餃子を食べてダイエット効率アップを目指す

main32-160x160-dcf222b12c18a24872556faadd6995d340d777f1

mainサニーヘルス株式会社(東京都中央区)は、ダイエット情報発信サイト「microdiet.net」にて調査レポート『餃子を食べてダイエット効率アップを目指す』を公開した。

餃子に特にヘルシーなイメージはないかもしれないが、餃子は一つで栄養バランスの取れている優れた料理。夏バテ予防やダイエットにも力を発揮する。

日本で一般的に食べられている餃子に使われる材料は、豚肉とニラなどの野菜。それを小麦粉でできた薄い皮に包んで焼く。炭水化物、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの体に必要な栄養素が、小さな餃子一つの中にぎゅっと詰まっている。

太らない餃子の食べ方としては、手作りをするなら、豚肉は赤身のひき肉を選び野菜を多めにすると良い。比率は肉4:野菜6を目安にする。

最も大切なのが食べ方。例えば男性のランチでありがちな餃子、ラーメン、チャーハンのセットはNG。炭水化物の量が多すぎるし、栄養バランスも取れていない。ご飯のおかずとして食べるなら、お米の量をいつもよりも少なめに。ビールのお供ならビールは1杯までにしておくとよい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る