何もしていません…はウソでした!「究極のすっぴんメイク」の裏技

IMG_9794-20161115130000-e1479182419894-20161118130533-bb3190e553c427f6b54cb60f0578e1055cbb5faf

すっぴん風メイクといえば、“元から素肌がキレイ感”を、つくり込むのが意外と難しいですよね。結局「しっかりメイクより時間がかかった」なんてことも……。しかし、本当に薄~く仕上げてしまうと肌悩みが改善できなくて、結局少しずつ重ねていくうちにファンデーションが厚くなってしまいがち。

そこで今回は、美容ライターとして活動する筆者が、素肌本来の魅力を最大限に活かす“すっぴんメイク”をご紹介します。

■すっぴんメイクはノーファンデで挑む!

素肌を活かすため、ベースメイクではファンデーションを使いません。

(1)すっぴん風メイクは下地が主役

まず、ピンクベースの下地を使います。ツヤを出しやすくするために、テクスチャーは柔らかいタイプのものを選びましょう。

下地は、顔の中心部分から伸ばしていきましょう。顔全体を均一に塗り広げるとのっぺりした顔に見えてしまいますが、輪郭部分は何も塗っていないような感じに見えるくらい薄く伸ばしてください。そうすると輪郭部分に自然と影ができ、小顔効果が期待できます。下地がファンデーションの代わりになります。

(2)コンシーラーで肌悩みをカバー

続いて、特にくすみの出やすい四ヶ所(クマ・鼻の頭・小鼻の横・口角)にコンシーラーをのせます(上画像を参照)。

コンシーラーをのせる際は、こすらずトントンと優しく叩きながら、肌に馴染ませましょう。指やスポンジに残ったコンシーラーは、アイホールや気になるシミなどに伸ばしてください。くすみがちな部分をコンシーラーで整えることで、ファンデーションを使わなくても十分に肌トーンが整います。

(3)顔全体を整える

最後に無色のルースパウダーを顔全体にのせてベースが完成です。粒子の細かいパウダーを丁寧にのせることで、ファンデーションを使わずに毛穴をカバーしてくれます。

手順が多く感じますが、やってみるととても簡単ですよ。何よりファンデーションを顔全体に伸ばしていないので、化粧崩れの心配が少ないです。

■アイメイクは幼さを残すのがポイント

アイメイクは、目を囲まずに素肌の色を活用することで、不思議と目が大きく見えます。

(1)ふんわり眉をつくる

パウダーを使い、眉を直線型に仕上げます。元々の眉がしっかりある方は、形をなぞる程度に仕上げましょう。眉に明るさを出したい場合は、眉マスカラを使うのではなく、オレンジチークを軽くのせると、垢抜けた印象になりますよ。

(2)アイシャドウは単色塗り

アイシャドウは、たくさんの色を使ってしまうと、“しっかりメイク”の印象が強くなってしまいます。すっぴん風メイクのときは、ラメが目立たない、薄いブラウン一色(上画像A)で仕上げましょう。二重幅より少し広めに入れることで、まぶたに自然な影ができます。

(3)アイラインは部分使い

目の大きさを左右するアイラインは、描き方によって一気にケバくなってしまう可能性があります。すっぴん風メイクでは、黒目の上と目尻の延長ラインのみ描きましょう(上画像右を参照)。鏡を離して、顔全体のバランスを見ながら描いていくとうまくいきます。

まつ毛を軽く上げ、マスカラを一塗りすればアイメイクの完成です。よりナチュラルに仕上げたい方は、透明マスカラを一度塗りしてください。

■チークとリップは練りチークのみで仕上げる

最後に、自然な血色感を演出できるクリームチークを使用します。

今回は、より自然な血色に見せるため、真っ赤なクリームチークを使用しました。指を使って頬にのせていき、同じクリームチークを使ってリップメイクも一緒に仕上げちゃいましょう。

パウダータイプのチークしか持っていない方は、ワセリンと混ぜて使用してもいいです。『美レンジャー』の過去記事「カンタン可愛い!“割れたチーク”がリップグロスに変身するDIY術」では、リップとクリームチークの簡単な作り方を紹介していますよ。

これで、すっぴん風メイクは完成です(完成写真はトップ画像を参照)。最初は薄くて見慣れないかもしれませんが、素肌を活かすことで若見え効果も期待できるメイク法なので、ぜひ試してみてくださいね。

【関連記事】

※ 石原さとみに深田恭子も!女を急激に美人に変える「垢抜け」3ポイント

※ うそっ!メイク前より目が極小…「アイラインのNGな引き方」3つ

※ 石原さとみの「愛されタレ目」に!まつ毛メイクHow to Lesson

※ 黒いポツポツが消えていく!「イチゴ鼻」のための正しい洗顔メソッド

※ ほっぺに「ツヤ玉」できてる?-5才効果の美肌&リフトアップ術4つ

【おすすめ記事(PR)】

※ 余計なものはとことん省く!イマドキ「肌が喜ぶ引き算スキンケア」とは

※ これは意外!秋冬は「乾燥対策だけではNG」な理由とは

※ 【94%が実感】梅宮アンナも大絶賛!乳首の黒ずみをお家で解消するクリーム

たった100円の美容サプリでほうれい線が消える?「30代にしか見えない50代」の秘密を完全公開

30代が分かれ目!?「 シワが深くなるまえに」試したいアイテムが無料

だらしなさバレバレ!? どんより「くすみ唇」のお手入れ方法って?

むにゅっと掴めるお肉をなくしたい!満足度97%「痩身専門サロン」とは

【姉妹サイト】

※ 怒りをコントロールしてストレス減!「アンガーマネジメント」実践法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Pickup post

  1. C3005_CNY_2017_ExpMe_A2_FA_HR-20171115173957-e1510735211283-cbbc801b997e227c9ce82854b7d49ad9b4197715
    1985年に学者・ …
  2. d2b6e63c93362ecc93f70be616744f8b-20171120144328-e1511156653231-70913f095a27f3e9c6bbd09c69ddff4114592ffe
    レブロンから…
  3. c1ac563728a481b02625119d53be41ce-20171120110820-33c0a540146ba6db612217a86fb68feeff9294a8
    イタリアはミ…
ページ上部へ戻る