明日の朝から即試して!夕方まで「化粧崩れしない」重要ポイント3つ

Fotolia_123413404_Subscription_Monthly_M-20161014155519-e1477890537606-8019c86e2b5cb6569557b36fcaadd17f1460a2c5

朝はしっかりメイクをしたはずなのに、夕方になるとヨレヨレになっているという経験、ありませんか?

トイレに立ち寄ったとき、綺麗な肌に見えるように塗ったファンデーションが崩れていたりヨレているのを発見すると……、テンションも落ちてしまいますよね。

“夕方になっても崩れないメイク”というのが理想ですが、実は、普段みなさんが行っている間違った習慣が原因で、メイクが崩れている可能性も!

今回は、美肌カウンセラーとしてさまざまな女性にメイクアドバイスをしてきた筆者が、化粧崩れを招くNG習慣をご紹介します。

■1:なんとなくスキンケアをしている

洗顔をした後は必ず、化粧水、乳液を使用するという方が多いはず。しかし、せっかくのスキンケア時間を“とりあえず塗っておけばOK!”という感覚で行ってはいませんか?

朝のスキンケア時間は、メイクノリを良くしてくれる時間でもあるので、ここにはしっかり時間をかけて、丁寧に行いたいところです。“とりあえず”で行うスキンケアはやめて、“化粧ノリを良くするため”にスキンケアを行うことを心がけてみましょう。

メイクノリを良くするために、大切にしたいポイントはズバリ、“保湿”に重点を置くこと。化粧水、乳液でのケアが不十分になってしまうと皮脂の分泌が盛んになり、角質層の水分量も下がってしまいます。すると、肌のキメが乱れてしまい、せっかく塗ったファンデーションも崩れやすくなってしまうのです。

だから、朝の肌にこそ化粧水、乳液でしっかりと保湿を行った後、化粧下地、ファンデーションを使用するようにしましょう。

■2:化粧下地、ファンデーションの厚塗り

「綺麗な肌だと思われたい!」という思いが強すぎて、ついつい化粧下地やファンデーションを塗りすぎていませんか? 確かに、付けたての肌は綺麗に見えるかもしれません。しかし数時間経ってしまえば、肌はヨレヨレになってしまいます。

化粧下地も同様に、厚塗りするとムラになって化粧崩れの原因に。それでは、化粧下地の基本の付け方をご紹介します。

(1)手の甲に、パール1つ分の化粧下地を出します。

(2)出した化粧下地を、おでこ、鼻、顎、左右の頬に指でポンポンと置いて、伸ばしていきます。このとき、指先だけで化粧下地を伸ばすとムラになりやすいので、手のひら全体で内側から外側に塗っていくことがポイントです。

化粧下地をしっかり塗っていけば、後はファンデーションを塗るだけ。ファンデーションの塗り方も、化粧下地と同じ手順で塗りましょう。化粧下地もファンデーションも、“塗りすぎない”ことで、化粧崩れを防ぐことができますよ。

■3:洗顔時に使う水の温度が高い

最後にご紹介するのは、洗顔の際に使用するお湯の温度。熱いお湯は、肌に必要な油分まで取り除いてしまうので、乾燥肌の原因にもなります。乾燥している肌状態でメイクをしてしまうと、化粧が崩れやすくなってしまうのです。

最も肌にいい温度は、32℃くらいの“ぬるま湯”。熱すぎず、冷たすぎない温度で洗うことが、化粧崩れを防ぐポイントになるでしょう。

いかがでしたか? せっかく綺麗になるためにメイクをするのだから、メイクをしたその日はできるだけ、化粧崩れを避けたいところ。いつも夕方には化粧崩れが気になってしまうという方は、今回ご紹介した、NG習慣を見直してみましょう。

【関連記事】

※ 今夜からヤメなきゃ!入浴中もキケン「肌に悪いメイクの落とし方」4つ

※ 7割の後輩女子が「イメージダウン」と断言!まるでゾンビな化粧崩れは…

※ 始めた人から…みるみる透き通る「極上肌」!秋に仕上がる必須ケア3つ

※ CAも万年悩んでる!「ドロッドロ化粧崩れを防ぐ」3つのコツ

※ 夕方になるとシワシワ…「冬の化粧崩れを招く」勘違いNGケア4つ

【おすすめ記事(PR)】

※ これは意外!秋冬は「乾燥対策だけではNG」な理由とは

※ 【94%が実感】梅宮アンナも大絶賛!乳首の黒ずみをお家で解消するクリーム

たった100円の美容サプリでほうれい線が消える?「30代にしか見えない50代」の秘密を完全公開

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが無料

だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

世界のセレブが絶賛!体型キープのための頑張りすぎないダイエットとは

【姉妹サイト】

※ 数字が苦手でも!? 目からウロコ「ビジネスの足し算と引き算」の意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る