9月1日「新月のパワー」でデトックス!効果が高まる美活3つ

Fotolia_115344405_Subscription_Monthly_M-20160824094714-8360753f65ba56d593551fb7a928329eb76bfec3

月の満ち欠けは、1ヵ月のなかで新月~満月~新月へと移り変わります。これは、女性の月経のサイクルと非常に似ており、「月のリズムは女性の体とシンクロしやすい」と言われています。月のサイクルに合わせた暮らしをすることで、自然とキレイが手に入ると考えられているのはそのためです。

しかし、「月のリズムなんてわからない、気にしたことがない」という方が多いことしょう。

そこで今回は、ヨガインストラクターでビューティーフードアドバイザーの筆者が、新月に向かう“今すべき美容法”をご紹介していきたいと思います。

■2016年9月1日は新月!本気のデトックスを

月の満ち欠けは、約29.5日。月が太陽と重なって見えない“新月”、月と太陽が最も離れ、まん丸で大きく見える“満月”、このサイクルを繰り返します。まるで月の大きさを表すかのように、新月はデトックスに適した時期、満月は吸収していく時期だというと、覚えやすいのではないでしょうか。

さて、来る2016年9月1日は”新月“です。新月は心身の浄化やデトックスに取り組むのに最適な時期。下記のヨガポーズを参考に、日常の溜まった疲れを流して、スッキリした体を手に入れましょう。

■体の内外からデトックス!身軽な体を手に入れる方法

(1)ラクダのポーズでデトックス

ヨガのラクダのポーズは、デトックスに関わる背骨にアプローチするポーズです。背中を大きくそらせて胸・喉を開き、深い呼吸を繰り返しましょう。自分自身の内面と向き合いながら、リラックスして行いましょう。ただし、腰や背中に痛み・不安がある方は無理をせず、できる範囲で行ってください。

【ラクダのポーズ・プロセス】

・床に膝立ちになり、脚は腰幅に開く。つま先は立てても寝かせても良い。

・手の指先を下に向けて、手を腰に添える。

・息を吐きながら上半身をゆっくり後ろに反らせ、片手からかかとをつかんだら、首・頭は脱力。ここで鼻呼吸で5呼吸キープ。

・片手ずつゆっくりとかかとから離し、腰を痛めないよう無理をしないように上半身を起こす。

(2)全身スクラブで角質オフ

もし、生理前・生理中で肌が敏感な状態でないのなら、スクラブを使用して古い角質を徹底的にオフしましょう。ポイントは、顔・ボディ・足裏、それぞれに適したスクラブを使って丁寧にケアをすること。オススメは、普段見落としがちなかかとのケア。電動リムーバーを使ったり、スクラブを使ったりして、体の末端までツルツルな肌を手に入れましょう。

(3)ファスティングやジュースクレンズにチャレンジ

一定期間、固形物を摂らないファスティングやジュースクレンズは、体内に蓄積された毒素の排出に効果的。普段、コンビニ食や外食が多い方、食生活が乱れがちな方は、消化器官を休ませることも大切なので、試してみると良いでしょう。

ファスティング・ジュースクレンズが初めてという方は、ドリンクの販売店や専門家の指示に従ってくださいね。

以上、新月の時期に行うと良い美容法をお伝えしました。たまには、スマホから離れて空を見上げ、デトックスしてみませんか。月のリズムにあわせたライフスタイルに見直してみるのも良いかもしれませんね。

【関連記事】

※ 1日10秒!深呼吸で「猫背を改善する」簡単な方法

※ 「月のリズム」で痩せ期が分かる!美活・妊活に役立つ4周期メソッド

※ 神秘的!妊娠しやすいのは「満月より●●の日」…米医師

※ 満月の夜はよく眠れない!? 月の不思議なパワーが及ぼす影響とは

※ 意外なポイント発見!新定番「デトックスウォーター」の始め方

【おすすめ記事(PR)】

Over30必見!朝晩塗るだけ…幹細胞に着目した「美容界の神コスメ」とは

肌老化をストップ…30才以上の女性必見!新発想スキンケア「隠れ炎症鎮め」とは

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ コンビニ食が増えたら!週末摂りたい医師推奨の「デトックス食材」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る