まつ毛ってスゴい!二重eyeより「男が可愛い認定する一重」の秘密は…

Fotolia_121384822_Subscription_Monthly_M-20161003183304-e1475487199841-64531a416baf73ae76d56688dffd99048f397620

モテる女性は、ふとした瞬間に男性をドキッとさせるのが得意だったりしますよね。

アンファー株式会社が500名の男性に実施したアンケート調査によると、“女性を見るときに気になる部位”第1位に「顔(71%)」がランクイン。その中でも具体的なパーツとしては、第1位が「目(68%)」となっています。つまり、モテを制するためには目元の印象が、大きなカギを握るということ。

そこで今回は同調査をもとに、究極の二択から紐解くモテ目元の要素とまつ毛の黄金比をご紹介します。

■「二重まぶた×短まつ毛」VS.「一重まぶた×ロングまつ毛」勝ったのは…

モテる目元には欠かせないと思われている要素といえば、“二重まぶた”と“ロングまつ毛”なのではないでしょうか?

そこで同調査では、それぞれに別の特徴を加えた「二重まぶた×短まつ毛」VS「一重まぶた×ロングまつ毛」の二択で調査を実施!

すると、「二重まぶた×短まつ毛」は36%、「一重×ロングまつ毛」は64%の男性が選択し、勝ったのは「一重×ロングまつ毛」でした。どうやら、モテを制するには、まぶたよりもまつ毛の仕上がりが重要のようですね。

ならば、どのくらいの長さのまつ毛がモテを制するのか……、知っておきたいですよね!?

■モテまつ毛は1:1.618の黄金比

化粧心理学者で姉妹サイト『Menjoy!』ライターでもある平松隆円氏が同調査に寄せたコメントによると、「美しい“まつ毛”の長さを考える上では、宇宙空間で最も美しい数値と言われる“1:1.618の黄金比”が参考になる」とのこと。

つまり、美しい目元の黄金比としては、上のイラストのように“1:1.618”の比率を目安にメイクをするとモテを制すってことですね!

■自まつ毛を上手に育てるコツ3つ

同調査によると、日本人の平均的な瞳の直径は12mmですが、ご自身の瞳の幅を基準に黄金比を参考に、まつ毛を仕上げると美しい目元が完成するでしょう。

自まつ毛を育てて(まつ育)黄金比をキープできたらベスト。次の3つを意識して、自まつ毛を上手に育てましょう。

(1)クレンジングでゴシゴシ刺激を与えない

クレンジングや洗顔をする際に、まつ毛をゴシゴシ洗ってしまえば、抜け毛の原因に。洗顔は優しく触れて。

(2)まつげ美容液を習慣に

まつ毛美容液には、まつ育に必要な栄養素がたっぷり含まれています。塗ることで、自まつ毛のコーティング効果もあり、強くしなやかなまつ毛を育ててくれます。

(3)コームでとかし、絡まりによる脱毛を予防

まつ毛が絡まり合うと、それだけで抜け毛を引き起こす可能性があります。丁寧にまつ毛をコームでとかす習慣が、絡まりによる脱毛を防ぐコツになります。

まつ毛でモテが左右される可能性があるなんて、驚きの新事実ですよね。まつ毛のベストな長さは黄金比を参考にして、ぜひ今以上のモテ目元を意識してみて!

【関連記事】

※ マジか…男が「彼女のスッピンを見た本音」2位眉ナシ超えの1位は?

※ ヨロヨロ「まつ毛」にチャージ!目ヂカラUPのカギを握る美容液3選

※ まつ毛がハゲるから…今すぐヤメて!「NGアイメイクの落とし方」

※ ハゲまつ毛は…嫌っ!省かずにやっておきたい「まつ毛ケア」3つ

※ 切ると長くなる!? 実は誤解が多い「まつ毛の都市伝説」ウソホント

【おすすめ記事(PR)】

※ カラダの中から美を整える!美容ライターおすすめの「レシピ」3つ

※ キレイな人にはワケがある!今すぐ「真似したい美習慣」3つ

白目の充血は老け顔をつくる!? 「充血のない澄んだ瞳」を叶える白目ケアとは

むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

世界のセレブが絶賛!体型キープのための頑張りすぎないダイエットとは

【姉妹サイト】

※ 一重・奥二重さんでも大丈夫!「美人顔になる」底上げ方法2つ

【参考】

「女性の目元」に関する意識・実態調査 – アンファー株式会社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る