ベタつく季節に!朝洗顔におすすめの洗顔料3つ

20180530kenmochi6-500x375-b8500f34cf1bbba3ae424ece5af0702865cd223d

朝の洗顔は必要か否か、というのはスキンケアでよく語られるテーマの一つでもあります。洗顔料を使ったほうがいいとも聞くし、ぬるま湯だけで十分とも聞きますよね。

そこで今回は、朝の洗顔の役割とおすすめの洗顔料をご紹介します。

朝の洗顔の役割とは?

朝洗顔の役割は、寝ている間についたお肌の汚れや分泌された皮脂、汗を洗い流すことにあります。これらは洗顔料を使わずとも、ぬるま湯ですすぐだけで十分に洗い流すことができます。

肌の乾燥が気になる方はぬるま湯での洗顔、ニキビができやすい方や脂性肌の方はよりしっかり皮脂を落とすことができる洗顔料を使ってお顔を洗うのがよいといわれています。

朝の洗顔はその日の肌状態に合わせて使い分けるようにするといいですね。

洗顔する女性

これからの季節は皮脂分泌が多くなりやすいので、いつもは気にならない方でも、朝起きるとベタつきが気になるかもしれません。

そこで、ベタつきが気になる朝に使いたいおすすめの洗顔料を3つご紹介します。

ブライトニングジュレウォッシュ/ORBIS(オルビス)

1,800円(税抜)

ブライトニングジュレウォッシュ

泡立てないジュレタイプの洗顔料なので、忙しい朝に楽ちんです。Wうるおいビーズが毛穴の汚れや乾燥、頑固な角質肥厚を絡めとり、洗いあがりはパッと肌が明るくなったように感じます。

汚れや古い角質をしっかり洗いつつも、うるおいを残してくれるので肌が乾燥に傾きがちな方にもおすすめです。

アクネハーブウォッシュ/DUAL ORGANIC

100g 1,500円(税抜)

アクネハーブウォッシュ

“薬用”と“オーガニック植物”の2つの力が女性特有の不定期ニキビにアプローチしてくれる洗顔料です。

薬用有効成分が炎症を抑え、オーガニック植物成分が、赤みなどが出やすいお肌を鎮めて優しく洗い上げてくれます。

植物のナチュラルな香りが1日の始まりをスッキリと爽やかに導いてくれます。

皮脂が多くニキビができやすい方にはもちろん、ホルモンバランスの乱れからニキビが出来そうな時期にもおすすめです。

オバジC 酵素洗顔パウダー/ロート製薬

0.4g 30個 1,800円(税抜)

オバジC 酵素洗顔パウダー

うるおいを守りながら毛穴の黒ずみ・角栓詰まり・ザラつきをしっかり取りのぞく、ビタミン配合の酵素洗顔パウダーです。洗いあがりはさっぱり、透明感ある肌へと導いてくれます。

皮脂をしっかり取り除いてくれるため、皮脂が多い方には特におすすめです。その反面、乾燥しやすいけれど毛穴にしっかりアプローチしたい方は週に2,3回程度の使用にとどめておきましょう。

朝の洗顔の役割とおすすめの洗顔料をご紹介しました。朝起きてから、顔を触った時にペタっと手がくっつきベタつくような感覚がしたら、洗顔料を使った洗顔をしましょう。

また、Tゾーンだけがべたつくという方は部分的に洗顔料を使うのもおすすめします。気になる方は、試してみてくださいね!

※価格は全て編集部調べ

ライタープロフィール

美容ライター・剱持百香

外見だけでなく内側からも美しくなりたいという想いを抱き、日本化粧品検定をはじめとする美容資格を取得。 コスメ、スキンケアの最新情報や『紫外線マスター』として徹底的なUV対策・美白ケアの重要性を発信中。

【保有資格】

日本化粧品検定1級/化粧品成分検定1級/色彩技能パーソナルカラー検定初級

【あわせて読みたい】
▽スキンケアの基本!正しい洗顔法やおすすめアイテムをもっと見る

美容家・吉川千明さんに聞く、未来の肌を変える「洗顔術」
大人のくすみ・ごわつき肌におすすめの洗顔アイテム3つ
つっぱり・ゴワつきのないすべすべ肌を叶えるプチプラ洗顔
お肌に良い?悪い?ダブル洗顔のメリット・デメリット

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選

たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
老け見えストップ!表情筋を鍛える「顔ヨガ」2つ

【参考】
ブライトニングジュレウォッシュ – ORBIS(オルビス)

アクネハーブウォッシュ – DUAL ORGANIC

オバジC 酵素洗顔パウダー – ロート製薬

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る