【 #美金 vol.14】女を磨くスクラブでしっとりツルピカ肌に♡

1-500x358-9c6e1bcb8a8d67e997554ea7b75b37a246fca678

美容に時間をかけやすい #美金 は、絶好のスクラブケアday。スクラブで優しくマッサージをしながら、1週間頑張りきった肌を愛でる瞬間はまさに至福のときです。

ボディウォッシュでは落としきれない汚れや角質もすっきりオフして、ツルピカ肌で週末を迎えましょう♡

スクラブケアの作法

肌の輝きをより一層アップさせてくれるスクラブ。スペシャルなアイテムだからこそ、1回のケアで効果をスパッと発揮するよう、その使い方にも気を配りたいところ。私がスクラブケアをするときに心がけていることは以下の3つです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

(1)週1〜2のスペシャルケアに

スクラブケアをしたあとは、「自分の肌?」と、一瞬疑ってしまうほど心地良いもの。毎日やりたくなってしまう気持ちもあるけれど、そこはグッとおさえて #美金 だけに。

スクラブをやりすぎると肌が傷んでしまったり、必要な皮脂まで落としてしまうので、週1がベスト回数です。「ゴワゴワが気になる」と思ったパーツだけ+1回のケアをするのが良いですよ。

(2)バスタイム中がイチバンの磨きどき

血行が良くなり、肌が柔らかくなっているバスタイム中がスクラブケアのベストタイミング。肌を気持ち良くほぐしながらバスルームを香りでいっぱいに満たしてあげると、1週間の疲れが吹っ飛びます。

(3)スクラブケア直後の保湿はマスト

スクラブをしたあとの肌は、生まれたての赤ちゃんの肌のよう。不必要なものが一切なくなり、まっさらになった肌は、とってもデリケートで乾燥しやすい状態。すぐにボディクリームで潤いを足して、しっとりツルピカ肌に仕上げるのが鉄則です。

全身しっとり、香るイイ女になれるスクラブ

・Body Scrub Delicate Jasmine 600g/SABON ¥5,940(税込)

・Body Scrub Vanilla Coconut  320g/SABON ¥3,672(税込)

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

SABONの「ボディスクラブ」は、ケアをしたあとの美肌っぷりはもちろん、一言では表現できないような香りの奥深さが最高。“香りを放つ”というよりも、自分だけで楽しめるようなほのかな香り方が上品で、疲れた心にスーッと入り込んでいくような優しさがたまりません。香りの持ちも良いので、うっとりするような気持ちで眠りたい #美金 の夜は必ずコレ。

ベビーオイル混ぜで保湿力アップ

・ジョンソン ベビーオイル 微香性 300ml/ジョンソンベビー オープン価格

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

SABONのスクラブは、アーモンドオイルやホホバオイルなどの保湿成分がギュッと配合されているけれど、「もっと潤いが欲しい」そんな日は、「ベビーオイル」を混ぜるとgood。スクラブがさらにまろやかになって滑りが良くなるので、肌が固くなってこわばっているときのケアにもオススメです。

ベビーオイルは赤ちゃんの肌にも使えるほどシンプルな処方なので、スクラブが元々持っている保湿力や香りに影響を与えずに、潤いだけを足してくれる優秀アイテム。

写真のベビーオイルは微香性ですが、香りが気になる人は無香料タイプでぜひ実践を。ケアをしたあとの超しっとり肌に、きっと感動するはず!

余分な汚れや角質は、 #美金 にキレイさっぱりオフ! 見惚れるようなツルピカ肌で楽しい週末を迎えてくださいね!

(美容ライター・松下侑衣花)

【あわせて読みたい】
【#美金 vol.13】触れてしっとり♡なめらか手指になるハンドケア
【 #美金 vol.12】見ても触れてもふっくら!美人足を育てるフットケア

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
30代・40代におすすめ「ツヤ肌下地&ハイライト」まとめ
毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターおすすめ「夏の化粧下地」6選
毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選
放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

【参考】
Body Scrub – SABON
ジョンソン ベビーオイル 微香料 – ジョンソンベビー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る