最強目ヂカラ!新トレンド「リバース・スモーキーアイ」のつくり方

b99e3a892dc9d62b87b978fc2151cd49-20161104173707-7baead37e3e12a2c4d01031326c57926e73b64dd

忙しい日々が続くと、ついいつも同じメイクになってしまいがちですよね。しかし、「新しいメイクをしたい!」と思ったり、クリスマスや年末などのイベントは「いつもと違う自分で楽しみたい!」という方も多いはず。

そんな方は、最近海外セレブがこぞって取り入れている“リバース・スモーキーアイ”を試してみてはいかがでしょうか。今までとは違うそのメイク法は、キム・カーダシアン、セレーナ・ゴメス、カーラ・デルヴィーニュなど、多くのセレブが取り入れており、話題となっています。

そこで今回は、そんなリバース・スモーキーアイについてお伝えします。

■リバース・スモーキーアイって?

通常メイクでスモーキーアイをつくるとしたら、上まぶたにアイシャドウを重ねていきますよね。しかし、“上まぶた”ではなく“下まぶた”をメインにグラデーションを重ねていくのがリバース・スモーキーアイなんです。

あくまで下まぶたのメイクがメインなので、上まぶたのアイラインはインサイドライン程度にとどめ、アイシャドウも透明感のあるものや色味のナチュラルなものに。“囲み目”とは違って、抜け感がありながらも印象的な目元をつくることができます。

■印象別「リバース・スモーキーアイ」のつくり方

(1)クールでかっこよく

芯が柔らかいペンシルアイライナーを使い、目尻から下まぶた黒目の内側あたりまで、粘膜部分とまつ毛の生え際にラインを引きます。そのラインをブラシやチップを使って丁寧にぼかしていきましょう。

そのままでも十分クールな目元ですが、最後にダークブラウンのアイシャドウを、馴染ませながら涙袋部分にのせて影をつくると、デカ目効果もアップします。ドレスアップをするパーティーや、しっかりメイクをしたいシーンにおすすめです。

(2)優しくナチュラル

優しい印象にしたいときは、アイライナーは使わずアイシャドウのみで仕上げるのがベター。ブラウン系や肌馴染みのいい色を下まぶたにいれます。このとき単色ではなく、まつ毛の生え際から外側に向かって同系色のグラデーションになるように2~3色使ってぼかすと、より優しい目元をつくることができますよ。

アイシャドウをのせる幅や濃さを変えれば、デートやデイリーメイクにも使えます。

(3)ポップ・キュート・セクシーに

リバース・スモーキーアイはダークカラー以外でつくるのも人気。使うカラーによって様々な印象になります。まずは(1)同様、ブラックのペンシルアイライナーを使って、目尻から黒目の内側あたりまで粘膜とまつ毛の生え際にラインを引きます。

その後(2)のように同系色がグラデーションになるようにのせていき、まつ毛の生え際から外側に向かって濃淡をつけていきましょう。これからのイベント時期、色々なカラーで楽しめそうですよね。

今回ご紹介した3つのタイプともに、仕上げの際は上下にしっかりとマスカラを塗りましょう。

また、目頭にハイライトを入れて際立たせるのもおすすめです。アイラインやアイシャドウは、のせる長さや幅を変えることでも印象はグッと変わるので、違いを楽しみながら、自分好みのバランスを見つけてくださいね。

アイメイクのマンネリ解消にも、イベントシーズンにも。様々な場面で活躍しそうなリバース・スモーキーアイ、ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 3ステップで一気に眉美人!顔の印象アガル「自然な眉毛の描き方」

※ 下まぶたにもオンしたい!「旬なアイメイク」が叶う新作アイシャドウ3選

※ まんまる有村架純に北川景子の大人EYE!お手本別「アイメイク」4つ

※ 錯覚メイクでちゃっかり小顔!「目が二回り大きくなる」アイメイク術

※ 優秀すぎて溺愛!美容ライターが即答「人生を変えた神コスメ」3つ

【おすすめ記事(PR)】

※ これは意外!秋冬は「乾燥対策だけではNG」な理由とは

※ 【94%が実感】梅宮アンナも大絶賛!乳首の黒ずみをお家で解消するクリーム

たった100円の美容サプリでほうれい線が消える?「30代にしか見えない50代」の秘密を完全公開

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが無料

だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

世界のセレブが絶賛!体型キープのための頑張りすぎないダイエットとは

【姉妹サイト】

※ 当てはまったら…!「仕事デキない女性」認定されるデスクの特徴ワースト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る