秋のピカイチ美容食!女は「さつまいもを食べなきゃ損」な納得理由

Fotolia_106669939_Subscription_Monthly_M-20160819072315-7e414f9b01755597bf6f1acbdeebf306b5b7c3ca

間もなく旬を迎える根菜類・さつまいも。ホクホクとした食感と優しい甘みは、非常に魅力的ですよね。そんなさつまいもといえば、便秘解消・お腹スッキリを思い浮かべる方がほとんどなのでは? でも、さつまいもの美容効果はまだまだあります。

今回は、ビューティーフードアドバイザーの筆者が、さつまいもが美しくなりたいと願う女性に良い理由と、さつまいもを使った簡単なスムージーレシピをご紹介していきたいと思います。

■ビタミンCも豊富!さつまいもの美容・健康効果

さつまいもに含まれる代表的な栄養素は、下記のとおり。

(1)食物繊維・・・腸内環境を整え、便秘に伴う肌荒れの改善に役立つ。

(2)ビタミンC・・・シミ、シワ、ニキビの改善。紫外線から肌を守る。

(3)ビタミンB6・・・月経前症候群の緩和。

(4)ビタミンE・・・老化や生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する抗酸化作用を有する。血管を健康にし、冷えを改善。

(5)カリウム・・・むくみの改善。

(6)ヤラピン・・・腸のぜん動運動を促し、便通改善に働きかける。

(7)鉄分・・・貧血の改善。

(8)アントシアニン・・・アンチエイジングに効果を発揮。

また、さつまいもに含まれるビタミンCは、熱で壊れにくいという特徴があるのも、美容を意識する女性にとっては嬉しいところ。弱火でじっくりと調理してあげることで、甘みも増します。

次に、栄養満点なさつまいもを使った簡単なスムージーの作り方をご紹介します。

■さつまいもスムージーレシピ

【材料】(1人分)

・茹でたor蒸したさつまいも・・・100g

・りんご・・・1/4個

・ココアパウダー・・・小さじ2

・牛乳・・・200cc

・はちみつorココナッツオイル・・・適量

【作り方】

(1)さつまいも、りんごは一口大に切る。

(2)(1)を、牛乳、はちみつ(ココナッツオイル)と一緒にミキサーに入れて攪拌する。

(3)グラスに移したら、ココアパウダーをまぶして完成。

美味しいさつまいもは、皮が濃い紅色をしていて、ひび割れや傷、シワが少ないのが特徴。ひげ根が硬いものは、繊維が多いので避けましょう。

美容・健康効果の高いさつまいも。手軽に取り入れて、夏の疲れを払拭し、美しさに磨きをかけるのに役立ててみませんか。

【関連記事】

※ 薬に頼らず…快便体質へ!「頑固な便秘もザザーッと解消」5ステップ

※ 痩せて疲労回復のはずが…体に負担!あぁ残念「NGな酢の摂り方」4つ

※ マイスターが教えます!目的別「スーパーフード」迷わない選び方

※ ビタミンが多いのは?納豆「つぶとひきわり」 栄養の違いと賢い食べ方

※ アボカド切ったら…また残念!熟しすぎ「食べ時を逃す」NG保存法

【おすすめ記事(PR)】

Over30必見!朝晩塗るだけ…幹細胞に着目した「美容界の神コスメ」とは

肌老化をストップ…30才以上の女性必見!新発想スキンケア「隠れ炎症鎮め」とは

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ オフタイムが増える!仕事効率化「フランス流の時間節約テク」4つ

Related post

Pickup post

  1. Fotolia_108854650_Subscription_Monthly_M-20161228055244-620x413-7f2c3a4261ba2d1df4364c807ac347fd0c549e1e
    冷たい物や熱…
  2. shutterstock_168181001-92d0b3b4e13318461671650cdf37533675eadee0
    2017年春夏は、ӗ…
  3. BA46115869_l-500x333-0fe4bf6d20990305191f106e581c6ad4faa3656a
    早いもので、…
Return Top