今は勘弁して…!疲れてるとき「男が彼女から聞きたくない」話題3つ

Fotolia_106430399_Subscription_Monthly_M-20160830133058-e1472531475236-842ccd6dd5508687138c20e31fc7b8369d3eb4db

疲れているときのデートで彼からビミョーな話題が出てくると、正直なところ、ドッと疲れが増しちゃいますよね……。

一方、男性だって自分が疲れているときだけは、どんなに好きな彼女からだとしても「聞きたくない!」と思う話題があるはず。どんなにメイクやファッションで美しくしていても、疲れている男性にダメな話題を振る舞っちゃえば一気に“おブス路線”に転落です。

では、男性は自分が疲れているときに、どんな話題を「勘弁してくれ~」と感じるものなのでしょうか? 今回は、『美レンジャー』が500名の男性に実施したリサーチ結果をもとに、「男が疲れているときに彼女にされると密かに嫌がっている話題」のワースト3をお伝えしましょう。

■ワースト3位:仕事の話題

9つの話題を挙げ「疲れているときに彼女にされると嫌な話題をすべて選んでください」と質問をぶつけてみると、ワースト3位には17.8%が選んだ「仕事の話」という結果に。

デートのときに、彼の仕事だけでなく自分の仕事を話しちゃう女性は少なくなさそうですが、実は疲れているときほど“聞きたくない話題”の一つになっているようですね。

もし、疲れている原因が仕事だったら、話題に出されるだけで余計に疲れが倍増しちゃうのも理解してあげましょう。

■ワースト2位:家族の愚痴

続いて、同ランキングでワースト2位になっていた話題は24.6%の男性が選んだ「家族の愚痴」です。

兄弟喧嘩や親と言い争いをしちゃった後などには、つい「聞いてよー」と彼に愚痴を聞いて欲しいのも分かります。

ですが、疲れている彼にとって、愚痴を聞くことはストレス以外の何物でもないはず。体が疲れているときって、ネガティブなものを溜め込みやすくなります。だから、愚痴を聞いているだけで暗い気持ちになってしまう男性もいるので、危険な話題ですね。

■ワースト1位:他人の悪口

そして、同ランキングでワースト1位になっているのが38.0%もの男性が選んだ「他人の悪口」でした。

友達とトラブったときや会社の同僚にドン引きしちゃった日などは、愛しの彼に「●●ちゃんってひどいの!」などと愚痴を言ってしまう女性もいますよね。

けれども、疲れているときに聞く他人の愚痴ほどゲンナリする話題はないのかも。なんと、5人に2人もの男性が「愚痴や悪口は勘弁!」って思っているようですよ。

どんなシーンであれ、愚痴や悪口が多い女子は非モテ傾向にありますが、疲れているときには絶対にやめて欲しい話題と言えそうです。

みなさんは大丈夫でしたか? せっかく彼との楽しいデートなのに、愚痴っぽい話題のせいでゲンナリさせないように気をつけましょうね。

【関連記事】

※ 1位タバコに肉薄!男がグッと我慢「本当は彼女に言いたい事」2位は…

※ モテ狙いで空回り…!男が逃げる 「痛い女」に陥りがちな言動3つ

※ 耳がイタイ!「美女でも男は許せない」デート中のNG…恐怖の1位は

※ 男のホンネ!「ブラ紐がチラッと見えたとき」つい思うこと1位は…

※ アリとナシでは大違い!「好感度モテ子がポーチにIN」5つのアイテム

【おすすめ記事(PR)】

永久ってどこまで本当?「最新ムダ毛対策」皮膚科医が徹底解説!

20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ スミマセン、オクチクサイ…!外国人が困惑する「日本人の口臭」原因は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る