KATEにキャンメイク!技ありライナーで「視線いただきEYE」の作り方

f23efee158c9bd92df7cf451d3019521-20161101163556-38ebe6267ccf97f9479757850ad257fa1db9e082

ハロウィンも終わり、「イベントは終了!」と思いきや、クリスマスや年末の集まりもまだまだ控えています。そんなイベントのときは、ハロウィンの仮装とまではいかなくても、ちょっと個性的なメイクにしたいですよね。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、イベントのときに試したい“技ありデザイン”のアイラインメイクを、おすすめのプチプラ商品と一緒にご紹介します。イベントや特別なデートの機会にぜひ試してみてくださいね。

■1:個性派さんは“目尻の三角ライン”

まず、KATE『デジタルメモリーライナー』を使って描いたデザインです。筆にコシがあるので、極細ラインも安定して描くことができます。

まずは普段通り、上まぶた全体にアイラインを引きましょう。次に、二重の終わりから、左斜め上に向かって線を引きます(上記写真1参照)。その部分から屋根をつくるように、まぶたに向かって線を下ろします(上記写真2参照)。屋根の下をとじ、目の上に三角形が出来れば完成です(上記写真3参照)。

上記の完成写真は、オレンジのチークを目尻に入れています。黒との相性がいい、カーキのシャドウを使うとクールな目元になります。

目尻の三角がメイクのポイントになって、個性が出ること間違いなし! ちょっとしたイベントに、ぴったりですよ。

■2:欲張りさんは“カラス足ライン”

続いては同じくKATEの『シャープロックジェルペンシル』を使いました。ジェルなので、スッと引きやすく、跳ね上げラインも軽く描くことができます。

アイメイクといえば、デカ目、タレ目、キャットアイなど、目指したい形がたくさんありますよね。この“カラス足ライン”は、アイメイクのわがままを一度に叶えるデザインです。

(1)目の形に沿って

まず、上まぶた全体にラインを引いたら、目の形に沿うようにそのままラインを下げていきます。下まぶたにつながる“くの字”部分にぶつかったら止めましょう。ラインを下げることで、タレ目がちな可愛らしい目元を演出できます。

(2)延長線上に

今度は、目尻から延長線上にアイラインを引っ張っていきます。目の終わりから、まっすぐラインを延ばすことで、横幅を広げることができます。

(3)跳ね上げ

最後は、目尻から斜め上に向かって跳ね上げます。キャットアイをつくり、目尻の印象を強めることで、デカ目効果が抜群です。

遠くから見ると違和感がないので、「普段のメイクを少しだけ雰囲気を変えたい」という方にもおすすめです。

■3:華やかさんは“鮮やか赤ライン”

最後は、CANMAKE『ジェルラインアーティスト』のブラックとローズレッドを使ったデザインです。

まず、ブラックを使用し、目のキワ全体にラインを引きます。次に、ローズレッドを使って、最初に引いたブラックの上からラインを引きましょう。目尻まできたら、2~3mm長めにラインを跳ね上げてください。赤味をもっと出したいという方は、目を開けた状態で、二重幅を埋めていきます。ジェルライナーなので柔らかく、アイシャドウのようにスルスルと色をのせることできますよ。

上記の写真が完成したラインです。下まぶたにも赤いラインを入れています。ぼかしやすいので、好みに合わせて色を調節できますよ。

今回使った商品はどれも発色がいいので、力を入れずに好きなデザインが描けます。個性的なアイラインの引き方で、周りと差をつけちゃいましょう!

【関連記事】

※ 明日の朝からヤメて!メイク上手でも「仕上がりが悪くなる」NG4つ

※ ミランダに前田敦子も!猫目に夢中「ヴィンテージアイライン」の描き方

※ ぜ~んぶ950円以下!オシャレ女子の「旬顔」をつくる最愛コスメ5選

※ 大人の女こそ「Wチーク」!旬な小顔をつくる輪郭別4パターン

※ モテ角度は14度!目尻は「アイラインの魔法」で二度見させる美人顔に

【おすすめ記事(PR)】

※ これは意外!秋冬は「乾燥対策だけではNG」な理由とは

※ 【94%が実感】梅宮アンナも大絶賛!乳首の黒ずみをお家で解消するクリーム

たった100円の美容サプリでほうれい線が消える?「30代にしか見えない50代」の秘密を完全公開

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが無料

だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

世界のセレブが絶賛!体型キープのための頑張りすぎないダイエットとは

【姉妹サイト】

健康でいるための「ビジネスパーソンの心掛け」3位検診、意外な1位は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る