朝のダル重が…驚くほどシャキッ!オーラ全開美人の何てことない5習慣

Fotolia_103073229_Subscription_Monthly_M-20160824194851-0bd5e96cea6c59e22317cb7aa110913046698120

いつまでも眠気を引きずっている女性と、朝から快活な女性では、明らかに後者の方が周囲には魅力的に見えます。疲れが溜まっていても、睡眠時間が不十分であっても、朝玄関の扉を開けるまでに身も心もシャキッと目覚めさせて、一日を元気に始めたいですよね。

今回は、起床から朝の出発までの間にできる、心身ともに目覚めさせるちょっとしたコツをご紹介します。

■1:ストレッチする

眠気まなこで体を動かすという行為は、かなり億劫で大変なことです。でも、そんな重い体を大きく動かすことで、体が“活動モード”にシフトし、全身の血流がよくなります。

キツい運動をする必要はありません。手軽に気持ちよくできるストレッチを取り入れてみましょう。グーンと両手を頭の上にあげて伸びをする動作や、そこから背筋を伸ばすストレッチなど、いくつかのパターンを取り入れてみてください。

■2:シャワーを浴びる

少し熱めの温度でシャワーを浴びると、体に緊張や興奮をもたらす交感神経が活発になり、体がシャキッとしてきます。

寝ている間にかいた汗をすっきり洗い流して、お気に入りのボディソープの香りがバスルーム内に漂ってきたら、それもまた朝モードをオンにすることになるでしょう。

■3:めざまし時計の音を変えてみる

一般的なめざまし時計の音はシンプルで面白みのないものばかり。しかも、毎朝耳にしているお決まりのメロディーは、「眠いのに起こされる音」と体が無意識のうちに認識していないでしょうか。

そんなときはお気に入りの音楽が自動的に鳴るように設定したり、小鳥のさえずりや波の音など自然な音を設定したり、変化をつけてみましょう。コーヒーメーカーをタイマー設定できるなら、コーヒーの香りで朝、目覚める……なんて素敵な起き方もできるかもしれません。

■4:15分早く起きる

いつも準備時間のギリギリにめざまし時計を設定して、慌ただしく家を出ているのなら、15分だけ起床時間を早めてみましょう。朝の15分はあっという間に過ぎてしまうかもしませんが、それでも色々な支度が余裕を持ってできます。家を出るときは自然と心の準備も整ってくるはずです。

起床時間を早めるなら、1時間など無理なことはせず、長続きできるように、15分程度にするのがコツです。

■5:朝食や洋服など楽しみを作る

人気のパン屋さんで購入した、ちょっと贅沢なパンを用意したり、翌日のコーディネートを前日から決めておいて、ベッドから見える位置にハンガーでかけておいたり……。翌日の目覚めが楽しみになるようなことを準備しておくのも良いでしょう。

そんな小さな楽しみが、毎日をハッピーにさせてくれる魔法になることも!

手軽に始められる行動の差で、朝から美人のままスタートできるはず。ぜひ、今回紹介した”朝の過ごし方“を取り入れてみてはいかがでしょうか?

【関連記事】

※ 美人は「寝る前10分」を有効活用!疲れを取り去る健康キープ術

※ 痩せたい人は…食べるだけ!「脂肪燃焼をスルスル進める」意外食材3つ

※ 毛穴も子宮も…寝る前ケア!翌朝の目覚めと体が変わる「夜活」3選

※ 起床後すぐの水…飲み込みNG!口臭&歯の黄ばみ防止に「うがい美容」

※ 1年で-10kgの眠り方って?肥満外来医が教える「睡眠ダイエット」

【おすすめ記事(PR)】

Over30必見!朝晩塗るだけ…幹細胞に着目した「美容界の神コスメ」とは

肌老化をストップ…30才以上の女性必見!新発想スキンケア「隠れ炎症鎮め」とは

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ 朝早く起きるだけで!? 「モテ体質になる夏の朝カツ」と早起きのヒケツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る