同性の「美女評価」にセクシーは邪魔!? 女のパーツ・意外ランキング

Fotolia_105022320_Subscription_Monthly_M-20160826141658-620x413-0c65d2ceb42cc61214d343d7dd46f235335b8c9b

同性がうっとりするほどの美人を目指している女性もいるのではないでしょうか? ときに、異性からの賞賛よりも同性からの「キレイ!」のほうが嬉しかったりするものですから、女ゴコロって繊細です。

でも、同性が憧れる美人を目指していても方向性が間違っていたら大ショック。ならば、一見美人の条件っぽいのに、同性からはたいして憧れじゃない美的要素を知っておくのもベター。

そこで今回は、『美レンジャー』が500名の女性に行ったリサーチ結果をもとに、美人の条件っぽいのに同性がそれほど憧れないパーツを3つご紹介しましょう。

■ワースト3位:スーッと伸びた高い鼻

11個の選択肢を挙げ「同性から見て、最も羨ましいと思う“美人の特徴”は以下のうちどれですか?」と聞いてみると、4.2%しか選ばずに、下位から3番目だったパーツが二つ。その一つ目は「鼻が高い」でした。

スーッと伸びた美しい鼻は美人の条件に挙げられることが少なくないはずなのに、意外にも鼻が高い女性に憧れの感情を抱く同性は少数派なようです。

そもそも日本人は欧米人ほど鼻が高くない傾向にありますから、鼻ばかりが高くても「羨ましいほどの美人!」という称号は得にくいようですね。

■同率ワースト3位:ぽってり系のふっくら唇

また、同じく4.2%しか選ばずにワースト3位だった二つ目が「唇がふっくらしている」です。ふっくらリップは、その昔はアンジェリーナ・ジョリーさんが火付け役となり、現代ではモテ顔の代表格である石原さとみさんも有名です。

ですが、一般女子がふっくらした唇をしていても、同性からはあまり憧れのパーツになっていない実情がうかがえます……。もしかすると、同性には、過剰なおフェロでセクシーすぎるイメージを与えてしまうのかもしれません。

■ワースト2位:お人形のように長いまつ毛

そして、同調査で4.0%しか選ばず、下位から2番目だったのが「まつ毛が長い」でした。

まつ毛が長いと横顔美人の称号も得られるほど、フサフサと長ーいまつ毛は多くの女性の憧れのはず……。ところが、実態として“羨ましいと思うほどの美人”にマストな条件ではなかったのです……!

なんだか意外な結果ですが、同性がジャッジする“美人”の基準は、まつ毛以外のパーツが深く関わっているのがリアルなのですね。

■ワースト1位:大きなバスト

そして、同質問にたったの2.6%しか選択せず、最下位だった選択肢が「バストが大きい」です。

大きくて柔らかいマシュマロバストは男性からの視線のみならず、同性からも憧れのパーツなのかと思いきや……、現実にはそうでもなさそうですね。

ワースト3位の“ぽってり系のふっくら唇”同様に、フェロモンが出すぎでセクシーなイメージが強すぎてしまうのかもしれません。こちらも、意外な結果ですね。

同性からの美人ジャッジの基準にならないパーツは、男性から見れば“イイ女”認定されそうなものばかりが並んでいますが、いかがですか?

同性からの“美人認定”を総ナメにしたい女子は、こんなリアルを知っておくのもイイのではないでしょうか。

【関連記事】

※ 劣化しない女「篠原涼子」も飲んでいた!魔法のドリンクの正体は…

※ 3位アヒル口も人気なかった!男が「生理的にダメなモテ仕草」1位は

※ 美人なのに…悲痛! 「幸せに思えない恋愛」ばかりする女の特徴3つ

※ 強烈臭をぶっ放つ「足のニオイ」を防げ!パーフェクト夜ケア3か条

※ ギューッと意外な所を引っ張るだけ!辛い「目の疲れ」を解消する方法

【おすすめ記事(PR)】

永久ってどこまで本当?「最新ムダ毛対策」皮膚科医が徹底解説!

20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

女の熱量をほっこりあげて!冷えが襲う「肌・心・体」大惨事3つ

【姉妹サイト】

※ ストレスとサヨウナラ!「不安を感じやすい性格を変える」2つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る