたら食べたい春野菜3選
肌悩みに合わせて選んで。海外セレブが注目するコスメブランドRodial
専門医に聞く!花粉による肌荒れのケア方法

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選

たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
老け見えストップ!表情筋を鍛える「顔ヨガ」2つ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る