耳がイタイ…夫のホンネ!「妻の下着」について思うことTOP3

Fotolia_107428136_Subscription_Monthly_M-20160901140705-e1472706440207-c8c9e428c5b16d8e889ab887cc46c2b7f9f78692

結婚後も“マンネリ状態”にならず、末長く愛情を保ちたい女子は少なくないはずです。しかし結婚したら、恋人時代とは違って一緒にいることが生活そのものになりますから、恥じらいやドキドキが減ってしまうのも現実。

では、既婚男性たちって妻の“見えない部分”についてどんな感情を抱いていると思いますか?

今回、『美レンジャー』が500名の既婚男性に実施したリサーチ結果をもとに、夫が“妻の下着”に抱く赤裸々な本音トップ3をお伝えします!

■3位:見ても全く興奮しなくなった

9つの感情を挙げ「妻の下着について密かに思っていることをすべて選んでください」と複数回答で質問をしてみると、16.0%が選び3位になっていたのは「結婚後、見ても全く興奮しなくなった」です。

愛する夫のために美しい下着を意識的に選んでいる妻もいる中、身内になった女性の下着というだけで興奮しなくなっている男性もいるのですね……。

美しいレースや繊細なカットの下着は自分のテンションを上げてくれたとしても、夫のテンションは上がらないパターンもあるようです。

■2位:結婚前は可愛い下着だったのに、今は地味

続いて、同ランキングで2位になっている本音は、17.8%の夫が選んだ「結婚前は可愛い下着だったのに、今は地味」でした。

家計の事情などで、独身時代ほど下着にお金をかけられない妻の中には、”機能重視”の地味な下着を選んでいる傾向もありそう。あるいは、「人妻になったんだから地味にしなくちゃ!」と思っている女性もいるかもしれません。

けれども、5人に1人の夫は「なんだか、前より地味だよなー」とつまらなく感じている実態も垣間見えます。ちょっと冒険して、いつもより派手めにすると夫に喜ばれそう!

■1位:ただの布…何も思わない

そして、同ランキングで1位になっていた本音は、ダントツの46.8%が選んだ「ただの布。何も思わない」でした……!

大好きな夫のためにオシャレな下着を身につけていたとしても……、2人に1人の夫は「ふーん」程度にしか考えてくれていないようです。

確かに“布”ではありますが、“ただの布”としか思ってもらえないなんて、下着にこだわりが強い女性にとっては悲報ですよね……。

女性として、見えない部分にも気を抜かないのが美人の鉄則。だからこそ、下着選びにはデザインや形など強いこだわりを抱いている女性は少なくないですよね。

それなのに、結婚後には夫からの評価がここまで低くなるなんて! 美しい下着は、自分自身を高めてくれるアイテムと割り切るしかないのかもしれません。悲しいリアルですが、知っておいてソンはないですよ。

【関連記事】

※ 石田ゆり子が2位!ズルいほど美しい「奇跡の40代芸能人」1位は…

※ 6割夫が…妻が女に見えない!? 「母になったから」を超える1位理由は

※ ガーン…太るより●●が嫌!「結婚後の妻にがっかりしたこと」TOP5

※ 萎えるぜ!「男がチラ見で勘弁」女の手抜きパーツ2位ワキ毛、1位は

※ ヘンな形に彼も仰天!? チクチク「ムダ毛」処理がアダとなる3パターン

【おすすめ記事(PR)】

※ チクチク・黒ずみ… 自己処理派にすすめたい最新脱毛トレンドとは

※ 商品代金0円でスタート!? スルスル「自然とスリム」になれる秘策って?

パサ髪から変身!? 「自宅でサロン級ヘッドスパ」濃密セルフヘアケア法

永久ってどこまで本当?「最新ムダ毛対策」皮膚科医が徹底解説!

20kg痩せたダレノガレ明美も実践!「楽すぎる」話題のダイエットって?

朝と夕方で別人女子がほぼ当てはまる!メーク崩れを招く朝のNG習慣3つ

【姉妹サイト】

※ あなたの職場にも…!? 「足を引っ張る女友達」の危険なサイン3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る