実は超カンタン!「コンシーラー」で自然にクマとシミを消す方法

Fotolia_104302964_Subscription_Monthly_M-20161023124310-620x436-ecf254bf807ebce45986dc53a3b552815de0aad2

コンシーラーの使い方が「イマイチよくわからない!」と思っていませんか? ニキビ跡やクマなどを効果的にカバーできるアイテムですが、浮いてしまったり、肌がつっぱる感覚があったりして、なんとなく使わなくなってしまっているという女性もいるかもしれません。

しかし、コンシーラーを効果的に使うことで、ベースメイクの時間がグッと短くなるんです。

今回は時短美容家の筆者が、コンシーラーの使い方をご紹介していきます。

■色選びはワントーン暗めがカギ

コンシーラーの上からファンデーションを塗ると、白浮きして見えたり、部分的に質感が変わって見えたりする……というお悩みをよく聞きます。

そんな悩みを解決するには、色選びが重要です。それは、ファンデーションよりワントーン暗めの色味を選ぶこと! ファンデーションより明るめの色を使ってしまうと、そこだけ変に目立ってしまうので、ワントーン抑えて自然になじませます。

色選びの方法のあとは、具体的なテクニックを紹介していきましょう。

■テクニック1:クマ隠しには指でトントンとのせる

コンシーラーを使いたいときの悩みで最も多いのが“クマ隠し”。とはいえ厚く塗ってしまうとボテっとした印象になるため、少量を少しずつ指でのせるのがコツです。

コンシーラーに筆やチップが付属されていても、クマを隠す場合は指がオススメ。指の腹の広い部分で薄く伸ばしながらトントンとのせましょう。このとき、こするようにつけてしまうと皮膚の薄い下まぶたを刺激しすぎるので気をつけて。必ず“優しくトントン”が鉄則です。筆者は余計な力が入らないよう、薬指や小指を使います。

少量から始め、足りなければ徐々に重ねていきましょう。ただし、重ねるのはどんなに多くても3回まで。これ以上重ねると、厚ぼったく浮いた印象になってしまいます。

■テクニック2:ニキビ跡やシミ跡を隠すなら綿棒で

ニキビ跡やシミをカバーしたいならば、綿棒を使ってなじませましょう。このときも、基本は少量から。綿棒の先にコンシーラをつけ、カバーしたい部分を軽く押しましょう。

そのあと、綿棒の先や横部分を使いながら肌になじませます。

綿棒の柔らかい質感が肌への負担を減らし、コンシーラーを自然になじませてくれます。筆を使うよりも簡単にぼかすことができるので便利なんです。

「コンシーラーを使うと不自然になっちゃう!」という方は、付属のブラシやチップを使わずに指や綿棒を活用してみて。自然な仕上がりになるので、ぜひ試してみてください。

【関連記事】

※ 明日の朝からヤメて!メイク上手でも「仕上がりが悪くなる」NG4つ

※ そこ塗っちゃダメ!「クマが悪目立ちする」コンシーラーのNG3つ

※ ヤダ…メイク前より顔デカッ!「ファンデのNGな塗り方」3つ

※ げっ勘違いしてた!コンシーラー「隠すどころか悪目立ち」NG使用6例

※ 午後7時でも落ちない!時短美容家が即答「溺愛アイブロウ&ライナー」

【おすすめ記事(PR)】

※ カラダの中から美を整える!美容ライターおすすめの「レシピ」3つ

※ キレイな人にはワケがある!今すぐ「真似したい美習慣」3つ

白目の充血は老け顔をつくる!? 「充血のない澄んだ瞳」を叶える白目ケアとは

むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

世界のセレブが絶賛!体型キープのための頑張りすぎないダイエットとは

【姉妹サイト】

※ 血色チークだけじゃ不満足!? 「顔色の悪さを一瞬で改善」チーク活用術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る