専門医に聞く!鼻の角栓を取る正しい方法とNGな方法

57953371_s-500x332-cb6f625fa5bf9e4e87c787d9e449401cae2e2075

鼻の頭や小鼻に、黒くポツポツと目立つ角栓。いわゆるイチゴ鼻といわれる状態ですが、気になる方も多いのではないでしょうか。

しかし、気になるからといって、毛抜きで角栓を押し出してつまみ取ったり、はがすタイプのパックを使ったりして無理に取り去ろうとすると、かえって肌トラブルを招くことに。

そこで今回、鼻の角栓を取る正しい方法や間違った方法、予防法について形成外科専門医の齋藤真理子先生にお伺いしました。

齋藤真理子先生

■プロフィール
形成外科専門医、医学博士。昭和大学医学部卒。2010年に山本メディカルセンター入職し皮膚科・形成外科を立ち上げる。
アンチエイジング分野にも取り組み、メディカルスパ、ドクターズコスメなどの開発・販売も手がけている。
2016年4月同クリニック院長就任。女医+(じょいぷらす)。

そもそも角栓って? 角栓ができる原因とは

毛穴につまる角栓は、ニキビの原因にもなりますが、毛穴を外部の細菌などから守ってくれる役割も果たしています。では、この角栓はなぜできて、なぜ目立つようになるのでしょうか。

角栓は皮脂や角質でできている

角栓は、顔の毛穴に皮脂や角質がつまることによりできるもの。

毛穴の奥にある皮脂腺からポンプのように分泌され、皮膚や体毛の表面に薄く広がっている皮脂は、2つの役割を持っています。

1つは、肌を外部の刺激や外敵から守り、皮膚から水分が蒸発するのを防いで保湿すること。
もう1つは、皮膚の常在菌のエサとなって分解され、それによって生じる脂肪酸で皮膚の表面を弱酸性に保つことです。

角栓のもう1つの材料である角質は、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーの過程で生まれます。

鼻の毛穴を気にする女性

人間の表皮は、一番表面から角質層、顆粒層(かりゅうそう)、有棘層(ゆうきょくそう)、基底層の4層に分かれています。一番下の基底層でできた皮膚の細胞は、有棘層、顆粒層と徐々に押し上げられていきます。最後に角質層の一番表面に押し上げられた皮膚の細胞は、アカとなってはがれ落ちます。この一連の流れがターンオーバーです。

本来であれば、角質や皮脂がつまり、毛穴に角栓ができたとしても、このターンオーバーとともにはがれ落ちます。しかし、なんらかの理由で角栓がはがれ落ちにくい状態となり、大きく目立つようになるのです。

角栓がターンオーバーで自然にはがれ落ちなくなる原因

角栓がターンオーバーで自然にはがれ落ちなくなる原因は、主に2つあります。

(1)肌の表面に残ったメイク

1つは、はがれたくてもメイクをきちんと落とせておらず邪魔をしている場合です。

自然な皮脂や角質の上に、メイクがフタをしているという不自然な状態になると、角栓がつまり、皮膚表面の環境も悪くなります。角栓がつまると、皮脂をエサとするニキビ菌(アクネ菌)などが異常に繁殖し、炎症などを起こす原因にもなります。

(2)角栓を無理やりはがす自己流のケア

角栓が大きく目立つようになるもう1つの原因は、自己処理で無理に角栓を取り除くことです。

角栓を無理にはがすと、肌は「皮脂が足りない」と敏感に反応し、新しい角質や皮脂をもっと多く作り出そうとします。これによって角質や皮脂が必要以上に増え、角栓もできやすく、以前よりも大きくなりやすいという悪循環が起こります。

この繰り返しによって角栓がどんどん大きくなり、皮膚のターンオーバーの過程ではがれにくい角栓になってしまうのです。

鼻の角栓で最大のお悩み!イチゴ鼻の原因

イチゴ鼻は、一般的に毛穴に皮脂や角栓がたまって黒くポツポツみえる状態を言うようです。この黒いポツポツは、角栓の表面の皮脂が酸化した状態です。

イチゴ鼻の黒い角栓は目立つため、こすったりピンセットでつまんだりして、無理に取り去ろうとする方も多いでしょう。しかし、摩擦やピンセットなどによる傷は、毛穴の開きや炎症を招きます。

完全保存版!いちご鼻を毛穴レスに育てるプチプラテクまとめ

炎症を起こすと皮脂がさらにつまり、その皮脂をエサにしてニキビ菌も増殖します。ニキビ菌は、常在菌として肌にとって大切な役割を果たしていますが、増えすぎると膿を持ったニキビ(白ニキビ)となります。

膿を持ったニキビは、治癒してもクレーターなどの痕が残りやすくなります。また、毛穴は一度開いてしまうと汚れがより蓄積しやすくなり、酸化して黒っぽくなってしまいます。

このような鼻の角栓による肌トラブルを避けながら除去するには、どうすればよいのでしょうか。

鼻の角栓を除去する正しい方法とNG方法

鼻の角栓を除去するとき、やってはいけないNG方法があります。まずは、やってはいけないケア方法をおさえ、そのうえで正しい方法をチェックしましょう。

やっちゃダメ!角栓除去で避けたい3つの方法

無理に角栓を取り去るといった肌に負担をかける角栓除去方法は、かえってニキビや毛穴の開き、皮膚の傷などにつながるため避けたい方法です。具体的に、以下のような方法があげられます。

(1)ピンセットなどで角栓をつまみ取ること

角栓を無理にとることにより、皮膚表面が傷ついてしまい炎症を起こす原因になります。炎症がニキビにつながり、その後の毛穴のしみやクレーターにつながる可能性があります。

(2)過度な洗顔をすること

皮膚の常在細菌により、絶妙な弱酸性を保っているバランスを崩してしまいます。皮膚が乾燥してしまうだけでなく、毛穴も広がり、より大きな角栓がつまる原因になります。

(3)角栓をはがしとるタイプのパックをすること

鼻パックをしている女性

毛穴が広がってしまうだけでなく、無理に皮膚表面の細胞も剝がされるため皮膚が傷ついてしまいます。パックをするのであれば、炭酸のパックなどにしましょう

これが正解!角栓除去の正しい方法

角栓を除去するには、正しい洗顔方法を続けることが大切です。洗顔は、多くても1日2回までにしましょう。
また、メイクをしていない朝はぬるま湯だけで洗顔し、メイクを落とすときだけ洗顔料を使用してください。

洗顔する女性

洗顔時に大切なことは、肌をこすらないこととすすぎ残しをしないことです。洗顔料をしっかりと泡立て、たっぷりの泡で洗います。顔に指が触れない程度の力加減で十分です。

また、すすぎ残しは肌トラブルを招くことになるため、洗顔料のすすぎ残しがないよう十分にすすぎましょう。

このほか、優しく角質除去ができる炭酸パックをスペシャルケアとしてとり入れることもおすすめです。炭酸パックには、肌の新陳代謝をあげ、余分な皮脂を浮かして汚れを取ってくれる効果が期待できます。

鼻の角栓がつまるのを予防するためのケア

肌のターンオーバーを正常化して自然に排出できるようにすることが予防になります。一番基本になるのは、生活習慣の改善です。

・十分な睡眠を確保すること
・食事のバランスに気をつけること。特に良質のたんぱく質やビタミンBやCなどをよくとること。
・自律神経の安定(ストレスの少ない)した生活を送ること。カフェインレスの生活を送ることも大切です。
・適度な運動をして代謝をあげること。筋肉量も増え、新陳代謝があがることにより、皮膚の代謝も活性化されます。
・負担をかけるような洗顔はせず、汚れを浮かして取るようにぬるま湯で優しく洗顔すること

傷口や炎症があっても使用できるような高濃度炭酸のパックなどを使用すると、二酸化炭素の効果によって皮膚の表面が酸素化され血流が良くなり新陳代謝が上がるのと同時に、皮脂の汚れを浮かして取ることができます。毎日負担をかけずに出来る予防になります。

まとめ

気になる鼻の角栓は、間違ったケア方法を続けることで、毛穴の開きや炎症を起こしたニキビなど、より深刻な肌悩みにつながります。正しいケアを続けることで、イチゴ鼻の改善だけでなく、予防にもつながります。

・肌を刺激しない正しい洗顔
・炭酸パックなどの優しい角質除去ケア

上記の2つを意識して洗顔のケアから見直していきましょう。同時に、睡眠や食事に気をつけ、ストレス解消や運動を心がけて美肌を目指しましょう。

(LBR編集部)

【あわせて読みたい】
▽毛穴レスな肌になりたい人は、こちらもチェック!
見惚れるような毛穴レス肌に!つまり毛穴のケア方法
黒ずみ毛穴にさよなら!週1スペシャル毛穴ケア #プレミアムコスメ
美容ライター愛用!毛穴レスへと導く3つの神コスメ
憎き毛穴の黒ずみやたるみ毛穴、どうすればいい?ケア方法2つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る