まだシャワーだけなの?「お風呂に浸かる」と4つのHAPPY効果アリ

Fotolia_75637004_Subscription_Monthly_M-20160825112509-e1472091929356-41a92270deddcb56a14796944dc19f54b9743a50

今の時期はまだ暑いし、ちょっと面倒くさいしってことで、お湯に浸からずシャワーだけで済ませている人はいませんか。ぱぱっとシャワーを浴びるだけでは、汚れさえ、きれいに落とせていないことも……。
短時間でもお湯に浸かった方が、美容的にはメリットが大きいということは、ご存じの方も多いと思います。今回は、バスタブに浸かるべき理由を改めてまとめていきます。

■1:すみずみまで汚れを落として美肌に

毎日、ささっとシャワーを浴びるだけだと、気になるのが洗い残し。お湯に浸かることで、全身の汚れや角質が浮いて落ちやすくなります。また、汗による雑菌の繁殖などを防ぎ、全身ツルツルにしてくれます。

さらに、肌のターンオーバーが整うので、にきびや虫さされの跡が黒ずみになるのを防いで、ボディに透明感が出てツヤ肌になります。

■2:マッサージ効果でリラックス

スマホやパソコンなどによるストレスで、肩のこりや目の疲労を感じる人は多いですよね。

しかし、湯船に浸かると副交感神経が優位になるので、関節や筋肉の緊張がほぐれて疲れがとれやすくなります。全身に水圧がかかり心肺機能が高まるので、水圧によるマッサージ効果で血流もアップ。身体がゆるまると、精神的にもリラックスでき、ストレス解消になります。

■3:体温を上げて睡眠の質を高める

翌日「頑張るぞ」という時には、ぜひ前日に湯船に浸かってください。お湯に浸かることで体温が上がります。その後、体温が低下する時に自然と眠くなり、深い睡眠が得られるようになります。

睡眠の質が高まると翌日の集中力が続き、日中眠くなることもありません。女性の基礎体温には低温期と高温期があります。排卵後から次の生理までの基礎体温が高温期にあたるので、この時期は比較的眠りが浅くなりがちです。そのような時は短時間でも入浴し、入浴後、少しでも体温の低下を促すと眠りに就きやすくなります。

■4:汗をかいて代謝アップ

湯船に浸かると代謝が上がります。代謝が上がるとダイエット効果が高まります。代謝を上げるには、体温を上げること、または筋肉量を増やすことが有効です。

しかし「毎日運動をするのは難しい……」という方には、ぬるめのお湯でゆっくり汗をかくことがオススメです。体内の血流を促進して、代謝をアップします。静脈の血流が促されると、尿から老廃物が排出されデトックスにも効果的です。

■投票!みんなのバスタイム事情は?

下の画面から投票してください。

投票後、画像の中の「<」をクリックすると、みんなの投票結果が確認できます。(投票画面が表示できない場合はコチラ

暑くて面倒くさくても、1日に10~15分程度浸かるだけでOK。入浴剤を入れたり、簡単なストレッチやマッサージをすれば相乗効果を得られますよ。

どうしてもシャワーだけになるという人は、少し長めに浴びて、全身を温め、肩や首などコリやすい部分に水圧をかけてほぐしてみましょう。

【関連記事】

※ いい加減痩せてやる!睡眠時間に生理も活用「話題ダイエット」3つ

※ お風呂でぐんぐんデトックス!「良質な汗をかく」ハウツー3ステップ

※ 始めた人から…どんどん痩せ体質に!代謝UP「30秒ストレッチ」3つ

※ お風呂は女のヒミツ空間!肌と心がよみがえる「入浴美容法」3つ

※ ただ入るだけじゃ大損!冷えに風邪…「本気で迎え撃つ人の入浴法」3つ

【おすすめ記事(PR)】

永久ってどこまで本当?「最新ムダ毛対策」皮膚科医が徹底解説!

20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ 女子こそ積極的に行きたい!意外と知らない「人脈の作り方」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る