なんだかパッとしない肌に。スキンケアの入りを変えるアイテム

60341514_s-500x333-c2ae6ae9dcb4f252af6cfaef5c833e97db5ed606

30歳を過ぎてから「なんだかスキンケアがきちんとできている気がしない」「なんか肌がパッとしない」といったお悩みを感じている人もいるのでは?

実は普段のスキンケアに、あるアイテムを追加するだけで、今まで以上にスキンケアの入りが良くなるかもしれません。

なんだか肌の調子がパッとしないと感じるそこのあなた。さっそく、試してみませんか?

なんとなく調子がよくないと感じる肌に、追加するべきものとは?

スキンケアする女性

30歳を過ぎると紫外線による光老化の影響で、ターンオーバーが低下し、角質が肥厚してくることも考えられます。

そのためスキンケアの入りをよくするアイテムを追加してみるのも、ひとつの手。

そこでこれまでのスキンケアアイテムを変えずに、1つのアイテムを足すだけで効果が実感できるかもしれないアイテムをご紹介します。

(1)ブースターアイテム

ブースターというと、ローションタイプに美容液、美容オイルなど様々な形で商品が提案されていますが、肌に合っていればどちらでもOK。

乾燥している肌や角質が肥厚してしまっている肌は固くなっています。カラカラのスポンジをイメージするとわかりやすいかもしれません。

表面がカラカラのところに水をあげても、浸透するまでに時間がかかりますよね?

ブースターアイテム

まずはブースターを使用して肌を柔らかくすることで、次に行うスキンケアを入りやすくさせることが大切です。

洗顔後はまずブースターを投入してみましょう。

(2)拭き取り化粧水やピーリング化粧水

毛穴や肌のボツボツとした角栓が気になる方、日焼けをしている方に特におすすめなのは、こちらの方法。

拭き取りタイプの化粧水の良いところは、落としきれなかったメイク汚れや皮脂汚れ、余分な角質をコットンで拭き取れるということ。

筆者自身もそうですが、意外とクレンジングだけではメイクが落ちきれていないことがあります。

拭き取り化粧水やピーリング化粧水

拭き取り化粧水を使ってみると、こんなに汚れていたのか! という発見にもなります。

ピーリング化粧水の場合は、化粧水の前に取り入れることで肌のトーンが明るくなってくるのを感じることができると思います。(※個人差があります。)

どうしたら自分にぴったりなものが見つかる?

スキンケアをする女性

まずは毎朝、自分の顔を鏡で見て観察してあげましょう。そしてスキンケアには、時間をしっかりととってあげて。

手で化粧水を与えてあげたり、ファンデーションを塗ってあげたりと、自分の手の平全体、指の先まで使って、自分の肌の状態を感じてみることが大切です。

毎日習慣づけることで「今日の肌は元気!」「今日の肌はお疲れ気味」など、きっと自分の肌の変化を気づけるようになるはずです。

自分にあった方法を見つけて、30代を華麗に乗り切りましょう!

ライタープロフィール

Kupono Beauty代表、クポノライフデザイナー・星有子

10年以上アパレル勤務後、2014年に独立。在勤中にスクールに通い基礎医学やホリスティック医学を学ぶ。美容&ファッションライターや化粧品&サプリメントの商品開発&経営のコンサルタント業を行う。

【保有資格】

日本メディカルハーブ協会認定 ハーバルセラピスト/日本メディカルハーブ協会認定 メディカルハーブコーディネーター/日本メディカルハーブ協会認定 ホリスティックハーバルプラクティショナー修了/日本アロマ環境協会認定 アロマテラピーアドバイザー/日本アロマ環境協会認定 アロマハンドセラピスト/日本アロマ環境協会認定 アロマブレンドデザイナー

【あわせて読みたい】
▽スキンケアの記事をもっと見る

美容ライター愛用!毛穴レスへと導く3つの神コスメ
お手頃価格で実力派!ピクシー・ビューティの優秀スキンケア
美白マニアが愛用!本当におすすめの美白美容液3選
ベタつく季節に!朝洗顔におすすめの洗顔料3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選

たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る